グラーツ発 〓 オクサーナ・リーニフが劇場との契約を延長せず

2018/12/08
【最終更新日】2023/12/23

オーストリアのグラーツ歌劇場とグラーツ・フィルハーモニー管弦楽団(Grazer Philharmonische Orchester)の首席指揮者を務めてきたオクサーナ・リーニフ(Oksana Lyniv, 40)が契約を延長せず、2019/2020シーズンで退任することになった。

後任は2010年からドイツのコーブルク市立劇場の音楽監督を務めるローランド・クルティヒ(Roland Kluttig, 50)。任期は2022/23シーズンまで。クルティヒは2017/2018シーズン、デュカス《アリアーヌと青ひげ》を指揮して劇場デビュー。今シーズンはシマノフスキー《ロジェ王》を指揮する。

写真:Landestheater Coburg / Jochen Berger


関連記事

  1. ロンドン発 〓 フィルハーモニア管の次期首席指揮者にサントゥ=マティアス・ロウヴァリ

  2. 訃報 〓 イヴォ・マレク(94)フランスの作曲家

  3. ニューアーク発 〓 ニュージャージー響が音楽監督シャン・ジャンとの契約を延長

  4. 訃報 〓 服部克久(83)日本の作曲家

  5. リエージュ発 〓 指揮者のスペランツァ・スカップッチが喉の手術で休養

  6. テルアビブ発 〓 ルービンシュタイン国際ピアノコンクール終了、スペインのフアン・ペレス・フロリスタンが優勝、日本の桑原が第2位

  7. ジェノヴァ発 〓 カルロ・フェリーチェ劇場の音楽監督にリッカルド・ミナシ

  8. ストラスブール発 〓 ラン国立オペラが2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  9. 訃報 〓 アガ・ミコライ(51)ポーランドのソプラノ歌手

  10. 青島発 〓 メニューイン音楽学校が青島に中国校

  11. サンフランシスコ発 〓 マイケル・ティルソン・トーマスの名前を付けた「MTTウェイ」誕生

  12. 東京発 〓 日本音楽財団が「フォイアマン」をカミーユ・トマに貸与

  13. リバプール発 〓 ロイヤル・リバプール・フィルが首席指揮者のドミンゴ・インドヤンとの契約を延長

  14. ニューヨーク発 〓 テノールのステファン・グールドが健康上の理由で引退を表明

  15. ミラノ発 〓 スカラ座が「平和のためのコンサート」開催、ウクライナへの連帯を表明

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。