ロンドン発 〓 ソプラノのヨンチェヴァがウィグモアホールへの出演をツイッターで訂正

2021/08/13

ソプラノのソーニャ・ヨンチェヴァ(Sonya Yoncheva)が12月にロンドンのウィグモアホール(Wigmore Hall)に出演する予定がないとツイッターで発表した。ホールは今月初めに2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表、その中でヨンチェヴァの出演があるとしていたという。

ツイッターには「ロンドンの親愛なる友人たち、ウィグモアホールは、誤って12月に私とのコンサートを発表しました。 これにより誤解や失望が生じる可能性があることをお詫び申し上げます」と書かれている。

ヨンチェヴァによると、12月には「再生」と銘打ったツアーをベルギーとオーストリアで行い、ベルリンでガラ・コンサートと州立歌劇場への出演が予定されているという。

出演するのは、新制作の《ラ・ボエーム》で、夫君のドミンゴ・ヒンドヤンの指揮、チャールズ・カストロノーヴォ、エルサ・ドライシグらが出演する。

写真:Konzerthaus Dortmund / Petra Coddington


関連記事

  1. ロッテルダム発 〓 フィンランドの若手指揮者タルモ・ペルトコスキがロッテルダム・フィルの常任客演指揮者に

  2. キーウ発 〓 ウクライナ国立オペラがオペラ上演を再開

  3. ベルン発 〓 スイスは1,000人以上のイベントを禁止、新型コロナウイルスの感染拡大で

  4. ザルツブルク発 〓 ドミンゴに「オーストリア音楽劇場賞」功績賞

  5. ロンドン発 〓 英国の劇場やホールも閉鎖、公演もすべてキャンセル

  6. ワシントン発 〓 ジャナンドレア・ノセダがナショナル響とウクライナ国歌

  7. ローマ発 〓 ムーティがコンテ首相に劇場再開を求める公開書簡

  8. ローマ発 〓 チョン・ミョンフンがローマ歌劇場管弦楽団に“デビュー”

  9. ローザンヌ発 〓 ヴァイオリニストのルノー・カプソンがローザンヌ室内管の次期芸術監督に

  10. ボルドー発 〓 ボルドー国立オペラの次期芸術総監督にエマニュエル・オンドレ、マルク・ミンコフスキは退任

  11. ブリュッセル発 〓 モネ劇場が新しい公演スケジュールを発表

  12. ミラノ発 〓 スカラ座がヴィットリオ・グリゴーロのリサイタルをライブ・ストリーミング

  13. ワシントン発 〓 ジャナンドレア・ノセダがナショナル交響楽団との契約を延長

  14. デュッセルドルフ発 〓 作曲家メンデルスゾーンの銅像の修復工事終了

  15. サクラメント発 〓 ホログラムで再現されたマリア・カラスがオーケストラと共演

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。