訃報 〓 ミキス・テオドラキス(96)ギリシャの作曲家・社会活動家

2021/09/06
【最終更新日】2023/02/06

ミキス・テオドラキス(Mikis Theodorakis)が9月2日、アテネの病院で亡くなった。96歳だった。クラシック、オペラ、バレエからギリシャでのポピュラー音楽、映画音楽と幅広い分野で作曲活動を行い、戦後のギリシャを代表する音楽家。左翼活動家としても知られ、国会議員、大臣も経験し、ギリシャの芸術、文化、政治に多大な影響を与えた。

エーゲ海のヒオス島生まれ。第2次大戦中はドイツ、イタリア軍へのレジスタンス活動に参加。1943年にアテネに引っ越し、ギリシャ共産党に加わった。その後、旺盛な捜索活動をスタートさせ、1964年の映画「その男ゾルバ」の音楽を手掛け、ギリシャの民族音楽を取り込んだ音楽で大きな注目を集めた。

1965年、ナチスのホロコーストによる犠牲者に捧げられたギリシャの作家ヤコボス・カンバネリスの詩に基づくオラトリオ《マウトハウゼン》3部作を発表して作曲界の名声を確立した。

1967年にギリシャで軍事クーデターが起きるとそれに反抗して逮捕され、釈放された後、1970年から1974年の軍政崩壊までパリで過ごした。その間に1969年の「Z」、1973年の「セルピコ」などの映画の音楽を手掛けている。帰国時は母国から英雄として迎えられ、1981年から10年にわたって国会議員、大臣も経験した。

1980年代から交響曲、合唱、室内楽、演劇、映画、連作歌曲で数多くの作品を発表、その後、1990年代に入るとオペラの作曲に傾注し、古代ギリシャ悲劇に基づいた1991年の《メデア》、1995年の《エレクトラ》、1999年《アンティゴネ》の3部作を発表して改めて世界的な注目を集めた。

写真:Simela Pantzartzi / EPA


関連記事

  1. ウィーン発 〓 国立歌劇場が5月のストリーミング配信ラインナップを発表

  2. ウィーン発 〓 国立歌劇場が4月第5週のストリーミング・ラインナップを発表、新制作の《ファウスト》はライブで

  3. ベルリン発 〓 オーストラリア出身のトロンボーン奏者ジョナサン・ラムジーがベルリン・フィルのオーディションを通過

  4. ザールブリュッケン発 〓 マックス・オフュルス映画祭の音楽賞にダーシャ・ダウエンハウアー

  5. アムステルダム発 〓 コンセルトヘボウ管が26日から活動再開

  6. ルツェルン発 〓 ピアノのアルゲリッチが約1ヵ月ぶりに現場復帰、心臓の検査と治療経て

  7. チェルトナム発 〓 今年のフェスティバルの開催中止を発表

  8. モデナ発 〓 市立劇場が「パヴァロッティ & フレーニ劇場」に改名

  9. グラーツ発 〓 グラーツ歌劇場の音楽総監督にヴァシリス・クリストプロス

  10. シカゴ発 〓 ラヴィニア音楽祭が中止を発表

  11. コペンハーゲン発 〓 デンマークも劇場閉鎖

  12. パリ発 〓 「ロン=ティボー国際コンクール」ヴァイオリン部門でウクライナのボーダン・ルッツが優勝、日本の竹内鴻史郎が3位に

  13. 訃報 〓 エフゲニー・ネステレンコ(83)ロシアのバス歌手

  14. バルセロナ発 〓 ジュゼップ・ポンス、リセウ大劇場の首席指揮者を2026年で退任

  15. ストックホルム発 〓 スウェーデン王立オペラが演奏会形式の《トスカ》を収録、ストリーミング

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。