訃報 〓 マルティン・トゥルノフスキー(92)チェコ出身の指揮者

2021/05/21
【最終更新日】2023/02/06

チェコ出身の指揮者マルティン・トゥルノフスキー(Martin Turnovsky)が5月19日、ウィーンの自宅で亡くなった。92歳だった。チェコの戦後世代で属望を嘱望された指揮者の一人だったが、1968年の「プラハの春」事件を期にオーストリアに亡命、ウィーンを拠点に国際的に活躍した。

プラハの生まれで、プラハ音楽院でカレル・アンチェルに師事。卒業と同時にプラハ交響楽団を指揮してデビューした。1956年にザルツブルグでジョージ・セルから指揮の指導を受け、1958年に若手指揮者の登竜門として知られるフランスのブザンソン国際指揮者コンクールで優勝、その後、ブルノ国立フィルハーモニー管弦楽団の常任指揮者に迎えられた。

1963年、ピルゼン放送交響楽団の首席指揮者に就任。チェコ・フィルハーモニー管弦楽団などに客演を続けて名声を確立。1966年には30代の若さで東ドイツのドレスデン国立歌劇場の音楽総監督に抜擢されたが、1968年にチェコ・スロヴァキアの民主化を阻止するため旧ソ連軍とワルシャワ条約機構軍がチェコ領内に進攻した「プラハの春」事件でオーストリアに亡命した。

その後、1975年からノルウェー国立オペラの音楽監督(-1980)、1979年からはドイツのボン市立歌劇場の音楽総監督(-1983)を歴任。1989年に母国チェコが民主化されると、旧東欧圏の主要歌劇場やオーケストラへの客演が再開され、1992年にはプラハ交響楽団の首席指揮者に迎えられた他、世界各地のオーケストラに客演を続けた。

日本では1970年代後半以後、東京都交響楽団、京都市交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、大阪センチュリー交響楽団などに客演。1995年に初めて客演した群馬交響楽団では、1998年から首席客演指揮者を務め、2017年からは名誉指揮者を務めていた。

写真:bach-cantatas.com


関連記事

  1. ヴァレンシア発 〓 ソフィア王妃芸術宮殿が《蝶々夫人》をストリーミング配信

  2. ウィーン発 〓 グルベローヴァの遺品がオンライン・オークションに

  3. マグデブルク発 〓 主役歌手二人のキャンセルでマグデブルク劇場が公演さしかえ

  4. ベルリン発 〓 ウクライナのオデッサ・フィルがベルリン音楽祭に出演

  5. パリ発 〓 演出家のオリヴィエ・ピィがシャトレ座の支配人に就任

  6. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場の新しい《指環》に暗雲、共同制作のイングリッシュ・ナショナル・オペラへの助成削減で

  7. ハイファ発 〓 ハイファ交響楽団の次期音楽監督にヨエル・レヴィ

  8. ドレスデン発 〓 ザクセン州立歌劇場が新制作《カプリッチョ》をストリーミングへ、指揮はティーレマン

  9. 訃報 〓 ヴォルフガング・ベッチャー(86)ドイツのチェロ奏者・ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の元首席奏者

  10. パリ発 〓 国立オペラがバスティーユ歌劇場に作曲家サーリアホの記念スペース

  11. ロンドン発 〓 「最も忙しい指揮者」はネルソンス、クラシック統計ランキングで

  12. ラハティ発 〓 ダリア・スタセヴスカがラハティ響の首席指揮者に

  13. パリ発 〓 マケラ&パリ管、録音第1弾、第2弾にストラヴィンスキーのバレエ音楽

  14. 東京発 〓 都響が2024年度楽季の公演ラインナップを発表

  15. サンクト・ペテルブルク発 〓 セーゲルスタムがサンクトペテルブルク響の首席客演指揮者に

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。