ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

2020/02/14

メトロポリタン歌劇場(Metropolitan Opera)が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表した。新制作は5作品で、再演は17作品。開幕公演はアンナ・ネトレプコ(Anna Netrebko)が主演する新制作の《アイーダ》。新演出を手掛けるのは《椿姫》の演出でも話題を集めたマイケル・メイヤーで、指揮はヤニック・ネゼ=セガン(Yannick Nézet-Séguin)。

劇場初演となるプロコフィエフ《炎の天使》もあり、新制作の《魔笛》が大晦日に幕を開ける。こちらの指揮はグスターボ・ドゥダメルで、演出は俳優としても活躍しているサイモン・マクバーニーが手掛ける。

また、《ドン・ジョヴァンニ》と《デッド・マン・ウォーキング》はイヴォ・ヴァン・ホーヴェが演出を手掛ける。《デッド・マン・ウォーキング》は1995年に映画化された同名の原作を基にしたプロローグ付きの2幕物のオペラ。2000年にサンフランシスコ・オペラでジョー・マンテロの演出で世界初演されている。

初演時に主人公のプレジャンを演じたスーザン・グラハムが今回は母親役に回り、ジョイス・ディドナートが主人公を演じる。フィラデルフィア管弦楽団の副指揮者などを務めてきたケンショウ・ワタナベが指揮する公演もある。新制作は以下の通り。

ヴェルディ《アイーダ》… 初日:9月21日
演出:マイケル・メイヤー
指揮:ヤニック・ネゼ=セガン
出演:アンナ・ネトレプコ / アニタ・ラチヴェリシュヴィリ / ピョートル・ベチャワ / ディミトリ・ベロセルスキー / リュドヴィク・テジエ

プロコフィエフ《炎の天使》… 初日11月12日
演出:バリー・コスキー
指揮:ミハイル・ユロフスキ
出演:スベトラーナ・ソゼダテレヴァ / ジル・グローブ / エレナ・エレーナ・マニスティナ / ドミトリー・ゴロブニン / エフゲニー・ニキティン / アンテ・イェルクニカ

モーツァルト《魔笛》… 初日:12月31日
演出:サイモン・マクバーニー
指揮:グスターボ・ドゥダメル
出演:クリスティアーネ・カルク / キャスリーン・リーウェック / スタニスラス・ド・バルベイラク / トーマス・オリーマンス / クリスティアン・ヴァン・ホルン / シュテファン・ミリング

モーツァルト《ドン・ジョヴァンニ》… 初日:2021年3月1日
演出:イヴォ・ヴァン・ホーヴェ
指揮:ヤニック・ネゼ=セガン
出演:ペーテル・マッテイ / ジェラルド・フィンリー / アイリン・ペレス / イザベル・レナード / ヘラ・ヘサン・パク / ベン・ブリス

ジェイク・ヘギー《デッド・マン・ウォーキング》… 初日:2021年4月8日
演出:イヴォ・ヴァン・ホーヴェ
指揮:ヤニック・ネゼ=セガン
出演:ジョイス・ディドナート / スーザン・グラハム / エティエンヌ・デュピュイ / ジョゼフ・ド・ロシェ

写真:Metropolitan Opera


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. マドリード発 〓 スペインがドミンゴ排除 !?

  2. 東京発 〓 第31回「高松宮殿下記念世界文化賞」音楽部門はアンネ=ゾフィー・ムター

  3. モンテカルロ発 〓 チェチーリア・バルトリがモンテカルロ歌劇場の監督に

  4. パリ発 〓 国立オペラのリスナー総裁が新制作のキャンセルに言及、長引くストライキの影響で

  5. パリ発 〓 アラーニャが途中降板、パリ国立オペラの《ドン・カルロ》の公演で

  6. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場が2019/2020シーズンの残りの公演をすべてキャンセル

  7. ローマ発 〓 劇場の閉鎖など、イタリア全土で4月3日まで継続

  8. ウィーン発 〓 カウフマンが「黄金の市庁舎の男」を受章

  9. ロンドン発 〓 ターフェルが足首を骨折、当面の出演をキャンセル

  10. ロンドン発 〓 ロンドン響が新シーズン開幕直後に中国、ベトナムへ

  11. ラヴィニア音楽祭 〓 マリン・オールソップが音楽祭の首席指揮者に就任

  12. パリ発 〓 フランス国立管の組合がフランス放送フィルのストライキに同調

  13. ロサンゼルス発 〓 2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  14. シュヴェービッシュ・グミュント発 〓 ジョシュア・リフキンにヨーロッパ教会音楽賞

  15. オークランド発 〓 「ASBシアター」が「キリ・テ・カナワ劇場」に改名

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。