ローザンヌ発 〓 ローザンヌ歌劇場が2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

2021/05/22

スイスのローザンヌ歌劇場(Opéra de Lausanne)が2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表した。上演作品は以下の通り。

10月5日 – 14日
モーツァルト《フィガロの結婚》
出演:フィリップ・アディス / ヴァレンティナ・ナフォルニツァ / アリアンナ・ヴェンディテッリ / ロバート・グリアドウ / ルチア・チリッロ / ルーベン・アモレッティ / レア・デサンドレ / パブロ・ガルシア・ロペス / フランソワ・ピオリノ / アレクサンドル・ディアコフ
指揮:フランク・ベールマン
演出:ジェームズ・グレイ

12月12日 – 31日
ベナツキー《白馬亭にて》
出演:ファビエンヌ・コンラッド / マティアス・ヴィダル / パトリック・ロッカ / クレモンチーヌ・ブルゴワン / ジュリアン・ドラン / ギヨーム・ペール / レミ・オルテガ / 鶴崎幸 / パトリック・ラップ
指揮:ジャン=イヴ・オッソンス
演出:ジル・リコ

2022年2月4日 – 6日 *コンサート形式
ロッシーニ《セミラーミデ》
出演:マリア・グラツィア・スキアーヴォ / マリーナ・ヴィオッティ / ミルコ・パラッツィ / フランシスコ・ブリート / オルネラ・コルヴィ / ラファエル・ハードマイヤー / ジョシュア・モリス
指揮:コッラード・ロヴァリス

3月6日 – 13日
ヘンデル《アルチーナ》
出演:レンネケ・ライテン / フランコ・ファジョーリ / マリー・リス / マリーナ・ヴィオッティ / フアン・サンチョ / ギレーム・ウォルム
指揮:ディエゴ・ファソリス
演出:ステファノ・ポーダ

4月3日 – 10日
チャイコフスキー《エフゲニー・オネーギン》
出演:マリア・バヤンキナ / パベル・ペトロフ / コスタス・スモリギナス / イリーナ・シシュコヴァ /張秋林 / アレクサンダー・ベズルーコフ / アレクサンドル・ディアコフ / ジーン・ミアネイ
指揮:ガヴリエル・ハイネ
演出:エリック・ヴィジェ

5月15日 – 22日
マスネー《ウエルテル》
出演:エロイーズ・マス / マリー・リス / ジャン=フランソワ・ボラス / ヴァンサン・ル・テクシエ / ミハイル・ ティモシェンコ
指揮:ローラン・カンペローヌ
演出:ヴァンサン・ブサール

写真:Opéra de Lausanne


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ペルチャッハ発 〓 ブラームス国際コンクールの室内楽部門で、チェロの三井静とピアノの大淵真悠子が組んだ「Duo Minerva」が第2位

  2. ハンブルク発 〓 フィンランドの俊英タルモ・ペルトコスキが老舗レーベル「ドイツ・グラモフォン」と契約

  3. ナッシュビル発 〓 ナッシュビル響が来シーズンをキャンセル

  4. サンクト=ペテルブルク発 〓 ユーリ・テミルカーノフがサンクト=ペテルブルク・フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督を辞任

  5. ウィーン発 〓 国立歌劇場のストリーミング配信が新しいラインナップ

  6. グシュタード発 〓 メニューイン音楽祭が中止を発表

  7. デュッセルドルフ発 〓 アクセル・コーバーが任期満了の2024年夏でライン・ドイツ・オペラの音楽総監督を退任

  8. ベルリン発 〓 カウンターテナーのヨッヘン・コヴァルスキが引退

  9. ローマ発 〓 Rai5、2月第2週のストリーミング配信のラインナップを発表

  10. ハンブルク発 〓 名門ホール「ライスハレ」が使っていないパイプ・オルガンを入れ替え

  11. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場がアイーダ・ガリフッリーナの出演をキャンセル

  12. 訃報 〓 アンジェロ・ロ・フォレーゼ(90)イタリアのテノール歌手

  13. ロンドン発 〓 英国のロイヤル・オペラが2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  14. トロント発 〓 カナディアン・オペラ・カンパニーの総監督にペリン・リーチ

  15. デュッセルドルフ発 〓 アダム・フィッシャーがデュッセルドルフ響との契約延長

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。