ストラスブール発 〓 ラン国立オペラが2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

2021/05/20
【最終更新日】2021/05/21

フランス・ストラスブールを本拠地とするラン国立オペラ(Opéra National du Rhin) が2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表した。ラインナップは以下の通り。

9月15日 – 10月3日
ハンス・アブラハムセン《雪の女王》
出演:ローレン・スノーファー / レイチェル・ウィルソン / ヘレナ・ラスケル / デヴィッド・リー / マイケル・スモールウッド / オーウェン・ウィレッツ / フロリアーヌ・ダーテ / モーリッツ・カレンベルク
指揮:ロベール・ユサール
演出:ジュームズ・ボナス

10月10日 – 11月9日
ヴェルディ《スティッフェリオ》
出演:ジョナサン・テテルマン / フラチュヒ・バセンツ / ダリオ・ソラーリ / トリスタン・ブランシェ
指揮:アンドレア・サングイネーティ
演出:ブルーノ・ ラヴェッラ

2021年12月2日 – 2022年1月9日
ビゼー《カルメン》
出演:ステファニー・ドゥストラック / アントワネット・ダンネフェルド / エドガラス・モントヴィダス / Régis Mengus / アミナ・エドリス
指揮:マルタ・ガルドリンスカ
演出:ジャン=フランソワ・シヴァディエ

2021年12月15日 – 2022年5月20日
ラヴェル《子供と魔法》
出演:ブレンダ・プパール / ローラーン・オリバ / フロリアーヌ・ダーテ / リーイン・ヤン / エルザ・ルー・シャムー / ダミアン・アルノルド / Damien Gastl / オレグ・ヴォルコフ
指揮:ディディエ・プントス
演出:Emilie Capliez

2022年1月19日 – 2月22日
ブラウンフェルス《鳥たち》
出演:マリー=イヴ・マンガー / トゥオマス・カタヤラ / コーディ・クアトルバウム / ヨゼフ・ワーグナー / クリストフ・ポール / Julie Goussot / アントワン・ヘレラ=ロペス・ケッセル
指揮:ソラ・エリザベス・リー / アジス・ショハキモフ
演出:テッド・ハフマン

2月20日 – 3月19日
ハワード・ムーディ《ムーン・ドリーマーズ》 = 世界初演
出演:フロリアーヌ・ダーテ / ブレンダ・プパール / ダミアン・アルノルド / オレグ・ヴォルコフ
指揮:ハワード・ムーディ
演出:Sandra Pocceschi / ジャコモ・ストラーダ

3月15日 – 4月3日
ファリャ《恋は魔術師》
ヤナーチェク《消えた男の日記》

出演:ロシオ・マルケス / マグヌス・ヴィジリウス / ジョジ・サントス
指揮:ウカシュ・ボロヴィチ
演出:Daniel Fish

4月14日 – 5月15日
モーツァルト《コジ・ファン・トゥッテ》
出演:ジェンマ・サマーフィールド / アンブロワジーヌ・ブレ / ロウリーナ・ベンジュネテ / ジャック・スワンソン / ビョルン・ビュルガー / ニコラ・カヴァリエ
指揮:ダンカン・ワード
演出:ダーフィト・ヘアマン

5月3日 – 4日
モンテヴェルディ《オルフェオ》 *コンサート形式
出演:ヴァレリオ・コンタルド / マリアナ・フローレス / ジュゼッピーナ・ブリデッリ / アンナ・ラインホルト / アレハンドロ・メーラプフェル / アンドレアス・ヴォルフ / アレッサンドロ・ ジャングランデ / レアンドロ・マルツィオッテ / ニコラス・スコット / マッテオ・ ベッロット / フィリップ・ ファヴェッテ / エステル・ルフォー
指揮:レオナルド・ ガルシア・アラルコン

5月29日 – 6月29日
バーンスタイン《ウエスト・サイド物語》
出演:マディソン・ノノア / ジェフリー・クリンガー / ガブリエル・マクリントン
指揮:デヴィッド・チャールズ・アベル
演出:バリー・コスキー / オットー・ピヒラー

写真:Opéra National du Rhin


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ヘルシンキ発 〓 ミリアム・ヘリン国際声楽コンクールが閉幕

  2. ロサンゼルス発 〓 ロサンゼルス・フィルが2020/2021シーズンのキャンセルを発表、新型コロナウイルスの感染拡大で

  3. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場が2025年から新制作の「リング・チクルス」を上演

  4. 東京発 〓 東京都交響楽団が音楽監督の大野和士との契約を延長

  5. ミュンヘン発 〓 ミュンヘン・フィルがウクライナに連帯するチャリティー・コンサート開催へ、指揮はラハフ・シャニ

  6. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場が“Nightly Met Opera Streams”第54週、第55週のラインナップを発表

  7. ザルツブルク発 〓 復活祭音楽祭、2023年のオペラはカウフマン主演の《タンホイザー》。レジデント・オーケストラにアンドリス・ネルソンス率いるライプツィヒ・ゲヴァントハウス管

  8. シンガポール発 〓 シンガポール響がインターネットで支援の訴え

  9. ライプツィヒ発 〓 ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団が5月の「マーラー・フェスティバル」を2023年に延期

  10. フィレンツェ発 〓 フィレンツェ5月音楽祭も中止

  11. バルセロナ発 〓 バルセロナ響の首席客演指揮者にポーランドのマルタ・ガルドリンスカ

  12. ブリュッセル発 〓 ベルギー国立管の首席客演指揮者にスペインのロベルト・ゴンザレス=モンハス

  13. サンフランシスコ発 〓 サンフランシスコ・オペラが2月のストリーミング・スケジュールを発表

  14. ロンドン発 〓 ヴィットリオ・グリゴーロ降板の裏にセクハラ

  15. ボルチモア発 〓 ボルチモア響の次期音楽監督にジョナソン・ヘイワード

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。