ライプツィヒ発 〓 市立オペラが新制作の《ローエングリン》でカタリーナ・ワーグナーの新演出を断念、コロナ禍でリセウ劇場との共同制作進まず

2022/02/10
【最終更新日】2022/07/20

ライプツィヒ市立オペラ(Oper Leipzig)が新制作の《ローエングリン》でスペイン・バルセロナのリセウ劇場との共同制作を断念、演出が作曲家のひ孫であるカタリナ・ワーグナーから劇場の演出スタッフであるパトリック・ビアディに交代すると発表した。

ライプツィヒの《ローエングリン》は本来、リセウ劇場で昨年上演されてからライプツィヒに持ち込まれる予定だったが、コロナ禍でリセウ劇場での上演自体が2025年に延期された。後倒しになったことで作業が遅れ、ライプツィヒの初日である2022年3月26日までに間に合わなくなったという。

ライプツィヒ市立オペラでは2021/2022シーズン末、ワーグナーのオペラ作品13作を集中上演する3週間のフェスティバル「ワーグナー22」を予定している。支配人兼音楽監督のウルフ・シルマーの最後のシーズンを飾る一大イベントで、その一翼を担う《ローエングリン》の新制作を遅らせるわけにはいかない事情が背景にある。

3月の公演はタイトル・ロールのローエングリンにクラウス・フロリアン・ヴォクトとマーティン・ミューレ、エルザ役にギャル・ジェームスとガブリエラ・シェラーを起用。指揮はクリストフ・ゲッショルトで、ゲヴァントハウス管弦楽団がピットに入る。

写真:Bayreuther Festspiele / Nicolas Armer


関連記事

  1. ウィーン発 〓 国立歌劇場が3月第2週のストリーミングのラインナップを発表

  2. ミュンヘン発 〓 BR-KLASSIKが話題のドキュメンタリーを再掲載、ネトレプコ、ビリャソンの《椿姫》の舞台裏

  3. ロンドン発 〓 ターフェルが足首を骨折、当面の出演をキャンセル

  4. 訃報 〓 ニクサ・バレザ(85)クロアチアの指揮者

  5. フォートワース発 〓 ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールが開催延期を発表

  6. ミラノ発 〓 スカラ座が「平和のためのコンサート」開催、ウクライナへの連帯を表明

  7. シュトゥットガルト発 〓 SWR交響楽団の次期首席指揮者兼芸術監督にフランソワ=グザヴィエ・ロト、クルレンツィスは退任へ

  8. ウィーン発 〓 オーストリア造幣局がザルツブルク音楽祭100周年記念銀貨を発行

  9. プラハ発 〓 チェコ・フィルハーモニー管弦楽団のコンサート・マスターに26歳の女性

  10. 訃報 〓 ガブリエル・バキエ(95)フランスのバリトン歌手

  11. バーミンガム発 〓 ジュリアン・ロイド・ウェッバーが王立バーミンガム音楽院の学長を退任

  12. モスクワ発 〓 ロシアのヴォロージン下院議長がウクライナ侵略の停止をプーチン大統領に求めた文化人たちを批判

  13. ミュンヘン発 〓 テノール歌手のダニエル・プロハスカにバイエルン州から「宮廷歌手」の称号

  14. ワシントン発 〓 ワシントン・ナショナル・オペラの音楽監督にロバート・スパーノ

  15. サンタフェ発 〓 サンタフェ・オペラが開催中止を発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。