フィラデルフィア発 〓 ピアニストのゲイリー・グラフマンがカーティス音楽院を退任

2021/09/02

フィラデルフィアのカーティス音楽院(Curtis Institute of Music)で後進の指導に当たっていたピアニストのゲイリー・グラフマン(Gary Graffman)が退任したと、米国の複数のメディアが伝えている。

グラフマンはニューヨーク生まれの92歳。10月には93歳の誕生日を迎えるピアニスト界の最長老。グラフマンにとってカーティス音楽院は7歳で入学した母校で、1980年に教授に就任、1995年から2006年にかけて学長も務め、退任後も後進の指導に当たってきた。

両親はロシア系ユダヤ人で、音楽院を卒業して18歳でフィラデルフィア管弦楽団にデビューし、若くしてソリストとしてその名が内外に知られた。その後、さらにウラジーミル・ホロヴィッツ、ルドルフ・ゼルキンのもとで研鑽を積み、マールボロ音楽祭などにも参加。30年以上にわたり、演奏活動や録音を積極的に行い、世界中のオーケストラと共演を重ねた。

しかし、1979年に右手を故障し、1980年に音楽院に迎えられることに。その後は後進の指導に傾注、門下からはラン・ランやユジャ・ワン、クレア・フアンチら数多くのピアニストが巣立っている。また、室内楽演奏の指導にも携わってきた。

グラフマンは現在もニューヨーク在住。報道によると、フィラデルフィアまで約160キロの道のりを通っていたという。音楽院では今年度から、講師陣による自宅レッスンを虐待防止のため禁止。グラフマンはオンラインで教えることには興味がないのだという。

音楽院からは、グラフマンの退任についての発表はまだない。

写真:Curtis Institute of Music


関連記事

  1. ウィーン発 〓 国立歌劇場で陽性反応、新制作の《パルジファル》の上演を延期

  2. 訃報 〓 ギヤ・カンチェリ, ジョージア出身の作曲家

  3. ウィーン発 〓 楽友協会が6月から再開、ウィーン・フィルのコンサートも

  4. 訃報 〓 ミキス・テオドラキス, ギリシャの作曲家・社会活動家

  5. ブダペスト発 〓 ブダペスト祝祭管弦楽団が新型コロナウイルスの犠牲者を追悼する演奏会でモーツァルトのレクイエム

  6. ロサンゼルス発 〓 ロサンゼルス・オペラが届かない舞台装置を急きょ自作、2021/2022シーズンは予定通りの開幕

  7. ロンドン発 〓 英国のロイヤル・オペラが2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  8. 訃報 〓 ロザリンド・エリアス, 米国のメゾ・ソプラノ歌手

  9. 東京発 〓 新国立劇場が6月、7月の公演中止を発表

  10. ニューヨーク発 〓 ズヴェーデンが2023/2024シーズンでニューヨーク・フィルの音楽監督を退任

  11. ベルリン発 〓 ベルリン放送響が2020/2021シーズンのラインナップを発表

  12. ロンドン発 〓 オペラ・ホーランド・パークが2022年の公演ラインナップを発表

  13. 東京発 〓 新国立劇場が4月10日からストリーミング配信を開始

  14. 訃報 〓 ヨハネス・シャーフ, ドイツの演出家

  15. サンフランシスコ発 〓 サンフランシスコ・オペラの次期音楽監督にキム・ウンソン

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。