ウィーン発 〓 アンゲリカ・キルヒシュラーガーがオペラからの引退を表明

2024/01/05

オーストリアのメゾ・ソプラノ歌手、アンゲリカ・キルヒシュラーガー(Angelika Kirchschlager)がオペラからの引退を明らかにした。チューリッヒ歌劇場の《スウィーニー・トッド》に出演するに当たって行われたインタビューで自ら語ったもので、13日の公演が最後の出演になるという。

キルヒシュラーガーは1965年、ザルツブルク生まれの58歳。地元のモーツァルテウム音楽院で打楽器とピアノを学んだ後、ウィーン音楽アカデミーでゲルハルト・カーリーとワルター・ベリーに師事。1993年、ウィーン国立歌劇場のメンバーとなり、モーツァルト《フィガロの結婚》のケルビーノ役でオペラ・デビューした。

その後、リサイタルとオペラで国際的なキャリアを築き、中でも、リヒャルト・シュトラウスとモーツァルトの演奏について高い評価を得ており、ウィーンのモーツァルト協会からは「モーツァルト解釈賞」を受賞している。

2002年には、ロンドンのロイヤル・オペラ・ハウスでニコラス・モーのオペラ《ソフィーの選択》の世界初演で主役のソフィーを歌い、その後のワシントン・オペラでの改訂版の米国初演、ウィーン・フォルクスオーパー・ウィーンでのオーストリア初演でも歌った。

2007年、ウィーン国立歌劇場から「宮廷歌手」の称号を与えられた他、2009年よりロンドンの王立音楽アカデミーの名誉会員を務める。また、2013年には、パフォーマとしてのクラシック音楽業界への寄与、若い世代にクラシック音楽の魅力を伝え続ける教師としての活動に対して「ヨーロッパ文化賞」が贈られている。

シューベルト、マーラー、ブラームスの歌曲集のアルバムで、ドイツのエコー賞を3回、米国のグラミー賞を受賞しており、セスト役で出演した英国グラインドボーン音楽祭のヘンデル《ジュリアス・シーザー》など、録音、映像も数多い。夫君はバリトン歌手のハンス・ペーター・カンメラー。今後はリサイタル、コンサート、指導者として活動するという。

写真:Askonas Holt /  Nikolaus Karlinsky


関連記事

  1. 訃報 〓 ミシェル・トランポン(92)ベルギーのバリトン歌手

  2. ナポリ発 〓 サン・カルロ劇場が2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  3. アルテンブルク発 〓 アルテンブルク・ゲラ劇場が音楽総監督のルーベン・ガザリアンとの契約を延長

  4. ワシントン発 〓 ヨーヨー・マがロシア大使館前の歩道で独り演奏、ウクライナ侵略に抗議

  5. ザルツブルク音楽祭 〓 2019年夏の音楽祭のプログラムを発表

  6. ユトレヒト発 〓 第12回「フランツ・リスト国際ピアノ・コンクール」で日本の黒木雪音が優勝

  7. ウイニペグ発 〓 ウイニペグ響が楽団員111人全員をレイオフ

  8. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立オペラが総裁のセルジュ・ドルニー、音楽総監督のウラジーミル・ユロフスキとの契約を延長

  9. ウィーン発 〓 国立歌劇場がスター歌手が着用した舞台衣装をネット・オークションに

  10. シオン発 〓 ティボール・ヴァルガ国際ヴァイオリン・コンクールが閉幕

  11. アムステルダム発 〓 オランダ国立オペラが2022年1月の公演をキャンセル

  12. ポズナン発 〓 ポズナン・フィルハーモニー管弦楽団の次期音楽監督にウカシュ・ボロヴィチ

  13. ウィーン発 〓 フィリップ・ジョルダン、国立歌劇場の音楽監督退任へ

  14. スプリングフィールド発 〓 イリノイ響の音楽監督に日本生まれの福村太一

  15. トゥールーズ発 〓 トゥガン・ソヒエフがキャピトル国立管との契約を延長

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。