ブリュッセル発 〓 モネ劇場の新しい《ニーベルングの指環》全4部作上演で演出家が交代、ロメオ・カステルッチからピエール・アウディへ

2024/04/21

モネ劇場(La Monnaie)が2023/2024シーズンから上演をスタートさせたワーグナー《ニーベルングの指環》全4部作上演で、演出を手掛けていたロメオ・カステルッチ(Romeo Castellucci)が降板することが発表された。後半の2作品はピエール・アウディ(Pierre Audi)が新演出を手掛けるという。

新しい《ニーベルングの指環》は2年がかりで4部作を上演しようと計画されたもの。カステルッチの新演出で、2023年10月に《ラインの黄金》、2024年1月に《ワルキューレ》と上演が進んできた。しかし、劇場側は、後半2作品についての彼の構想を実現するための「可能な時期と予算の枠内で見つけることはできないという結論に達した」。カステルッチは《ジークフリート》では、まだ未開拓の技術を駆使した長編映画の制作を希望。また、《神々の黄昏》では、オペラと演劇のダブル・プロジェクトにすることをめざしていた、という。

代役を務めるアウディは1957年、レバノンの首都ベイルート生まれの66歳。パリを経て英国のオックスフォード大学で学び、20代でロンドンのイズリントンにアルメイダ劇場を創設。その後、演出家として国際的な活動を続けてきた。1988年から2018年までオランダ国立オペラの芸術監督を務め、1998年から1999年にかけて《ニーベルングの指環》の演出を手掛けている。

写真:La Monnaie / Monika Rittershaus


関連記事

  1. ロンドン発 〓 ロイヤル・オペラ・ハウスが夏のボリショイ劇場バレエ団ロンドン公演をキャンセル

  2. トゥールーズ発 〓 トゥガン・ソヒエフがキャピトル管、ボリショイ劇場の音楽監督を辞任。ロシアのウクライナ侵略で態度表明求められ

  3. ボストン発 〓 ネルソンズがボストン響、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管との契約を延長

  4. サンクト・ペテルブルク発 〓 ゲルギエフが本拠地マリインスキー劇場に復帰、続いてモスクワで《ニーベルングの指環》

  5. シュトゥットガルト発 〓 クルレンツィスが南西ドイツ放送響との契約を延長

  6. ライプツィヒ発 〓 ピアニストのアンドラーシュ・シフに2022年の「バッハ・メダル」

  7. 訃報 〓 ウンベルト・ボルソ(95)イタリアのテノール歌手

  8. ウィーン発 〓 ジョン・ウィリアムズ&ウィーン・フィルのライブCD発売へ

  9. 東京発 〓 来日したエーテボリ響の公演中止、そのまま帰国へ

  10. ヴュルツブルク発 〓 メゾ・ソプラノのヴァルトラウト・マイヤーが引退コンサート

  11. 東京発 〓 東京都交響楽団が音楽監督の大野和士との契約を延長

  12. 東京発 〓 都響の新たなコンサートマスターに水谷晃

  13. ザルツブルク発 〓 ローランド・ビリャソン、芸術監督務める音楽祭「モーツァルト週間」との契約を延長

  14. ロンドン発 〓 「最も忙しい指揮者」はまたまたネルソンス、クラシック統計ランキングで

  15. 訃報 〓 イヴォ・マレク(94)フランスの作曲家

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。