訃報 〓 ミシェル・コルボ(87)スイスの指揮者

2021/09/04
【最終更新日】2023/02/06

スイスの指揮者ミシェル・コルボ(Michel Corboz)が9月2日に亡くなった。87歳だった。自ら設立したローザンヌ声楽アンサンブル、ローザンヌ器楽アンサンブルを率いて、ルネサンス・バロック音楽の普及に尽力。宗教音楽界の合唱指揮では現代を代表する一人だった。

スイス西部フリブール州マルサンの生まれ。州都フリブールの音楽学校で声楽と音楽理論を学び、リボーピエール学園で作曲を学んだ。19歳でローザンヌのノートルダム・ド・ヴァランタン教会の合唱長に就任。ローザンヌ声楽アンサンブルを結成したのは1961年で、その後、ローザンヌ器楽アンサンブルも組織。バッハやモンテヴェルディ、フォーレなどの作品を積極的に取り組み、「エラート」レーベルを中心に録音も数多い。

また、1969年にリスボンのグルベンキアン合唱団の首席指揮者に就任。その関係は50年を超え、37タイトルのアルバムをリリース、亡くなるまで名誉指揮者だった。グルベンキアン管弦楽団にもたびたび客演、レパートリーをロマン派にまで広げていた。1976年からはジュネーブの音楽院で合唱音楽を教えていた。

写真:Gulbenkian Choir / Hugo Glendinning


関連記事

  1. 訃報 〓 フランシス・レイ(86)フランスの作曲家

  2. 東京発 〓 指揮者の小林研一郎にハンガリーの最高位の勲章「大十字功労章」

  3. ミラノ発 〓 12月7日のシーズン開幕は無観客でスペシャル・ガラ・コンサート

  4. ドレスデン発 〓 ドレスデン・シュターツカペレが2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  5. ドレスデン発 〓 ザクセン州立歌劇場が2020/2021シーズンの公演をキャンセル

  6. フィラデルフィア発 〓 ナタリー・シュトゥッツマンがフィラデルフィア管の首席客演指揮者に

  7. ワシントン発 〓 ナショナル響がロンドン響のレーベル「LSO Live」からアルバムをリリース

  8. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場は新型コロナウイルスのワクチン接種義務付け

  9. フィラデルフィア発 〓 ピアニストのゲイリー・グラフマンがカーティス音楽院を退任

  10. ペルチャッハ発 〓 ブラームス国際コンクールの室内楽部門で、チェロの三井静とピアノの大淵真悠子が組んだ「Duo Minerva」が第2位

  11. 訃報 〓 アンジェロ・ロ・フォレーゼ(90)イタリアのテノール歌手

  12. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立歌劇場が新制作の《魔弾の射手》をライブ配信

  13. ボン発 〓 ベートーヴェン国際ピアノ・コンクールは予定通り12月開催

  14. ウィーン発 〓 2023年の「ニューイヤー・コンサート」のプログラム発表、なんと15曲中14曲が初出、少女合唱団の初共演も話題

  15. ストックホルム発 〓 トランペットの清水慶太郎がスウェーデン王立歌劇場の首席奏者に

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。