東京発 〓 東フィルが2024シーズンのラインナップを発表

2023/12/24

東京フィルハーモニー交響楽団(Tokyo Philharmonic Orchestra)が2024シーズン(2024年1月ー12月)のラインナップを発表した。定期公演は8回で、名誉音楽監督のチョン・ミョンフン、首席指揮者のアンドレア・バッティストーニ、特別客演指揮者のミハイル・プレトニョフに加え、桂冠指揮者のダン・エッティンガーと2021年のハチャトゥリアン国際指揮者コンクールで優勝した出口大地が指揮台に立つ。

開幕公演となる1月の公演に登場するのはプレトニョフで(1月23日・1月25日・1月28日)、今回は北欧プログラム。シベリウスの交響曲第2番をメインに据えたプログラムで登場、グリーグのピアノ協奏曲のソリストには、2021年のショパン国際ピアノ・コンクールで第3位を獲得したマルティン・ガルシア・ガルシアを迎える。

続いて、2月公演(2月22日・25日・27日)を手掛けるのはチョン。2024シーズンで最多の3回の公演の指揮台に上がるが、2月はベートーヴェンの交響曲第6番《田園》とストラヴィンスキーのバレエ音楽《春の祭典》の組み合わせ。チョンは続いて6月公演(6月23日・24日・26日)で、メシアンの《トゥランガリーラ交響曲》を指揮する。

チョンはその後、9月公演(9月15日・17日・19日)を指揮、演奏会形式でヴェルディの歌劇《マクベス》を取り上げる。マクベス役にセバスティアン・カターナ、マクベス夫人にヴィットリア・イェオ、バンクォーはアレックス・エスポージト、マクダフにはステファノ・セッコが起用されている。

首席指揮者のバッティストーニは、3月と11月公演を手掛ける。3月公演(3月10日・13日・15日)は、レスピーギの《リュートのための古風な舞曲とアリア》第2組曲とオルフの世俗カンタータ「カルミナ・ブラーナ」を組み合わせている。また、11月公演(11月13日・17日・19日)ではマーラーの交響曲第7番。東フィルとはこれまで、1、5、8番の交響曲を取り上げており、それに続く第4弾。

一方、エッティンガーは7月公演(7月24日・28日・29日)を受け持つ。定期公演を指揮するのは10年ぶりで、気鋭のピアニスト阪田知樹をソリストに起用したモーツァルトのピアノ協奏曲第20番、それにブルックナーの交響曲第4番《ロマンティック》を組み合わせたプログラムを指揮する。

また、出口は10月公演(10月17日・18日・20日)を担当。コンクリール優勝後、2022年の定期演奏会にハチャトゥリアン・プログラムを引っ提げて登場、日本デビューを果たすなど東フィルとは縁が深く、今回はハチャトゥリアンに加え、トルコのピアニストで作曲家のファジル・サイのヴァイオリン協奏曲《ハーレムの千一夜》を指揮する。ヴァイオリンの独奏は服部百音。

写真:Staatskapelle Dresden


  もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ミラノ発 〓 スカラ座が恒例の12月7日の開幕を断念

  2. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場が“Nightly Met Opera Streams”の第11週、第12週のラインナップ発表

  3. トロント発 〓 カナダ国立バレエ団が元バレリーナのマリア・セレツカヤを常任指揮者に

  4. 訃報 〓 ユルゲン・フリム(81)ドイツの演出家

  5. ウィーン発 〓 国立歌劇場の世界初演《オルランド》で演出家が交代

  6. クラスノヤルスク発 〓 トレチャコフ国際ヴァイオリン・コンクール、1位はドガーディン、2位に北川

  7. ロサンゼルス発 〓 グラミー賞授賞式は3月に、アカデミー賞に続いて延期

  8. ジェノヴァ発 〓 第56回「パガニーニ国際ヴァイオリン・コンクール」でイタリアのジュゼッペ・ギボーニが優勝

  9. 訃報 〓 ジョン・キンセラ(89)アイルランドの作曲家

  10. ロサンゼルス発 〓 映画『007 ノー・タイム・トゥ・ダイ』の作曲家が降板、後任になんとハンス・ジマー

  11. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場がオーケストラとの労働協定で合意、開幕公演までに合意を記念する特別コンサートも

  12. ハノーファー発 〓 アンドルー・マンゼが北ドイツ放送フィルハーモニー管弦楽団との契約を更改

  13. パリ発 〓 ヴァイオリニストのルノー・カプソンに所得の過少申告で有罪判決

  14. ウィーン発 〓 国立歌劇場の「オーパンバル」は2022年も中止決まる、新型コロナの収束見通せず

  15. ロンドン発 〓 ロイヤル・オペラが新シーズンの公演ラインナップを発表、音楽監督パッパーノは最後のシーズンで新制作の《ニーベルングの指環》を指揮

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。