パリ発 〓 指揮者のクリスティアン・マチェラルがフランス国立管との契約を延長

2022/09/17

ルーマニアの指揮者クリスティアン・マチェラル(Cristian Macelaru)が音楽監督を務めるフランス国立管弦楽団との契約を延長した。マチェラルは2020/2021シーズンからその任にあり、任期は2027年まで延びる。

マチェラルはルーマニア・ティミショアラ生まれの42歳。米国で音楽教育を受け、ヴァイオリニストとして音楽活動をスタート。マイアミ交響楽団の最年少コンサートマスターとして活動した後、マイアミ大学、ライス大学で学び、タングルウッド音楽祭、アスペン音楽祭で研鑽を積んだ。

2014年からフィラデルフィア管弦楽団の正指揮者を務め、2019年にはドイツ・ケルンのWDR交響楽団(旧・ケルン放送交響楽団)の首席指揮者に就任。2020年に契約更改して、任期は2025年まである。

写真:WDR Sinfonieorchester / BBC / Mark Allan


関連記事

  1. 東京発 〓 第33回「高松宮殿下記念世界文化賞」、音楽部門はピアノのクリスチャン・ツィメルマン

  2. ウィーン発 〓 アン・デア・ウィーン劇場が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  3. ウィーン発 〓 国立歌劇場も3月いっぱい閉鎖

  4. ロサンゼルス発 〓 ドゥダメルがロサンゼルス・フィルとの契約を延長

  5. ハノイ発 〓 ベトナムを代表するオペラ歌手、義兄に刺殺される

  6. トゥールーズ発 〓 キャピトル国立管が音楽監督を辞任したトゥガン・ソヒエフに「名誉指揮者」の称号

  7. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルに初の中国人メンバー、ヴィオラの首席奏者に梅第揚

  8. トロント発 〓 ヴァイオリンのエリサ・チッテリオが音楽監督兼コンサートマスターを務めるターフェルムジーク・バロック管弦楽団を退団

  9. アムステルダム発 〓 オランダ政府がロックダウンを厳格化、劇場やホールは12月半ば過ぎまで閉鎖

  10. ウィーン発 〓 ウィーン国立歌劇場に初の女性コントラバス奏者

  11. ドレスデン発 〓 ティーレマンが復活祭時期に新しい音楽祭 !?

  12. ベルリン発 〓 アルテミス弦楽四重奏団が活動休止を発表

  13. 訃報 〓 ジャンヌ・ラモン, カナダのヴァイオリニスト / ターフェルムジーク・バロック管弦楽団の前音楽監督

  14. ウィーン発 〓 国立歌劇場が新作の《カルメン》のストリーミング配信へ、カストロノーヴォの代役にベチャワ、ラチヴェリシュヴィリは現場復帰

  15. リエージュ発 〓 ワロン王立オペラが「Opera at Home」というストリーミング配信をスタート

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。