バーミンガム発 〓 財政破綻のバーミンガム市が市立交響楽団に対する年間約1億2,000万円の補助金を2025年に全額カット

2024/02/23

英国のバーミンガム市が財政破綻に直面、市立交響楽団(City of Birmingham Symphony Orchestra)をはじめとする芸術団体への補助金を打ち切る方針を打ち出した。今年は50パーセント削減、2025年4月には100パーセント削減するという。

バーミンガムは英国中部ミッドランドにある工業都市。産業革命期に鉄工業などで急速に発展し、人口約230万人を数え、同規模の人口を持つマンチェスターと英国第二の都市の座を争っている。

財政再建は待ったなしで、市民税を2年間で21%引き上げ、12億5,000万ポンド(約2,382億円)相当の資産を売却。同時に2年間で地方自治体史上最大となる3億ポンド(約572億円)の歳出削減に取り組むという。そのため、芸術団体への補助金をすべてカット、36ある図書館のうち25を閉鎖するという。

補助金のカットはオーケストラだけでなく、バーミンガム・ロイヤル・バレエ団、バーミンガム・オペラ・カンパニー、バーミンガムREPシアター、大聖堂まですべての団体に及び、オーケストラは104年にわたって受け取ってきた年間63万ポンド(約1億2,000万円)、バレエ団は年間15万4000ポンドの助成金を失うという。

市立交響楽団は1920年の創立で、サイモン・ラトル、アンドリス・ネルソンス、ミルガ・グラジニーテ=ティーラといった指揮者が首席指揮者を務めるなど、英国を代表するオーケストラの一つ。2023年からは山田和樹が音楽監督を務めており、昨年6月には山田に率いられて来日している。

補助金打ち切りに多くの文化人、芸術団体が再考を求める声を上げる中、オーケストラは「この削減は、私たちが市に提供できる仕事の幅広さと深みに永続的な影響を与えるだろうが、それでも私たちはバーミンガムの文化的景観の重要な部分であり続ける決意をしている」という力強い声明を出すなど意気軒昂。

写真:City of Birmingham Symphony Orchestra


  もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ハンブルク発 〓 州立オペラが2024/2025シーズンの公演ラインナップを発表、音楽総監督ケント・ナガノの最終シーズン

  2. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立歌劇場が2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  3. シカゴ発 〓 ムーティがシカゴ響の指揮をキャンセル、また新型コロナの陽性反応。代役にリナ・ゴンサレス・グラナドス

  4. ドレスデン発 〓 名指揮者ケンペの遺品が古巣のザクセン州立歌劇場へ

  5. チューリッヒ発 〓 チューリッヒ歌劇場が新制作の《ホフマン物語》をストリーミング配信

  6. サンフランシスコ発 〓 マイケル・ティルソン・トーマスの名前を付けた「MTTウェイ」誕生

  7. 東京発 〓 第33回「高松宮殿下記念世界文化賞」、音楽部門はピアノのクリスチャン・ツィメルマン

  8. 訃報 〓 ゲオルク・クリストフ・ビラー(66)ライプツィヒ聖トーマス教会第16代カントル

  9. ニューヨーク発 〓 カーネギーホールもワクチン接種証明の提示が必要

  10. トゥールーズ発 〓 トゥールーズ市長、トゥガン・ソヒエフにロシアのウクライナ侵略についてのコメント発表を要請

  11. 訃報 〓 ヴァンダ・ヴィウコミルスカ(89)ポーランドのヴァイオリニスト

  12. ワシントン発 〓 ジャナンドレア・ノセダがナショナル交響楽団との契約を延長

  13. シカゴ発 〓 デヴィッド・クーパーがシカゴ交響楽団の首席ホルンに

  14. ハノーファー発 〓 州立劇場が音楽総監督のステファン・ジリアスとの契約を延長

  15. 広島発 〓 広島響の次期音楽監督にクリスティアン・アルミンク

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。