ロンドン発 〓 ロンドン・フィルの次期首席指揮者にエドワード・ガードナー

2019/07/26

英国を代表するオーケストラの一つ、ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団(London Philharmonic Orchestra)の次期首席指揮者がエドワード・ガードナー(Edward Gardner)に決まった。2007/2008シーズンから首席指揮者を務めてきたウラディーミル・ユロフスキの後任で、任期は2021/2022シーズンから5年。ガードナーは2015年からはノルウエーのベルゲン・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者を務めており、任期は2021/2022シーズンで切れる。1967年にベルナルト・ハイティンクを迎えてからずっと外国人指揮者が首席指揮者に就いており、英国人の指揮者を迎えるのは約半世紀ぶり。

ガードナーは1974年、英国グロスターの生まれ。ケンブリッジ大学、王立音楽院で学んだ後、ハレ管弦楽団のマーク・エルダーの副指揮者、グラインドボーン音楽祭の巡回公演音楽監督などを経て、2006年にイングリッシュ・ナショナル・オペラの音楽監督(-2015)に就任。その間、バーミンガム市交響楽団の首席客演指揮者(2011-2016)も務めている。ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団を初めて指揮したのは2003年で、その後、オーケストラがピットに入るグラインドボーン音楽祭の公演で共演を重ねてきたという。

写真:BBC


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ヴェローナ音楽祭 〓 2019年のキャスティングを発表

  2. ニューヨーク発 〓 ダニール・トリフォノフが怪我で休養

  3. ザルツブルク音楽祭 〓 ハンガリーのガボール・カリ、第9回「ネスレ&ザルツブルク音楽祭青年指揮者コンクール」で優勝

  4. バイロイト音楽祭 〓 2019年のスケジュールを発表

  5. オールドバラ音楽祭 〓 2018年は第70回

  6. アムステルダム発 〓 ミヒャエル・ザンデルリングが代役でロイヤル・コンセルトヘボウ管にデビュー

  7. プラハ発 〓 ドミンゴ主宰の「オペラリア2019」が閉幕

  8. オタワ発 〓 ワリス・ジウンタが「ジョン・フリーダ」のCMに

  9. オスロ発 〓 ノルウェー国立オペラが2018/2019シーズンのラインナップを発表

  10. ウィーン発 〓 ウィーン・フィルがティーレマンの指揮でブルックナーの交響曲全曲演奏

  11. 訃報 〓 フランスの作曲家フランシス・レイ

  12. ナンシー発 〓 ロレーヌ国立オペラが2018/2019シーズンのラインナップを発表

  13. エディンバラ国際芸術祭 〓 リネハン総監督との契約を2022年まで延長

  14. ミュンヘン発 〓 カウフマンにマキシミリアン勲章

  15. カルガリー発 〓 第9回「ホーネンス国際ピアノコンクール」が終了

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。