ロンドン発 〓 フィルハーモニア管の次期首席指揮者にサントゥ=マティアス・ロウヴァリ

2019/05/27

フィルハーモニア管弦楽団の次期首席指揮者がフィンランドの指揮者サントゥ=マティアス・ロウヴァリ(Santtu-Matias Rouvali)に決まった。エサ=ペッカ・サロネンの後任で、ロンドンを拠点とするオーケストラの首席指揮者としては最年少での就任という。任期は2021/2022シーズンからで契約は5年。

1985年、ラハティに生まれの33歳。父はクラリネット奏者、母はヴァイオリン奏者という家庭に育ち、ラハティ音楽院、シベリウス音楽院で打楽器を学んだ。その後、指揮者に転身。ハンヌ・リントゥ、ヨルマ・パヌラ、レイフ・セーゲルスタムの下で研鑽を積み、2009年にフィンランド放送交響楽団を指揮してプロ・デビューを果たした。

その後、2013年からタンペレ・フィルハーモニー管弦楽団の芸術監督兼首席指揮者、コペンハーゲン・フィルハーモニー管弦楽団の首席客演指揮者。2017年からはエーテボリ交響楽団の首席指揮者を務めている。

写真:The Philharmonia Orchestra


    もっと詳しく ▷



関連記事

  1. ブリュッセル発 〓 エリザベート王妃国際音楽コンクールのバイオリン部門はステラ・チェンが優勝

  2. ベルリン発 〓 ベルリン・ドイツ響の新しいコンサート・マスターにマリーナ・グローマン

  3. ブラティスラヴァ発 〓 スロヴァキア国立劇場の音楽監督が交代

  4. パリ発 〓 新しい“リング”含め、パリ国立オペラが2019/2020シーズンの公演ラインナップを発表

  5. サンクトペテルブルク発 〓 デュトワがサンクトペテルブルク・フィルハーモニー交響楽団の首席客演指揮者に

  6. ストックホルム発 〓 バリトンのハーゲゴールにセクハラ疑惑、役職辞任

  7. ミネアポリス発 〓 オスモ・ヴァンスカがミネソタ管の音楽監督を退任

  8. テルアビブ発 〓 ワーグナーの音楽を放送したラジオ局が謝罪

  9. ウィーン発 〓 国立歌劇場が2018/2019シーズンのラインナップを発表

  10. ベルリン発 〓 演出家のバリー・コスキーが契約延長せず

  11. エディンバラ国際フェスティバル 〓 2018年のプログラムを発表

  12. ガーシントン・オペラ 〓 2019年のスケジュールを発表

  13. ロンドン発 〓 グラモフォン・アワード2018決定

  14. パリ発 〓 フランス放送フィルのコンサートマスターに韓国出身のパク・ジユン

  15. グラインドボーン音楽祭 〓 総監督のセバスチャン・シュワルツが辞任

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。