シュレスヴィヒ=ホルシュタイン音楽祭 〓 音楽祭の「ポートレート・アーティスト」エレーヌ・グリモーが旅行制限で出演出来ず

2021/08/12

ドイツのシュレスヴィヒ=ホルシュタイン音楽祭(Schleswig-Holstein Music Festival)がエレーヌ・グリモー(Hélène Grimaud)のキャンセルを発表した。フランス人のグリモーはアメリカを拠点に活動しており、新型コロナウイルスの感染再拡大に伴う旅行制限で渡航が遅れるという。

グリモーはエクス=アン=プロヴァンス生まれの51歳。今年の音楽祭の「ポートレート・アーティスト」で、14回の出演が予定されていた。そのうち、パーヴォ・ヤルヴィ指揮のチューリッヒ・トーンハレ管弦楽団とのコンサートなど7つをキャンセルすることになり、代役にヤン・リシエツキ(Jan Lisiecki)が立つという。

パリ国立高等音楽院卒業後、21歳だった1991年からアメリカに拠点を移した。演奏活動のかたわら大学で動物生態学を学び、1999年にはニューヨーク州の郊外に野生オオカミのためのニューヨーク・ウルフ・センターを設立、引き続きオオカミの生態の研究を続けている。

写真:Thorne Hunter


    もっと詳しく ▷

    音楽祭プロフィールはこちら ▷


関連記事

  1. バイロイト発 〓 メゾ・ソプラノのエリーナ・ガランチャがバイロイト音楽祭デビュー、新制作の《パルジファル》のクンドリー役で

  2. 訃報 〓 ヘルムート・シュテルン(91)ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の元第1ヴァイオリン首席奏者

  3. サヴォンリンナ・オペラ・フェスティバル 〓 2022年の公演ラインナップを早くも発表

  4. ベルリン発 〓 ベンゲロフがストリーミング・サービスを開始

  5. キール発 〓 キール歌劇場の音楽総監督にベンジャミン・ライナース

  6. ミュンヘン発 〓 マーリス・ペーターゼン、ヴォルフガング・アプリンガー=シュペルハッケにバイエルン州から「宮廷歌手」の称号

  7. ミュンヘン発 〓 ミュンヘン・オペラ・フェスティバル、2019年の新作は《サロメ》と《アグリッピーナ》

  8. ベルリン発 〓 ドイツの7つコンサートホールがキーウ響支援のためのドイツ演奏ツアー

  9. ベルリン発 〓 バレンボイムが19日に現場復帰

  10. ウィーン発 〓 中止された公演の報酬めぐり、ザルツブルグ音楽祭に対して集団訴訟か。芸術監督の辞任も要求

  11. ザルツブルク音楽祭 〓 2021年版の公式トレーラーをUP

  12. ヴェルディ・フェスティバル 〓 来年のフェスティバルの概要を発表

  13. ドレスデン発 〓 バリトン歌手のハンス=ヨアヒム・ケテルセンがザクセン州立オペラの名誉会員に

  14. ミュンヘン発 〓 ミュンヘン放送管が首席指揮者イヴァン・レプシッチとの契約を延長

  15. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立歌劇場が新制作の《魔弾の射手》をライブ配信

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。