訃報 〓 ハロルド・バッド, 米国の作曲家・ピアニスト

2020/12/10

米国の作曲家でピアニストのハロルド・バッド(Harold Budd)が新型コロナウイルスによる合併症で亡くなった。84歳だった。1980年代にロック界のブライアン・イーノ(Brian Eno)との作品などで注目を集めた。ギタリストのロビン・ガスリーとの共作アルバムが先週リリースされたばかり。

1936年、ロサンゼルスの生まれ。幼少期をモハーベ砂漠で過ごし、高校卒業後はロサンゼルス・シティ・カレッジに進んだ。軍役後、サンフェルナンド・バレー州立大学で作曲家ジェラルド・ストラングに師事。その後、南カリフォルニア大学の大学院で学び、作曲家インゴルフ・ダールとの仕事を通じて研鑽を積んだ。

その後、環境音楽というジャンルを確立したイーノとのコラボレーションで頭角を現し、1978年にイーノがプロデュースでリリースされたアルバム『ザ・パビリオン・オブ・ドリームス』でブレイク。1980年の『アンビエント2/ザ・プラトウ・オブ・ミラー』や1984年の『パール』といったアルバムを通してスタイルを確立した。

浮遊した感覚のピアノ・スタイルが持ち味で、40タイトルを超えるアルバムをリリース。2005年の映画『謎めいた肌』や2020年のテレビ『ある家族の肖像』などのサウンドトラックも手掛けている。

写真:haroldbudd.com


    もっと詳しく ▷




関連記事

  1. ジュネーブ発 〓 国際音楽コンクール世界連盟がチャイコフスキー国際コンクールを追放

  2. ニュルンベルク発 〓 演出家のペーター・コンヴィチュニー、初日前にまた解任される

  3. 訃報 〓 マリス・ヤンソンス, ラトビアの指揮者

  4. トロント発 〓 グスターボ・ヒメノが音楽監督を務めるトロント響との契約を延長

  5. バレンシア発 〓 ソフィア王妃芸術宮殿の次期音楽監督にジェームズ・ガフィガン

  6. 訃報 〓 シュテファン・ショルテス, ハンガリー出身の指揮者

  7. ザルツブルク発 〓 復活祭音楽祭、2023年のオペラはカウフマン主演の《タンホイザー》。レジデント・オーケストラにアンドリス・ネルソンス率いるライプツィヒ・ゲヴァントハウス管

  8. ロンドン発 〓 ロイヤル・オペラ・ハウスが新しいストリーミングのための新しいプラットフォームを起ち上げ

  9. リエージュ発 〓 ワロン王立オペラが「Opera at Home」というストリーミング配信をスタート

  10. シュレスヴィヒ=ホルシュタイン音楽祭 〓 今年の「レナード・バーンスタイン賞」にエミリー・ダンジェロ

  11. ピッツバーグ発 〓 マンフレート・ホーネックがピッツバーグ響との契約を延長

  12. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルが《マゼッパ》の公演を断念、新型コロナで主役降板

  13. 訃報 〓 ヨハネス・シャーフ, ドイツの演出家

  14. ストックホルム発 〓 スウェーデンも劇場の一時閉鎖へ

  15. チャールストン発 〓 米国の音楽祭でもキャンセル始まる、スポレート芸術祭USAが開催中止に

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。