東京発 〓 東フィルが2024シーズンのラインナップを発表

2023/12/24

東京フィルハーモニー交響楽団(Tokyo Philharmonic Orchestra)が2024シーズン(2024年1月ー12月)のラインナップを発表した。定期公演は8回で、名誉音楽監督のチョン・ミョンフン、首席指揮者のアンドレア・バッティストーニ、特別客演指揮者のミハイル・プレトニョフに加え、桂冠指揮者のダン・エッティンガーと2021年のハチャトゥリアン国際指揮者コンクールで優勝した出口大地が指揮台に立つ。

開幕公演となる1月の公演に登場するのはプレトニョフで(1月23日・1月25日・1月28日)、今回は北欧プログラム。シベリウスの交響曲第2番をメインに据えたプログラムで登場、グリーグのピアノ協奏曲のソリストには、2021年のショパン国際ピアノ・コンクールで第3位を獲得したマルティン・ガルシア・ガルシアを迎える。

続いて、2月公演(2月22日・25日・27日)を手掛けるのはチョン。2024シーズンで最多の3回の公演の指揮台に上がるが、2月はベートーヴェンの交響曲第6番《田園》とストラヴィンスキーのバレエ音楽《春の祭典》の組み合わせ。チョンは続いて6月公演(6月23日・24日・26日)で、メシアンの《トゥランガリーラ交響曲》を指揮する。

チョンはその後、9月公演(9月15日・17日・19日)を指揮、演奏会形式でヴェルディの歌劇《マクベス》を取り上げる。マクベス役にセバスティアン・カターナ、マクベス夫人にヴィットリア・イェオ、バンクォーはアレックス・エスポージト、マクダフにはステファノ・セッコが起用されている。

首席指揮者のバッティストーニは、3月と11月公演を手掛ける。3月公演(3月10日・13日・15日)は、レスピーギの《リュートのための古風な舞曲とアリア》第2組曲とオルフの世俗カンタータ「カルミナ・ブラーナ」を組み合わせている。また、11月公演(11月13日・17日・19日)ではマーラーの交響曲第7番。東フィルとはこれまで、1、5、8番の交響曲を取り上げており、それに続く第4弾。

一方、エッティンガーは7月公演(7月24日・28日・29日)を受け持つ。定期公演を指揮するのは10年ぶりで、気鋭のピアニスト阪田知樹をソリストに起用したモーツァルトのピアノ協奏曲第20番、それにブルックナーの交響曲第4番《ロマンティック》を組み合わせたプログラムを指揮する。

また、出口は10月公演(10月17日・18日・20日)を担当。コンクリール優勝後、2022年の定期演奏会にハチャトゥリアン・プログラムを引っ提げて登場、日本デビューを果たすなど東フィルとは縁が深く、今回はハチャトゥリアンに加え、トルコのピアニストで作曲家のファジル・サイのヴァイオリン協奏曲《ハーレムの千一夜》を指揮する。ヴァイオリンの独奏は服部百音。

写真:Staatskapelle Dresden


  もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ライプツィヒ発 〓 ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団が5月の「マーラー・フェスティバル」を2023年に延期

  2. モスクワ発 〓 ヴァシリー・ペトレンコがスヴェトラーノフ記念ロシア国立響の芸術監督に

  3. デュッセルドルフ発 〓 ライン・ドイツ・オペラが新シーズン、2022/2023シーズンの公演ラインナップを発表

  4. ロサンゼルス発 〓 2020/2021シーズンの公演ラインナップを発表

  5. ロンドン発 〓 クラシック音楽雑誌「グラモフォン」が年度賞「グラモフォン・アワード」を発表

  6. 横浜発 〓 神奈川フィルが創立50周年

  7. ウィーン発 〓 「ヘルムート・ドイチュ国際歌曲コンクール」でテノールの尼子広志が優勝

  8. アムステルダム発 〓 オランダ政府がロックダウンを延長、2022年1月14日まで

  9. 訃報 〓 アレクサンドル・ヴスティン(77)ロシアの作曲家

  10. 訃報 〓 エリン・ウォール(44)カナダのソプラノ歌手

  11. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場が2025年から新制作の「リング・チクルス」を上演

  12. ウィーン発 〓 ウィーン国立歌劇場管のコンサートマスターにフョードル・ルディン

  13. ウィーン発 〓 作曲家のオルガ・ノイヴィルトにオーストリア政府が科学・芸術名誉十字章

  14. 訃報 〓 テレサ・ツィリス=ガラ(91)ポーランド出身のソプラノ歌手

  15. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場が2019/2020シーズンの残りの公演をすべてキャンセル

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。