パリ発 〓 トーマス・ヘンゲルブロックがパリ室内管の音楽監督に

2024/01/28

指揮者のトーマス・ヘンゲルブロック(Thomas Hengelbrock)がパリ室内管弦楽団(Orchestre de chambre de Paris)の音楽監督に就任することになった。音楽監督のポストは2022年9月、ラルス・フォークトが急逝した後、空席になっていた。

ヘンゲルブロックは1958年、北海に面するドイツ北部の港街で、北大西洋条約機構(NATO)の海軍基地が置かれているヴィルヘルムスハーフェン生まれの65歳。ヴァイオリン奏者として、ニコラウス・アーノンクール率いるウィーン・コンツェントゥス・ムジクスへ参加。1985年にドイツの古楽アンサンブル、フライブルク・バロック管弦楽団の設立に加わり、1997年まで指揮者を務めた。

そのかたわら、音楽と朗読、演技、舞踊など他の芸術との結合をめざし、1991年にバルタザール=ノイマン合唱団、1995年にはバルタザール=ノイマン・アンサンブルを設立、古楽演奏に積極的に取り組んできた。

また、1995年にはブレーメンを拠点とするドイツ・カンマー・フィルハーモニー管弦楽団の芸術監督に就任(ー1998)。2000年からウィーン・フォルクスオーパーの音楽監督(-2003)、2011年からはハンブルクのNDR交響楽団の首席指揮者(ー2018)を歴任している。

パリ室内管は1978年、パリ管弦楽団のコンサートマスターを務めたジャン=ピエール・ヴァレーズらによって設立され、ジャン=ジャック・カントロフ、アルミン・ジョルダン、ジョン・ネルソン、トーマス・ツェートマイヤーらが音楽監督を務めてきた。

写真:Symphonieorchester des Bayerischen Rundfunks / Astrid Ackermann


関連記事

  1. 訃報 〓 メゾ・ソプラノ(92)ヴァレンティナ・レフコ

  2. 東京発 〓 ウィーン国立歌劇場の舞台映像が初めて日本の映画館のスクリーンに

  3. ケルン発 〓 ケルン放送管の首席指揮者にフランク・ストローベル

  4. ロンドン発 〓 置き忘れたヴァイオリン、スティーブン・モリスに戻る

  5. 東京発 〓 音楽大学「上野学園大学」が来年度から学生の新規募集を停止

  6. チューリッヒ発 〓 チューリッヒ歌劇場が“週末ストリーミング”を開始

  7. ウィーン発 〓 国立バレエの芸術監督にアレッサンドラ・フェリ

  8. 東京発 〓 新日本フィルハーモニー交響楽団の次期音楽監督に佐渡裕

  9. ベルリン発 〓 コーミッシェ・オーパーの次期音楽総監督にジェームズ・ガフィガン、カペルマイスターには八嶋恵利奈

  10. ニューヨーク発 〓 カーネギーホールもワクチン接種証明の提示が必要

  11. ワシントン発 〓 ヨーヨー・マがロシア大使館前の歩道で独り演奏、ウクライナ侵略に抗議

  12. エディンバラ発 〓 エディンバラ国際フェスティバルも中止、8月開催で中止は初

  13. マルセイユ発 〓 市立歌劇場が新制作の《トスカ》をストリーミング配信

  14. ウィーン発 〓 国立歌劇場が3月第2週のストリーミングのラインナップを発表

  15. 訃報 〓 ジャンヌ・ラモン(71)カナダのヴァイオリニスト

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。