ウィーン発 〓 国立歌劇場が2月第3週のストリーミング配信のラインナップを発表、新制作の《カルメン》も

2021/02/13
【最終更新日】2021/04/14

ウィーン国立歌劇場(Wiener Staatsoper)が2月第3週のストリーミング配信のラインナップを発表した。21日には新制作の《カルメン》がライブ・ストリーミングされる。ストリーミングは《カルメン》のライブを除き、現地時間の19時(日本時間の翌日午前3時)から。ラインナップは以下の通り。

14日
モーツァルト《ドン・ジョヴァンニ》
出演:マリウシュ・クヴィエチェン / アーウィン・シュロット / マリーナ・レベカ / ユリアーネ・バンゼ / ベンヤミン・ブルンス
指揮:アダム・フィッシャー
演出:ジャン=ルイ・マルティノティ
(収録:2015)


16日
モーツァルト《皇帝ティートの慈悲》
出演:ベンヤミン・ブルンス / キャロライン・ウェンボーン / マルガリータ・グリツコヴァ / ヒラ・ファヒマ / ミリアム・ アルバーノ
指揮:アダム・フィッシャー
演出:ユルゲン・フリム
(収録:2016)


17日
モーツァルト《魔笛》
出演:ベンヤミン・ブルンス / オルガ・ベズメルトナ / イリーデ・マルティネス / マルクス・ヴェルバ / アニカ・ゲルハルズ / フランツ=ヨーゼフ・ゼーリヒ
指揮:アダム・フィッシャー
演出:パトリス・コリエ & モーシェ・ライザー
(収録:2015)


18日
ドニゼッティ《愛の妙薬》
出演:ヴァレンティナ・ナフォルニツァ / スティーヴン・ コステロ / マルコ・カリーア / アーウィン・シュロット
指揮:マルコ・アルミリアート
演出:オットー・シェンク
(収録:2016)


19日
ロッシーニ《チェネレントラ》
出演:イザベル・ レナード / マキシム・ミロノフ / アレッシオ・アルドゥイーニ / ルカ・ピサローニ
指揮:ジャン=クリストフ・スピノジ
演出:ロルフ・グリッテンベルク
(収録:2018)


20日
ベッリーニ《夢遊病の女》
出演:ダニエラ・ファリー / ファン・ディエゴ・フローレス / ルカ・ピサローニ / マリア・ナザロワ
指揮:ギレルモ・ガルシア・カルヴォ
演出:マルコ・アルトゥーロ・マレッリ
(収録:2017)


21日=新制作ライブ・ストリーミング(午後6時〜)
ビゼー《カルメン》
出演:アニタ・ラチヴェリシュヴィリ / ピョートル・ベチャワ / アーウィン・シュロット / オルガ・クルチンスカ / スラヴカ・ザミクナイコーヴァ / シルヴィア・ヴェレシュ指揮:アンドレス・オロスコ=エストラーダ
演出:カリスト・ビエイト


22日
ドニゼッティ《愛の妙薬》
出演:ヴァレンティナ・ナフォルニツァ / スティーヴン・ コステロ / マルコ・カリーア / アーウィン・シュロット
指揮:マルコ・アルミリアート
演出:オットー・シェンク
(収録:2016)


写真:Wiener Staatsoper


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. トゥールーズ発 〓 トゥガン・ソヒエフがキャピトル国立管との契約を延長

  2. フィラデルフィア発 〓 指揮者のネゼ=セガンがバイデン大統領、ハリス副大統領に公開書簡

  3. ニュルンベルク発 〓 演出家が歌手の代役 !?

  4. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルの新しいクラリネット奏者はともにスロベニア出身で同門という二人

  5. ロンドン発 〓 英国でも公演のキャンセル、劇場の閉鎖始まる。新型コロナの感染再拡大で

  6. ボーンマス発 〓 ボーンマス響の首席客演指揮者にマーク・ウィッグルスワース

  7. パリ発 〓 テノールのアラーニャが「レジオンドヌール勲章」を受章

  8. スウォンジー発 〓 ブリン・ターフェルが再婚

  9. リッチモンド発 〓 メニューイン国際ヴァイオリン・コンクールでマリア・ドゥエニャスが優勝

  10. 訃報 〓 フリーデマン・レイヤー, オーストリアの指揮者

  11. ブラティスラヴァ発 〓 ミハイル・プレトニョフが新しいオーケストラを創設、ロシア・ナショナル管の音楽監督を当局が解任?

  12. モスクワ発 〓 若手歌手のためのコンクール「オペラリア」が閉幕

  13. 訃報 〓 ラドミル・エリシュカ, チェコの指揮者

  14. モンテカルロ発 〓 モンテカルロ歌劇場が2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  15. サンタフェ発 〓 サンタフェ・オペラが開催中止を発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。