パリ発 〓 トーマス・ヘンゲルブロックがパリ室内管の音楽監督に

2024/01/28

指揮者のトーマス・ヘンゲルブロック(Thomas Hengelbrock)がパリ室内管弦楽団(Orchestre de chambre de Paris)の音楽監督に就任することになった。音楽監督のポストは2022年9月、ラルス・フォークトが急逝した後、空席になっていた。

ヘンゲルブロックは1958年、北海に面するドイツ北部の港街で、北大西洋条約機構(NATO)の海軍基地が置かれているヴィルヘルムスハーフェン生まれの65歳。ヴァイオリン奏者として、ニコラウス・アーノンクール率いるウィーン・コンツェントゥス・ムジクスへ参加。1985年にドイツの古楽アンサンブル、フライブルク・バロック管弦楽団の設立に加わり、1997年まで指揮者を務めた。

そのかたわら、音楽と朗読、演技、舞踊など他の芸術との結合をめざし、1991年にバルタザール=ノイマン合唱団、1995年にはバルタザール=ノイマン・アンサンブルを設立、古楽演奏に積極的に取り組んできた。

また、1995年にはブレーメンを拠点とするドイツ・カンマー・フィルハーモニー管弦楽団の芸術監督に就任(ー1998)。2000年からウィーン・フォルクスオーパーの音楽監督(-2003)、2011年からはハンブルクのNDR交響楽団の首席指揮者(ー2018)を歴任している。

パリ室内管は1978年、パリ管弦楽団のコンサートマスターを務めたジャン=ピエール・ヴァレーズらによって設立され、ジャン=ジャック・カントロフ、アルミン・ジョルダン、ジョン・ネルソン、トーマス・ツェートマイヤーらが音楽監督を務めてきた。

写真:Symphonieorchester des Bayerischen Rundfunks / Astrid Ackermann


関連記事

  1. シンガポール発 〓 シンガポール響がインターネットで支援の訴え

  2. ウィーン発 〓 オメール・メイア・ヴェルバーが1シーズンでフォルクスオーパーの音楽監督を退任、後任は首席客演指揮者のベン・グラスバーグ

  3. 訃報 〓 ハンス・ツェンダー(82)ドイツの指揮者、作曲家

  4. イエナ発 〓 指揮者のシモン・ガウデンツが音楽総監督を務めるイエナ・フィルとの契約を延長

  5. 東京発 〓 シュターツカペレ・ベルリンの日本ツアーで指揮者交代、バレンボイムの代役にティーレマン

  6. 台北発 〓 指揮者のエリアフ・インバルが台北市立響との契約を破棄、首席指揮者を退任

  7. シカゴ発 〓 指揮者のマリン・オールソップがラヴィニア音楽祭との契約を延長

  8. ナンシー発 〓 ロレーヌ国立オペラの次期音楽監督にポーランドの指揮者マルタ・ガルドリンスカ

  9. コペンハーゲン発 〓 ルイージが「ドイツ・グラモフォン」からニールセンの交響曲全集

  10. ザルツブルク発 〓 暴力事件で謹慎中のガーディナー、来夏のザルツブルク音楽祭で現場復帰か?

  11. 訃報 〓 佐藤しのぶ(61)日本のソプラノ歌手

  12. ベルリン発 〓 ウクライナのオデッサ・フィルがベルリン音楽祭に出演

  13. モスクワ発 〓 若手歌手のためのコンクール「オペラリア」が閉幕

  14. ライプツィヒ発 〓 ゲヴァントハウス管が夏の音楽祭

  15. エクス=アン=プロヴァンス発 〓 エクス=アン=プロヴァンス音楽祭が総監督のピエール・アウディとの契約を延長

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。