訃報 〓 ドイツのバス歌手, ハンス=ギュンター・ネッカー

2019/03/29

ドイツのバス歌手ハンス=ギュンター・ネッカー(Hans Günter Nöcker)が20日に亡くなった。92歳だった。1962年にアンサンブルに加わって以来、43年以上にわたってミュンヘンのバイエルン州立歌劇場を中心に演技派の歌手として各地の歌劇場で活躍、録音にも数多く参加している。州立歌劇場からは2002年の《売られた花嫁》の公演を最後に引退した。1927年、ドイツ西部ハーゲンの生まれ。ヴィリ・ドムグラーフ=ファスベンダー、カール・モンベルグに学び、1952年にミュンスター市立劇場で、マスカーニ《カヴァレリア・ルスティカーナ》のアルフィオ役を歌ってデビューした。1988年のバイエルン州立歌劇場の日本公演では、ヘルマン・プライとのダブル・キャストで《ニュルンベルクのマイスタージンガー》のベックメッサー役を歌っている。

写真:BR-KLASSIK


関連記事

  1. パリ発 〓 ピアニストのランランが結婚

  2. ハンブルク発 〓 ドイツ・グラモフォンが史上初めて女性指揮者と専属契約

  3. ナポリ発 〓 ムーティが34年ぶりにサン・カルロ劇場で指揮

  4. ハンブルク発 〓 州立歌劇場が2019/2020シーズンの上演ラインナップを発表

  5. ギュータースロー発 〓 リトアニア国立オペラ宛の《トゥーランドット》の衣装盗まれる

  6. フランクフルト発 〓 フランクフルト歌劇場が2019/2020シーズンの公演ラインナップを発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。