ウィーン発 〓 国立歌劇場が新作の《カルメン》のストリーミング配信へ、カストロノーヴォの代役にベチャワ、ラチヴェリシュヴィリは現場復帰

2021/02/11

テノールのピョートル・ベチャワがチャールズ・カストロノーヴォの代役として、ウィーン国立歌劇場の新作の《カルメン》に出演することになった。ドン・ホセを歌う。カストロノーヴォが新型コロナウイルスに感染して入院、退院後も静養していることを受けて。

新作の《カルメン》はカリスト・ビエイトが新演出を手がけたもので、7日に観客なしで上演し、それをライブ・ストリーミングする予定だった。しかし、カストロノーヴォだけでなく、主役カルメンを歌うアニタ・ラチヴェリシュヴィリからも陽性反応が出て、上演が仕切り直しされていた。

ラチヴェリシュヴィリの現場復帰でリハーサルが始まり、エスカミーリョをアーウィン・シュロット、ミカエラをオルガ・クルチンスカが歌う。指揮はアンドレス・オロスコ=エストラーダで、彼の国立歌劇場デビューとなる。公演は21日に行われ、ライブ・ストリーミングされる予定。

写真:Wiener Staatsoper


関連記事

  1. ボストン発 〓 タングルウッド音楽祭も開催中止を発表

  2. セビリア発 〓 セビリア王立交響楽団の次期芸術監督にマルク・スーストロ

  3. ウィーン発 〓 国立歌劇場が新制作の《ファウスト》をストリーミング

  4. ミラノ発 〓 スカラ座がヴィットリオ・グリゴーロのリサイタルをライブ・ストリーミング

  5. パリ発 〓 アラーニャが途中降板、パリ国立オペラの《ドン・カルロ》の公演で

  6. ロサンゼルス発 〓 ロサンゼルス・フィルが2020/2021シーズンのキャンセルを発表、新型コロナウイルスの感染拡大で

  7. ニューヨーク発 〓 ドミンゴがメトロポリタン歌劇場を“自主降板”

  8. ストックホルム発 〓 ピアノのイゴール・レヴィットがノーベル賞の授賞式で演奏

  9. リヨン発 〓 リヨン国立オペラが2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  10. ウィーン発 〓 国立歌劇場が6月のストリーミング配信のラインナップを発表

  11. ストックホルム発 〓 アラン・ギルバートがスウェーデン王立歌劇場の音楽監督に

  12. ライプチヒ発 〓 ライプチヒ歌劇場が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  13. アムステルダム発 〓 エド・デ・ワールトに改めて「副指揮者」の称号

  14. ベルリン発 〓 ベンゲロフがストリーミング・サービスを開始

  15. ニューヨーク発 〓 音楽マネージメント大手コロンビア・アーティスツが経営破綻

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。