フィラデルフィア発 〓 ピアニストのゲイリー・グラフマンがカーティス音楽院を退任

2021/09/02

フィラデルフィアのカーティス音楽院(Curtis Institute of Music)で後進の指導に当たっていたピアニストのゲイリー・グラフマン(Gary Graffman)が退任したと、米国の複数のメディアが伝えている。

グラフマンはニューヨーク生まれの92歳。10月には93歳の誕生日を迎えるピアニスト界の最長老。グラフマンにとってカーティス音楽院は7歳で入学した母校で、1980年に教授に就任、1995年から2006年にかけて学長も務め、退任後も後進の指導に当たってきた。

両親はロシア系ユダヤ人で、音楽院を卒業して18歳でフィラデルフィア管弦楽団にデビューし、若くしてソリストとしてその名が内外に知られた。その後、さらにウラジーミル・ホロヴィッツ、ルドルフ・ゼルキンのもとで研鑽を積み、マールボロ音楽祭などにも参加。30年以上にわたり、演奏活動や録音を積極的に行い、世界中のオーケストラと共演を重ねた。

しかし、1979年に右手を故障し、1980年に音楽院に迎えられることに。その後は後進の指導に傾注、門下からはラン・ランやユジャ・ワン、クレア・フアンチら数多くのピアニストが巣立っている。また、室内楽演奏の指導にも携わってきた。

グラフマンは現在もニューヨーク在住。報道によると、フィラデルフィアまで約160キロの道のりを通っていたという。音楽院では今年度から、講師陣による自宅レッスンを虐待防止のため禁止。グラフマンはオンラインで教えることには興味がないのだという。

音楽院からは、グラフマンの退任についての発表はまだない。

写真:Curtis Institute of Music


関連記事

  1. パリ発 〓 フランスの夏の音楽祭も相次いで中止を発表

  2. ウィーン発 〓 楽友協会が6月から再開、ウィーン・フィルのコンサートも

  3. ウィーン発 〓 カウフマンが「黄金の市庁舎の男」を受章

  4. ウィーン発 〓 国立歌劇場の「オーパンバル」にアイーダ・ガリフッリーナとピョートル・ベチャワが出演

  5. ロンドン発 〓 英国の音楽家予約サイトの調査で「音楽を辞めることを考えている」64%

  6. 訃報 〓 アガ・ミコライ, ポーランドのソプラノ歌手

  7. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルが家族向けコンサートを国連難民高等弁務官事務所と共催

  8. ウィーン発 〓 国立歌劇場が6月のストリーミング配信のラインナップを発表

  9. ウィーン発 〓 ドミンゴ、国立歌劇場で80歳を祝う

  10. モントルー発 〓 ローザンヌ国際バレエ・コンクールの第1位にイタリアのマルコ・マシャーリ

  11. ポズナン発 〓 スタニスワフ・モニューシュコ大劇場が新制作の《幽霊屋敷》の初日9日の公演をライブ・ストリーミング

  12. ロンドン発 〓 ヴァイオリンのコリーヌ・シャペユがクラウド・ファウンディングによる支援を呼びかけ、自身のがん治療で

  13. ライプツィヒ発 〓 ライプツィヒ市立歌劇場が2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  14. 訃報 〓 ハロルド・バッド, 米国の作曲家・ピアニスト

  15. ミラノ発 〓 スカラ座がストリーミング配信の次期ラインナップを発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。