ロンドン発 〓 英国の音楽雑誌「BBCミュージック・マガジン」が年次賞を発表

2021/05/01

英国の音楽雑誌「BBCミュージック・マガジン」の年次賞が発表された。前年の「BBCミュージック・マガジン」のレビュー欄で5つ星を取ったアルバムから選考委員が各部門3枚ずつ選び、オンラインでの一般投票で決まる。

… Recording of the Year
ジョスカン・デ・プレ:ミサ曲《フェラーラ公エルコーレ》、他
 タリス・スコラーズ
 ピーター・フィリップス(指揮)


… Orchestral Award
レスピーギ:交響詩《ローマの松》、他
 シンフォニア・オブ・ロンドン
 ジョン・ウィルソン(指揮)


… Concerto Award
シューマン:ヴァイオリン協奏曲、他
 アンティエ・ヴァイトハース(ヴァイオリン)
 マキシミリアン・ホルヌング(チェロ)
 北ドイツ放送フィルハーモニー管弦楽団
 アンドルー・マンゼ(指揮)


… Opera Award
アーノルド: 歌劇《ダンシング・マスター》
 エレノア・デニス(ソプラノ)
 キャスリーン・カービー(メゾ・ソプラノ)
 ジョン・アンドルー(指揮)
 BBCコンサート・オーケストラ


… Choral Award
ジョスカン・デ・プレ:ミサ曲《フェラーラ公エルコーレ》、他
 タリス・スコラーズ
 ピーター・フィリップス(指揮)


… Vocal Award
El Nour / エル・ヌール
 ファトマ・サイード(ソプラノ)
 マルコム・マルティノー(ピアノ)
 ラファエル・アギーレ(ギター)
 ブルジュ・カラダー(ネイ)
 ヴィジョン弦楽四重奏団


… Chamber Award
イギリスのヴァイオリン・ソナタ集 Vol.3
 タスミン・リトル(ヴァイオリン)
 ピアーズ・レーン(ピアノ)


… Instrumental Award
プロコフィエフ:ピアノ・ソナタ第6番〜第8番
 スティーヴン・オズボーン(ピアノ)

… Newcomer Award
ファトマ・サイード(ソプラノ)

… Premiere Award
タヴナー:もう私のことを悲しまないで ~ チェロ作品集
 スティーヴン・イッサーリス(チェロ)
 マシュー・ローズ(バス)
 アビ・サンパ(スーフィー歌手)
 トリニティ・ボーイズ・クワイア
 オマー・メイア・ウェルバー(指揮)
 フィルハーモニア管弦楽団


… Best DVD
ワーグナー:楽劇《ワルキューレ》全曲
 スチュアート・スケルトン(テノール/ジークムント)
 エミリー・マギー(ソプラノ/ジークリンデ)
 アイン・アンガー(バス/フンディンク)
 ジョン・ランドグレン(バリトン/ヴォータン)
 ニーナ・シュテンメ(ソプラノ/ブリュンヒルデ)
 サラ・コノリー(メゾ・ソプラノ/フリッカ)
 ロイヤル・オペラ管弦楽団
 アントニオ・パッパーノ(指揮)
 キース・ウォーナー(演出)


… BBC Music Magazine Personality of the Year
ニコラ・ベネデッティ(ヴァイオリン)

写真:BBC Music Magazine


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ミュンヘン発 〓 ネトレプコ、トゥーランドット姫に挑戦

  2. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場が“Nightly Met Opera Streams”の終了を発表

  3. ウィーン発 〓 国立歌劇場が新制作の《椿姫》をストリーミング配信

  4. 訃報 〓 エンニオ・モリコーネ, イタリアの作曲家

  5. 訃報 〓 フランツ・マズラ, オーストリアのバス・バリトン歌手

  6. ワシントン発 〓 ナショナル交響楽団が中国公演を中止

  7. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場が“Nightly Met Opera Streams”第54週、第55週のラインナップを発表

  8. ドレスデン発 〓 聖十字架合唱団の第29代「クロイツカントール」にマーティン・レーマン

  9. 訃報 〓 オトマール・マーガ, ドイツの指揮者

  10. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場が公演継続のメッセージ

  11. ロンドン発 〓 ロイヤル・オペラがグリゴーロに“黒判定”、メトロポリタン歌劇場も

  12. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立歌劇場が2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  13. 訃報 〓 ジョナサン・ミラー, 英国の演出家

  14. ブリュッセル発 〓 エリザベート王妃国際音楽コンクールのピアノ部門で、フランスのジョナサン・フルネルが優勝

  15. サンテス・クレウス発 〓 ジョルディ・サヴァールが新しい音楽祭起ち上げ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。