バーミンガム発 〓 財政破綻のバーミンガム市が市立交響楽団に対する年間約1億2,000万円の補助金を2025年に全額カット

2024/02/23

英国のバーミンガム市が財政破綻に直面、市立交響楽団(City of Birmingham Symphony Orchestra)をはじめとする芸術団体への補助金を打ち切る方針を打ち出した。今年は50パーセント削減、2025年4月には100パーセント削減するという。

バーミンガムは英国中部ミッドランドにある工業都市。産業革命期に鉄工業などで急速に発展し、人口約230万人を数え、同規模の人口を持つマンチェスターと英国第二の都市の座を争っている。

財政再建は待ったなしで、市民税を2年間で21%引き上げ、12億5,000万ポンド(約2,382億円)相当の資産を売却。同時に2年間で地方自治体史上最大となる3億ポンド(約572億円)の歳出削減に取り組むという。そのため、芸術団体への補助金をすべてカット、36ある図書館のうち25を閉鎖するという。

補助金のカットはオーケストラだけでなく、バーミンガム・ロイヤル・バレエ団、バーミンガム・オペラ・カンパニー、バーミンガムREPシアター、大聖堂まですべての団体に及び、オーケストラは104年にわたって受け取ってきた年間63万ポンド(約1億2,000万円)、バレエ団は年間15万4000ポンドの助成金を失うという。

市立交響楽団は1920年の創立で、サイモン・ラトル、アンドリス・ネルソンス、ミルガ・グラジニーテ=ティーラといった指揮者が首席指揮者を務めるなど、英国を代表するオーケストラの一つ。2023年からは山田和樹が音楽監督を務めており、昨年6月には山田に率いられて来日している。

補助金打ち切りに多くの文化人、芸術団体が再考を求める声を上げる中、オーケストラは「この削減は、私たちが市に提供できる仕事の幅広さと深みに永続的な影響を与えるだろうが、それでも私たちはバーミンガムの文化的景観の重要な部分であり続ける決意をしている」という力強い声明を出すなど意気軒昂。

写真:City of Birmingham Symphony Orchestra


  もっと詳しく ▷


関連記事

  1. 福岡発 〓 九州交響楽団が音楽監督の小泉和裕との契約を延長

  2. ウィーン発 〓 国立歌劇場が約50ぶりの新制作となる《ニュルンベルクのマイスタージンガー》をライブ・ストリーミング

  3. モンテカルロ発 〓 モンテカルロ歌劇場が新制作の《マノン・レスコー》をライブ・ストリーミング、ネトレプコ主演

  4. ニューヨーク発 〓 ラトルが《薔薇の騎士》で1日だけ代役を依頼

  5. 訃報 〓 ルドルフ・ヴァインスハイマー(91)ドイツのチェロ奏者、「ベルリン・フィル12人のチェリストたち」の創設者

  6. ベルリン発 〓 ドイツ・オーケストラ界の“冬の時代”は終了?

  7. ジュネーブ発 〓 第75回「ジュネーヴ国際コンクール」のチェロ部門で、ドイツ在住の上野通明が優勝

  8. テルアビブ発 〓 イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団が演奏会を再開

  9. ライプツィヒ発 〓 ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団が5月の「マーラー・フェスティバル」を2023年に延期

  10. ブリスベン発 〓 オペラ・オーストラリアが上演を延期していた新制作の《ニーベルングの指環》4部作の通し上演を10月に

  11. モスクワ発 〓 ネトレプコが新型コロナ感染を明らかに、Instagramへの投稿で

  12. サルヴァドール発 〓 ピアノのマリア・ジョアン・ピレシュが心臓疾患で当面の活動を休止

  13. トリノ発 〓 王立歌劇場がストリーミング配信、毎日違った作品をアップ

  14. 大津発 〓 びわ湖ホールが《神々の黄昏》を無観客公演に、同時に無料ストリーミング配信

  15. ネイプルズ発 〓 ウィーン・フィルの米国ツアー、二人目の代役指揮者はデイヴィッド・ロバートソン

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。