訃報 〓 ミキス・テオドラキス, ギリシャの作曲家・社会活動家

2021/09/06

ミキス・テオドラキス(Mikis Theodorakis)が9月2日、アテネの病院で亡くなった。96歳だった。クラシック、オペラ、バレエからギリシャでのポピュラー音楽、映画音楽と幅広い分野で作曲活動を行い、戦後のギリシャを代表する音楽家。左翼活動家としても知られ、国会議員、大臣も経験し、ギリシャの芸術、文化、政治に多大な影響を与えた。

エーゲ海のヒオス島生まれ。第2次大戦中はドイツ、イタリア軍へのレジスタンス活動に参加。1943年にアテネに引っ越し、ギリシャ共産党に加わった。その後、旺盛な捜索活動をスタートさせ、1964年の映画「その男ゾルバ」の音楽を手掛け、ギリシャの民族音楽を取り込んだ音楽で大きな注目を集めた。

1965年、ナチスのホロコーストによる犠牲者に捧げられたギリシャの作家ヤコボス・カンバネリスの詩に基づくオラトリオ《マウトハウゼン》3部作を発表して作曲界の名声を確立した。

1967年にギリシャで軍事クーデターが起きるとそれに反抗して逮捕され、釈放された後、1970年から1974年の軍政崩壊までパリで過ごした。その間に1969年の「Z」、1973年の「セルピコ」などの映画の音楽を手掛けている。帰国時は母国から英雄として迎えられ、1981年から10年にわたって国会議員、大臣も経験した。

1980年代から交響曲、合唱、室内楽、演劇、映画、連作歌曲で数多くの作品を発表、その後、1990年代に入るとオペラの作曲に傾注し、古代ギリシャ悲劇に基づいた1991年の《メデア》、1995年の《エレクトラ》、1999年《アンティゴネ》の3部作を発表して改めて世界的な注目を集めた。

写真:Simela Pantzartzi / EPA


関連記事

  1. ウィーン発 〓 ソニーが「ニューイヤー・コンサート」2020のネット配信を開始

  2. ロンドン発 〓 ロイヤル・オペラ・ハウスがロシアの指揮者パベル・ソロキンとの契約を破棄

  3. 浜松発 〓 浜松国際ピアノコンクールが第11回コンクールの開催概要を発表

  4. マイニンゲン発 〓 州立劇場の次期音楽総監督は初のアルランド人、キリアン・ファレル

  5. マドリッド発 〓 RTVE交響楽団の次期首席指揮者・音楽監督にクリストフ・ケーニヒ

  6. リガ発 〓 マルタン・エングストロームがラトビアに新しい音楽祭を創設

  7. ウィーン発 〓 話題の《ピーター・グライムズ》で国立歌劇場合唱団に19人の陽性反応、あわや上演中止の危機に

  8. パリ発 〓 パリ国立オペラが新シーズン、2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表

  9. ベルリン発 〓 州立歌劇場が5月1日までの公演をキャンセル、音楽祭「フェストターゲ」も中止

  10. リガ発 〓 2022年の「オペラリア」はラトビア国立歌劇場で

  11. グラーツ発 〓 ローランド・クルティヒがグラーツ歌劇場の音楽総監督退任へ

  12. 東京発 〓 滋賀県立芸術劇場びわ湖ホールと沼尻竜典が「第51回ENEOS音楽賞」洋楽部門を受賞

  13. ダラス発 〓 ダラス交響楽団がルイージの指揮でメトロポリタン歌劇場管弦楽団と合同コンサート

  14. ローマ発 〓 チョン・ミョンフンがローマ歌劇場管弦楽団に“デビュー”

  15. ブリスベーン発 〓 オペラ・オーストラリアが《ニーベルングの指環》の新制作を延期、新型コロナの感染拡大受けて

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。