ミラノ発 〓 スカラ座のトップ、当初の予定通りこの9月でオルトンビーナに交代

2024/04/17

スカラ座の次期トップが正式に決まった。理事会トップのミラノ市長がこの9月から、ヴェネツィアのフェニーチェ劇場の総裁を務めるフォルトゥナート・オルトンビーナ(Fortunato Ortombina)を総裁に迎えることを明らかにした。「ニューヨーク・タイムズ」紙のによると、文化相も声明で、「ステファン・リスナー、アレクサンダー・ペレイラ、ドミニク・メイヤーという3人の外国人総監督の後、イタリア人がスカラ座に戻ってくる」と述べているという。

ウィーン国立歌劇場の総裁などを歴任してきたマイヤーは現在68歳。2020年から総裁を務めてきたが、イタリアのメローニ政権がオペラ財団のトップの年齢制限を70歳とする新法を施行させたことを受け、契約の延長ができず、スカラ座で2003年から2007年まで芸術監督コーディネーターを務めていた63歳のオルトンビーナが選任された。

しかし、この決定にオーケストラは、マイヤーと音楽監督のリッカルド・シャイーの任期延長を求める声明を発表。そうした動きを受けて理事会は、例外的に二人の任期を延長、オルトンビーナの就任を先送りを検討する動きをみせたが、決定は覆らなかった。スカラ座とマイヤーとの契約は2025年2月28日で切れるが、1年間の引き継ぎ期間を確保するため、8月1日まで留任してオルトンビーナと共に働くという。

一方、2015年から音楽監督を務めるシャイーとスカラ座の契約は2026年2月まであり、引き続きそのポストに留まるという。ただ、オルトンビーナは後任にダニエレ・ガッティを推すことを明らかにしており、任期満了でシャイーは退任するとみられる。ガッティは2021/2022シーズンからフィレンツェ歌劇場の音楽監督を務めている。

写真:Teatro La Fenice


関連記事

  1. アムステルダム発 〓 ミラノ響のコンサートで気候変動活動家が抗議の叫び、演奏が中断

  2. ルツェルン発 〓 ピアノのアルゲリッチが約1ヵ月ぶりに現場復帰、心臓の検査と治療経て

  3. アムステルダム発 〓 ロイヤル・コンセルトヘボウ管がハイティンクの追悼コンサート

  4. ベルリン発 〓 劇場とホールの閉鎖は4月中旬まで

  5. ベルリン発 〓 州立歌劇場が5月1日までの公演をキャンセル、音楽祭「フェストターゲ」も中止

  6. ロンドン発 〓 クラシック音楽雑誌「グラモフォン」が「アワード2020」を発表

  7. パリ発 〓 グスターボ・ドゥダメルがパリ国立オペラの音楽監督に

  8. マイニンゲン発 〓 州立劇場の次期音楽総監督は初のアルランド人、キリアン・ファレル

  9. プラハ発 〓 プラハ国立歌劇場がリニューアル・オープン

  10. バート・イシュル発 〓 レハール音楽祭は作曲者の生誕150年祝えず

  11. ボルチモア発 〓 マリン・オールソップがシーズン終了をもってボルティモア響の音楽監督を退任

  12. ベルン発 〓 ベルン市立劇場の首席指揮者にロシアの女性指揮者アレヴティナ・ヨッフェ

  13. マイアミ発 〓 マイアミ響が音楽監督のエドゥアルド・マルトゥレとの契約を延長

  14. ドレスデン発 〓 ザクセン州立歌劇場が新シーズン、2023/2024シーズンの公演ラインナップを発表

  15. ロンドン発 〓 クラシック音楽雑誌「グラモフォン」が年度賞「グラモフォン・アワード」を発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。