ミュンヘン発 〓 パトリック・ハーンがミュンヘン放送管の首席客演指揮者に

2021/09/03

オーストリアの若手指揮者パトリック・ハーン(Patrick Hahn)がミュンヘン放送管弦楽団(Münchner Rundfunkorchester)の首席客演指揮者に就任した。10月10日に演奏会形式で上演されるウルマンの室内オペラ《アトランティスの皇帝》を指揮してデビューする。

ミュンヘン放送管弦楽団は、バイエルン放送に所属する2つのオーケストラの1つ。もう1つのバイエルン放送交響楽団に比べると2管編成と小振り。2017年からクロアチアの指揮者イヴァン・レプシッチが首席指揮者を務めている。ハーンとは2019年に初めて共演している。

ハーンはグラーツ生まれの26歳。少年合唱団で活動後、11歳からグラーツ音楽大学でピアノを専攻。指揮についてはクルト・マズア、ベルナルト・ハイティンクのマスタークラスに参加。米国のアスペン音楽祭とタングルウッド音楽祭で研鑽を積んでいる。

若くして各地のオーケストラ、歌劇場に客演を重ねており、2021/2022シーズンからブッパータール市の音楽総監督を務め、ドイツで最も若い音楽総監督として今後の活躍が期待されている。また、2021/22シーズンからはトルコのボルサン・イスタンブール・フィルハーモニー管弦楽団芸術顧問兼首席客演指揮者も兼任している。

写真: Wiener Symphoniker


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. アムステルダム発 〓 オランダも8月いっぱいイベント禁止、オランダ芸術祭も中止

  2. ロンドン発 〓 スターンが所有していた「ヴィヨーム」がオンライン・オークションに

  3. サンタフェ発 〓 サンタフェ・オペラが開催中止を発表

  4. サリー発 〓 英国のグランジ・パーク・オペラが音楽祭の開催を断念、夏の音楽祭で初

  5. リガ発 〓 マルタン・エングストロームがラトビアに新しい音楽祭を創設

  6. ライプツィヒ発 〓 ライプツィヒ市立歌劇場が2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  7. コブレンツ発 〓 ライン州立フィルの首席指揮者にベンジャミン・シュウォーツ

  8. サンフランシスコ発 〓 サンフランシスコ・オペラが2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  9. ミュンヘン発 〓 世界最大のビールの祭典「オクトーバーフェスト」も中止

  10. ブカレスト発 〓 国立歌劇場が新シーズンの開幕を延期、新型コロナウイルスの感染急拡大で

  11. ジュネーブ発 〓 国際音楽コンクール世界連盟がチャイコフスキー国際コンクールを追放

  12. ニューヨーク発 〓 リンカーンセンターが2021年春のシーズンをキャンセル

  13. ベルゲン発 〓 ベルゲン・フィルの首席客演指揮者にマーク・エルダー

  14. ストックホルム発 〓 ダニエル・ハーディングがスウェーデン放送交響との契約を延長

  15. ケムニッツ発 〓 市立劇場の音楽総監督にベンヤミン・ライナース

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。