ベオグラード発 〓 ベオグラード・フィルが首席指揮者のガブリエル・フェルツとの契約を延長

2021/11/21

ベオグラード・フィルハーモニー管弦楽団(Beogradska filharmonija)が首席指揮者のガブリエル・フェルツ(Gabriel Feltz)との契約を延長した。フェルツは2017/2018シーズンからその任にあり、今回の更改で任期は2025年まで延びる。

フェルツはベルリン生まれの50歳。2013年からドルトムント市の音楽監督(オペラの音楽総監督、オペラのピットに入るドルトムント・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者)を務めており、先日の契約更改で2024/2025年まで任期を延長している。

写真:Beogradska filharmonija


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ハンブルク発 〓 ハンブルク州立歌劇場が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  2. 訃報 〓 ナイジェル・ロジャース(86)英国のテノール歌手

  3. 訃報 〓 韓中傑(97)中国の指揮者

  4. ボルティモア発 〓 ボルティモア響の芸術顧問に指揮者のジェームズ・コンロン

  5. ウィーン発 〓 国立歌劇場、12月13日に《ドン・カルロ》で再開場

  6. ポートランド発 〓 オレゴン響も楽団員と指揮者全員をレイオフ

  7. コペンハーゲン発 〓 デンマーク王立管の首席客演指揮者にパオロ・カリニャーニ

  8. 訃報 〓 フー・ツォン(86)中国生まれの英国のピアニスト

  9. ローマ発 〓 Rai5、2月第2週のストリーミング配信のラインナップを発表

  10. ウィーン発 〓 国立歌劇場が新制作の《椿姫》をストリーミング配信

  11. ナンシー発 〓 ロレーヌ国立オペラが音楽監督のマルタ・ガルドリンスカとの契約を延長

  12. 東京発 〓 東京二期会が《影のない女》の上演を断念、代わりに宮本亞門演出の《フィガロの結婚》

  13. モデナ発 〓 市立劇場が「パヴァロッティ & フレーニ劇場」に改名

  14. ウィーン発 〓 国立歌劇場が《アドリアーナ・ルクヴルール》の公演をストリーミング配信

  15. ウィーン発 〓 フォルクスオーパーが2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。