ザルツブルク復活祭音楽祭 〓 ネトレプコ主演の《トゥーランドット》はコンサート形式で

2020/10/08

ザルツブルク復活祭音楽祭(Salzburg Easter Festival)が2021年の公演ラインナップを発表した。新型コロナウイルス対策のため、アンナ・ネトレブコ主演のオペラ《トゥーランドット》がコンサート形式による上演に変更されることになった。指挥はクリスティアン・ティーレマン。

発表によると、来年の音楽祭は3月27日から4月5日の開催。2,179席の客席を持つ祝祭大劇場に1,400人を入れて行われる。来年の客演指揮者はアントニオ・パッパーノ。

音楽祭の創始者で“楽壇の帝王”と呼ばれた20世紀最大のスター指揮者ヘルベルト・フォン・カラヤンを記念して音楽祭期間中に若手演奏家に送られる「カラヤン」賞は、ヴァイオリンのヒラリー・ハーンに贈られる。他の出演アーティストは、フィリップ・ヘレヴェッヘ、デニス・マツーエフ、アンドラーシュ・シフら。

音楽祭の総監督は今年からバイエルン州立歌劇場の総監督を務めてきたニコラウス・バッハラーに交代。2013年からティーレマンに率いられて音楽祭のレジデンス・オーケストラを務めてきたシュターツカペレ・ドレスデンの出演も2022年が最後になる。

写真:Osterfestspiele Salzburg


    音楽祭情報はこちら ▷


関連記事

  1. ウィーン発 〓 国立歌劇場で陽性反応、《フィガロの結婚》と《カルメン》上演延期を発表

  2. 訃報 〓 パウル・バドゥラ=スコダ, オーストリアのピアニスト

  3. ウィーン発 〓 国立歌劇場が2月第3週のストリーミング配信のラインナップを発表、新制作の《カルメン》も

  4. ザルツブルク音楽祭 〓 バルトリ、聖霊降臨祭音楽祭との契約を延長

  5. ウィーン発 〓 ウィーン国立歌劇場が4月後半のストリーミング配信のラインナップを発表

  6. ザルツブルク音楽祭 〓 2021年版の公式トレーラーをUP

  7. ウィーン発 〓 ヤンソンス、キャンセル続く

  8. ウィーン発 〓 国立歌劇場が3月第4週のストリーミング配信のラインナップを発表

  9. ヴェルディ・フェスティバル 〓 来年のフェスティバルの概要を発表

  10. ブレゲンツ発 〓 オーストリアのブレゲンツ音楽祭が「開催めざす」

  11. ドレスデン音楽祭 〓 総裁のヤン・フォグラーが音楽祭との契約を延長

  12. ウィーン発 〓 国立歌劇場の「オーパンバル」にアイーダ・ガリフッリーナとピョートル・ベチャワが出演

  13. グラインドボーン音楽祭 〓 音楽祭の開幕延期を決定

  14. ウィーン発 〓 アン・デア・ウィーン劇場が新制作のベートーヴェン《フィデリオ》を上演前にストリーミング配信

  15. ウィーン発 〓 国立歌劇場の「オーパンバル」、ハーディングの代役にコンロン

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。