ライプツィヒ発 〓 市立オペラが新制作の《ローエングリン》でカタリーナ・ワーグナーの新演出を断念、コロナ禍でリセウ劇場との共同制作進まず

2022/02/10
【最終更新日】2022/07/20

ライプツィヒ市立オペラ(Oper Leipzig)が新制作の《ローエングリン》でスペイン・バルセロナのリセウ劇場との共同制作を断念、演出が作曲家のひ孫であるカタリナ・ワーグナーから劇場の演出スタッフであるパトリック・ビアディに交代すると発表した。

ライプツィヒの《ローエングリン》は本来、リセウ劇場で昨年上演されてからライプツィヒに持ち込まれる予定だったが、コロナ禍でリセウ劇場での上演自体が2025年に延期された。後倒しになったことで作業が遅れ、ライプツィヒの初日である2022年3月26日までに間に合わなくなったという。

ライプツィヒ市立オペラでは2021/2022シーズン末、ワーグナーのオペラ作品13作を集中上演する3週間のフェスティバル「ワーグナー22」を予定している。支配人兼音楽監督のウルフ・シルマーの最後のシーズンを飾る一大イベントで、その一翼を担う《ローエングリン》の新制作を遅らせるわけにはいかない事情が背景にある。

3月の公演はタイトル・ロールのローエングリンにクラウス・フロリアン・ヴォクトとマーティン・ミューレ、エルザ役にギャル・ジェームスとガブリエラ・シェラーを起用。指揮はクリストフ・ゲッショルトで、ゲヴァントハウス管弦楽団がピットに入る。

写真:Bayreuther Festspiele / Nicolas Armer


関連記事

  1. 訃報 〓 ウィリー・バーマン, 米国のダンス教師

  2. ベルリン発 〓 バレンボイムまた休養、当面の公演をキャンセル

  3. フランクフルト発 〓 市立歌劇場の次期音楽総監督にトーマス・グガイス、セバスティアン・ヴァイグレの後任

  4. カーディフ発 〓 BBCカーディフ国際声楽コンクールで韓国出身のキム・ギフンが優勝

  5. ミュンヘン発 〓 アレックス・エスポージトに「宮廷歌手」の称号

  6. ロサンゼルス発 〓 2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  7. パルマ発 〓 第1回「トスカニーニ・フェスティバル」が開幕

  8. 訃報 〓 ジェーン・マニング, 英国のソプラノ歌手

  9. ロンドン発 〓 英国が興業チケットの付加価値税を20%から5%に引き下げ

  10. ゲッティンゲン発 〓 ヘンデル音楽祭が延期を発表

  11. 訃報 〓 佐藤しのぶ, 日本のソプラノ歌手

  12. ボルツァーノ発 〓 第63回「フェルッチョ・ブゾーニ国際ピアノ・コンクール」の第1位は韓国のパク・ジェホン

  13. ロンドン発 〓 イングリッシュ・ナショナル・オペラが5年かけ、新しい《ニーベルングの指環》

  14. フィレンツェ発 〓 フレンツェ歌劇場の新しいホール「ズービン・メータ・ホール」がオープン

  15. ブダペスト発 〓 ハンガリー国立オペラが新制作の《ドン・カルロ》をストリーミング配信

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。