ウィーン発 〓 アンゲリカ・キルヒシュラーガーがオペラからの引退を表明

2024/01/05

オーストリアのメゾ・ソプラノ歌手、アンゲリカ・キルヒシュラーガー(Angelika Kirchschlager)がオペラからの引退を明らかにした。チューリッヒ歌劇場の《スウィーニー・トッド》に出演するに当たって行われたインタビューで自ら語ったもので、13日の公演が最後の出演になるという。

キルヒシュラーガーは1965年、ザルツブルク生まれの58歳。地元のモーツァルテウム音楽院で打楽器とピアノを学んだ後、ウィーン音楽アカデミーでゲルハルト・カーリーとワルター・ベリーに師事。1993年、ウィーン国立歌劇場のメンバーとなり、モーツァルト《フィガロの結婚》のケルビーノ役でオペラ・デビューした。

その後、リサイタルとオペラで国際的なキャリアを築き、中でも、リヒャルト・シュトラウスとモーツァルトの演奏について高い評価を得ており、ウィーンのモーツァルト協会からは「モーツァルト解釈賞」を受賞している。

2002年には、ロンドンのロイヤル・オペラ・ハウスでニコラス・モーのオペラ《ソフィーの選択》の世界初演で主役のソフィーを歌い、その後のワシントン・オペラでの改訂版の米国初演、ウィーン・フォルクスオーパー・ウィーンでのオーストリア初演でも歌った。

2007年、ウィーン国立歌劇場から「宮廷歌手」の称号を与えられた他、2009年よりロンドンの王立音楽アカデミーの名誉会員を務める。また、2013年には、パフォーマとしてのクラシック音楽業界への寄与、若い世代にクラシック音楽の魅力を伝え続ける教師としての活動に対して「ヨーロッパ文化賞」が贈られている。

シューベルト、マーラー、ブラームスの歌曲集のアルバムで、ドイツのエコー賞を3回、米国のグラミー賞を受賞しており、セスト役で出演した英国グラインドボーン音楽祭のヘンデル《ジュリアス・シーザー》など、録音、映像も数多い。夫君はバリトン歌手のハンス・ペーター・カンメラー。今後はリサイタル、コンサート、指導者として活動するという。

写真:Askonas Holt /  Nikolaus Karlinsky


関連記事

  1. 訃報 〓 ステュアート・ベッドフォード(81)英国の指揮者

  2. ロンドン発 〓 感染力強い新型コロナウイルスの変異種の感染拡大

  3. ベルリン発 〓 ベルリン放送響が2020/2021シーズンのラインナップを発表

  4. デュッセルドルフ発 〓 アクセル・コーバーが任期満了の2024年夏でライン・ドイツ・オペラの音楽総監督を退任

  5. ウィーン発 〓 バレンボイムが体調崩してウィーン・フィルのコンサートをキャンセル、指揮の代役はコンサート・マスターのフォルクハルト・シュトイデ

  6. 訃報 〓 ルイス・デ・パブロ(91)スペインの作曲家

  7. 訃報 〓 ルース・ファルコン(77)アメリカのソプラノ歌手

  8. ウィーン発 〓 国立歌劇場のマイヤー総裁が「ドミンゴとの契約を履行」

  9. 訃報 〓 ケネス・ギルバート(88)カナダ出身のチェンバロ奏者

  10. ロンドン発 〓 「グラモフォン賞」に新設された「オーケストラ・オブ・ザ・イヤー」にシアトル交響楽団

  11. パリ発 〓 フランスでも新型コロナウイルス禍広がる、文化大臣も感染

  12. モスクワ発 〓 音楽大手「ユニバーサル・ミュージック」がロシアから撤退

  13. ミラノ発 〓 スカラ座の合唱団メンバーから陽性反応、新型コロナウイルス

  14. ワルシャワ発 〓 ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団の次期音楽監督にアンドレイ・ボレイコ

  15. 訃報 〓 ジャン=クロード・マルゴワール(77)フランスの指揮者

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。