シュレスヴィヒ=ホルシュタイン音楽祭 〓 音楽祭の「ポートレート・アーティスト」エレーヌ・グリモーが旅行制限で出演出来ず

2021/08/12

ドイツのシュレスヴィヒ=ホルシュタイン音楽祭(Schleswig-Holstein Music Festival)がエレーヌ・グリモー(Hélène Grimaud)のキャンセルを発表した。フランス人のグリモーはアメリカを拠点に活動しており、新型コロナウイルスの感染再拡大に伴う旅行制限で渡航が遅れるという。

グリモーはエクス=アン=プロヴァンス生まれの51歳。今年の音楽祭の「ポートレート・アーティスト」で、14回の出演が予定されていた。そのうち、パーヴォ・ヤルヴィ指揮のチューリッヒ・トーンハレ管弦楽団とのコンサートなど7つをキャンセルすることになり、代役にヤン・リシエツキ(Jan Lisiecki)が立つという。

パリ国立高等音楽院卒業後、21歳だった1991年からアメリカに拠点を移した。演奏活動のかたわら大学で動物生態学を学び、1999年にはニューヨーク州の郊外に野生オオカミのためのニューヨーク・ウルフ・センターを設立、引き続きオオカミの生態の研究を続けている。

写真:Thorne Hunter


    もっと詳しく ▷

    音楽祭プロフィールはこちら ▷


関連記事

  1. ベルリン発 〓 州立歌劇場も無料のストリーミングを開始、4月19日まで

  2. ベルリン発 〓 ベルリン州立オペラが2022/2023シーズンの公演ラインナップ発表、バレンボイム音楽監督30周年で新しい「リング」が登場

  3. ザルツブルク復活祭音楽祭 〓 早くも2022年のプログラムを発表、オペラは《ローエングリン》

  4. ベルリン発 〓 バレンボイムまた休養、当面の公演をキャンセル

  5. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立オペラが12日まで公演をキャンセル、新型コロナウイルスの感染再拡大で

  6. ベルリン発 〓 ウラディーミル・ユロフスキがベルリン放送交響楽団との契約を延長

  7. ヴェルビエ音楽祭 〓 2021年のプログラムを発表、藤田、辻井が出演

  8. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立オペラがオリジナル・レーベル起ち上げ

  9. セイジ・オザワ松本フェスティバル 〓 2年連続の中止を発表

  10. ペーネミュンデ発 〓 ニューヨーク・フィルが新型コロナの世界的流行以来初の海外公演、ドイツ・ウーゼドム音楽祭に客演

  11. ザルツブルク復活祭音楽祭 〓 2021年は会期短縮、《トゥーランドット》の上演は中止

  12. バイロイト音楽祭 〓 来年の《さまよえるオランダ人》にオクサーナ・リーニフを起用、女性指揮者は音楽祭初

  13. ハレ・ヘンデル音楽祭 〓 2021年の開催中止を発表、コロナ禍による中止は2年連続

  14. 訃報 〓 ハリー・クプファー, ドイツの演出家

  15. ハノーファー発 〓 州立オペラが新制作の《フィガロの結婚》を1月20日からストリーミング配信

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。