エディンバラ発 〓 エディンバラ国際フェスティバルの次期芸術監督にニコラ・ベネデッティ、初の女性、初のスコットランド人、初の現役音楽家

2022/03/02

英国のエディンバラ国際フェスティバル(Edinburgh Internatioanl Festival)が次期芸術監督に英国のヴァイオリニスト、ニコラ・ベネデッティ(Nicola Benedetti)を迎えると発表した。2015年からその任にあったファーガス・リネハンの後任。1947年にフェスティバルが創設されて以来、初の女性の、初のスコットランド人の、初の現役音楽家の、芸術監督誕生となる。

ベネデッティは1987年、スコットランドのアーバイン生まれの34歳。イタリア系の裕福な家庭で育ち、1997年にユーディ・メニューイン音楽学校に入学、ナターシャ・ボヤールスカヤに師事した。14歳だった2002年、カールトンTVのコンテスト「Britain’s Brilliant Prodigies=英国の神童」で優勝している。

2003年にはDVD「バービーの白鳥の湖」でロンドン交響楽団と共演し、ドキュメンタリー「Playing With Passion=情熱の演奏」も制作され、後にテレビ放映された。2004年、16歳でBBCヤング・ミュージシャン・オブ・ザ・イヤーで優勝。2005年には名門レーベル「ドイツ・グラモフォン」と契約している。

その後、国際的な活動を展開。2020年にはバロック・オーケストラを結成。またその年、クリスティアン・マチェラル指揮のフィラデルフィア管弦楽団とのウィントン・マルサリスのヴァイオリン協奏曲のアルバムでグラミー賞を受賞している。2021年にはBBCミュージックマガジンの2021年の「パーソナリティ・オブ・ザイヤー」に選ばれている。

写真:Decca


    もっと詳しく ▷

    音楽祭プロフィールはこちら ▷


関連記事

  1. ロンドン発 〓 アントニオ・パッパーノ、ロンドン交響楽団の首席指揮者へ

  2. ハダースフィールド現代音楽祭 〓 11月の音楽祭の中止を決定

  3. エクス=アン=プロヴァンス音楽祭 〓 2021年は6月30日の開幕、ラトルが《トリスタンとイゾルデ》を指揮

  4. リューベック発 〓 シュレスヴィヒ=ホルシュタイン音楽祭が2022年の「レナード・バーンスタイン賞」はギターのショーン・シベ

  5. ロンドン発 〓 英国でも公演のキャンセル、劇場の閉鎖始まる。新型コロナの感染再拡大で

  6. ロンドン発 〓 スターンが所有していた「ヴィヨーム」がオンライン・オークションに

  7. ヴェルディ・フェスティバル 〓 2020年の音楽祭の詳細を発表

  8. サンタフェ・オペラ 〓 2022年の公演ラインナップを発表

  9. アスペン発 〓 アスペン音楽祭がアスペン・フィルハーモニックのコンサートをすべてキャンセル

  10. ロンドン発 〓 ヴァイオリンのニコラ・ベネデッティが新しい古楽オーケストラを旗揚げ

  11. シンシナティ発 〓 シンシナティ・オペラがサマーフェスティバルのスケジュールを発表

  12. モーツァルト週間 〓 2021年の開催断念を発表

  13. ブレゲンツ発 〓 ブレゲンツ音楽祭が2023年の音楽祭の概要を発表

  14. サヴォンリンナ発 〓 オペラ・フェスティバルが2021年夏の公演ラインナップを発表

  15. グラスゴー発 〓 トマス・ダウスゴーまた離任、BBCスコティッシュ交響楽団が後任にライアン・ウィグルスワース

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。