ロンドン発 〓 ロンドン・フィルの次期首席指揮者にエドワード・ガードナー

2019/07/26

英国を代表するオーケストラの一つ、ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団(London Philharmonic Orchestra)の次期首席指揮者がエドワード・ガードナー(Edward Gardner)に決まった。2007/2008シーズンから首席指揮者を務めてきたウラディーミル・ユロフスキの後任で、任期は2021/2022シーズンから5年。ガードナーは2015年からはノルウエーのベルゲン・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者を務めており、任期は2021/2022シーズンで切れる。1967年にベルナルト・ハイティンクを迎えてからずっと外国人指揮者が首席指揮者に就いており、英国人の指揮者を迎えるのは約半世紀ぶり。

ガードナーは1974年、英国グロスターの生まれ。ケンブリッジ大学、王立音楽院で学んだ後、ハレ管弦楽団のマーク・エルダーの副指揮者、グラインドボーン音楽祭の巡回公演音楽監督などを経て、2006年にイングリッシュ・ナショナル・オペラの音楽監督(-2015)に就任。その間、バーミンガム市交響楽団の首席客演指揮者(2011-2016)も務めている。ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団を初めて指揮したのは2003年で、その後、オーケストラがピットに入るグラインドボーン音楽祭の公演で共演を重ねてきたという。

写真:BBC


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. リガ発 〓 「オペラ・ヴィジョン」がラトビア国立歌劇場の《さまよえるオランダ人》を配信

  2. 東京発 〓 新国立劇場が2019/2020シーズンの公演ラインナップを発表

  3. ウィーン発 〓 ウィーン交響楽団に初のコンサートミストレス

  4. ブエノスアイレス発 〓 バレンボイムが聴衆に我慢できず演奏中断

  5. エカテリンブルク発 〓 新ホールはザハ・ハディッド事務所のデザインを採用

  6. ウィーン発 〓 ウィーン・フィルの第2バイオリンの首席奏者クリストフ・コンツが指揮活動

  7. モスクワ発 〓 指揮者のクルレンツィスにギリシャ政府がフェニックス勲章

  8. 訃報 〓 メゾ・ソプラノ、ヴァレンティナ・レフコ

  9. ベネチア発 〓 フェニーチェ劇場が2018/2019シーズンのスケジュールを発表

  10. ザルツブルク復活祭音楽祭 〓 グバイドゥーリナの曲をさしかえ

  11. エディンバラ国際フェスティバル 〓 2018年のプログラムを発表

  12. ウィーン発 〓 ブロムシュテットがウィーン・フィルの名誉会員に

  13. ワイマール発 〓 未完に終わっていたリストのオペラを世界初演

  14. ブダペスト発 〓 復帰進むデュトワが《青ひげ公の城》を指揮

  15. ベルリン発 〓 第1回「オーパス・クラシック賞」決まる

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。