東京発 〓 第31回「芥川也寸志サントリー作曲賞」に桑原ゆう《タイム・アビス〜17人の奏者による2群のアンサンブルのための》

2021/09/02

第31回「芥川也寸志サントリー作曲賞」の公開選考が8月28日、サントリーホールで行われ、受賞作が桑原ゆうの《タイム・アビス〜17人の奏者による2群のアンサンブルのための》に決まった。桑原には賞状と賞金150万円が贈られた。

作曲賞は1990年、故・芥川也寸志の功績を記念してサントリー音楽財団(現在は公益財団法人・サントリー芸術財団)が創設。日本の新進作曲家の作品を対象としており、演奏会形式による公開選考で受賞作を決定。受賞作曲家には新しいオーケストラ作品が委嘱され、2年後にその初演が行なわれる。

桑原は1984年生まれ。東京藝術大学、大学院で学び、日本の音と言葉の源流に遡り、文化の古今と東西を繋ぐという切り口から創作を展開。国立劇場や神奈川県立音楽堂をはじめ、国内外より委嘱を受けている。「淡座」メンバー。洗足学園音楽大学非常勤講師。

第31回のノミネート作品は3作品で、他の2作品は、杉山洋一の《自画像〜オーケストラのための》、原島拓也の《寄せ木ファッション〜琵琶とオーケストラのための》。

公開演奏は杉山が指揮する新日本フィルハーモニー交響楽団によって行われ、演奏終了後、選考委員の近藤譲、坂田直樹、原田敬子が沼野雄司の司会で公開討議が行った。桑原の作品は「最先端の作曲技術を駆使して、3種の時間の概念をベースとした新しい聴体験をもたらした」と高く評価されている。

写真:Suntory Foundation for the Arts


    もっと詳しく ▷

関連記事

  1. ボローニャ発 〓 人気演出家のダミアーノ・ミケレットが映画監督デビュー

  2. ワシントン発 〓 ケネディー・センターがナショナル響の楽団員をレイオフ

  3. バルセロナ発 〓 リセウ大劇場が《ローエングリン》の公演をキャンセル

  4. ウィーン発 〓 国立歌劇場、2月第2週のストリーミング配信のラインナップを発表、あの《フィガロの結婚》も

  5. ウィーン発 〓 来年の「ニューイヤー・コンサート」は史上初の無観客で

  6. ミュンヘン発 〓 マーリス・ペーターゼン、ヴォルフガング・アプリンガー=シュペルハッケにバイエルン州から「宮廷歌手」の称号

  7. クラスノヤルスク発 〓 トレチャコフ国際ヴァイオリン・コンクール、1位はドガーディン、2位に北川

  8. ラヴェンナ発 〓 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団が5月にイタリア・ツアー

  9. ベルゲン発 〓 ベルゲン・フィルが6月の中国、韓国ツアーをキャンセル

  10. パレルモ発 〓 ムーティが50年ぶりにマッシモ劇場管弦楽団の指揮台に

  11. ロンドン発 〓 ロンドン響が新シーズン開幕直後に中国、ベトナムへ

  12. リューベック発 〓 市立劇場が音楽総監督シュテファン・ヴラダーとの契約を延長

  13. ロサンゼルス発 〓 ロサンゼルス・フィルが2020/2021シーズンのキャンセルを発表、新型コロナウイルスの感染拡大で

  14. ワルシャワ発 〓 ショパン国際ピアノ・コンクール、予選を再度延期

  15. パリ発 〓 エマニュエル・クリヴィヌが音楽監督を辞任

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。