ブレゲンツ発 〓 ブレゲンツ音楽祭、2021年のスケジュールを発表

2020/07/26

オーストリアのブレゲンツ音楽祭(Bregenzer Festspiele)が来年のスケジュールを発表した。今年2020年は7月22日から8月23日の日程で開催される予定だったが、コロナ禍で中止された。

音楽祭はボーデン湖上に設けられた特設ステージでオペラを上演、約6,000席の客席がそのステージを囲むスタイル。2019年は27公演が行われ、延べ約181,000人が来場した。2年ごとに上演作品を変えており、昨年と今年はヴェルディ《リゴレット》を上演する予定だった。

来年の音楽祭は7月22日の開幕。今年上演出来なかった《リゴレット》が上演され、28公演が行われる。指揮はエンリケ・マッツォーラ(Enrique Mazzola)他。

元々の計画では、2021年から上演が始まる予定だったアンドレアス・ホモキが新演出を手がけたプッチーニ《蝶々夫人》は2022年からの上演になる。

また、音楽祭のレジデンツ・オーケストラを務めるウィーン交響楽団(Vienna Symphony Orchestra)のコンサートも。2020/2021シーズンから首席指揮者に就任するアンドレス・オロスコ=エストラーダ(Andrés Orozco-Estrada)が登場する。

写真:Bregenzer Festspiele / Anja Köhler


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ロッシーニ・オペラ・フェスティバル 〓 来年のオペラを発表、2020年は予定通り8日開幕

  2. ザルツブルク音楽祭 〓 2020年夏の音楽祭のプログラムを発表

  3. ウィーン発 〓 国立歌劇場が管弦楽団の首席チェロ奏者を解任

  4. ウィーン発 〓 国立歌劇場が5月のストリーミング配信ラインナップを発表

  5. ブレゲンツ発 〓 ブレゲンツ音楽祭は開催断念、グラフェネック音楽祭は開催を表明

  6. ウィーン発 〓 ニューイヤー・コンサートの「ラデツキー行進曲」のアレンジを一新

  7. ザルツブルク音楽祭 〓 スポンサーの一角にロシアの「ガスプロム」

  8. ウィーン発 〓 国立歌劇場が2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  9. シュヴェチンゲン発 〓 SWRシュヴェツィンゲン音楽祭が開催を断念

  10. ウィーン発 〓 ウィーン響が鉄道での移動を優先、「カーボン・ニュートラル」の取り組みで

  11. ウィーン発 〓 国立歌劇場の「オーパンバル」、ハーディングの代役にコンロン

  12. ウィーン発 〓 楽友協会が6月から再開、ウィーン・フィルのコンサートも

  13. ゲッティンゲン国際ヘンデル音楽祭 〓 第100回の音楽祭の開催を断念

  14. ウィーン発 〓 国立歌劇場のマイヤー総裁が「ドミンゴとの契約を履行」

  15. ヴェルディ・フェスティバル 〓 2020年の音楽祭の詳細を発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。