ロンドン発 〓 ロンドン・フィルの次期首席指揮者にエドワード・ガードナー

2019/07/26

英国を代表するオーケストラの一つ、ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団(London Philharmonic Orchestra)の次期首席指揮者がエドワード・ガードナー(Edward Gardner)に決まった。2007/2008シーズンから首席指揮者を務めてきたウラディーミル・ユロフスキの後任で、任期は2021/2022シーズンから5年。ガードナーは2015年からはノルウエーのベルゲン・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者を務めており、任期は2021/2022シーズンで切れる。1967年にベルナルト・ハイティンクを迎えてからずっと外国人指揮者が首席指揮者に就いており、英国人の指揮者を迎えるのは約半世紀ぶり。

ガードナーは1974年、英国グロスターの生まれ。ケンブリッジ大学、王立音楽院で学んだ後、ハレ管弦楽団のマーク・エルダーの副指揮者、グラインドボーン音楽祭の巡回公演音楽監督などを経て、2006年にイングリッシュ・ナショナル・オペラの音楽監督(-2015)に就任。その間、バーミンガム市交響楽団の首席客演指揮者(2011-2016)も務めている。ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団を初めて指揮したのは2003年で、その後、オーケストラがピットに入るグラインドボーン音楽祭の公演で共演を重ねてきたという。

写真:BBC


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ハレ発 〓 ドイツ映画音楽賞の国際賞にレイチェル・ポートマン

  2. アムステルダム発 〓 オランダ放送フィルの次期首席指揮者にカネラキス

  3. ワルシャワ発 〓 もう一つの「ショパン・コンクール」創設

  4. ウィーン発 〓 コニエチュニーに「宮廷歌手」の称号

  5. ロサンゼルス発 〓 ドミンゴが新しい役に挑戦

  6. 訃報 〓 イタリアのテノール歌手、ウンベルト・ボルソ

  7. ローマ発 〓 18歳から25歳限定で2ユーロのオペラ鑑賞チケット発売

  8. アトランティックシティ発 〓 「ミス・アメリカ2019」に若手オペラ歌手

  9. ロンドン発 〓 フレミングが英国でもミュージカル・デビュー

  10. トランス=シベリア芸術祭 〓 2018年の芸術祭が開幕

  11. ブレゲンツ音楽祭 〓 公演DVD発売:2017 – 2018年の《カルメン》

  12. ザルツブルク音楽祭 〓 ソコロフのリサイタル中に祝祭大劇場の天井から雨漏り

  13. BBC Proms 〓 2019年秋に日本公演

  14. ウィーン発 〓 ウィーン・フィルが2019年の「ニューイヤー・コンサート」のプログラムを発表

  15. 訃報 〓 指揮者のロジェストヴェンスキー死去

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。