ロンドン発 〓 フィルハーモニア管の次期首席指揮者にサントゥ=マティアス・ロウヴァリ

2019/05/27

フィルハーモニア管弦楽団の次期首席指揮者がフィンランドの指揮者サントゥ=マティアス・ロウヴァリ(Santtu-Matias Rouvali)に決まった。エサ=ペッカ・サロネンの後任で、ロンドンを拠点とするオーケストラの首席指揮者としては最年少での就任という。任期は2021/2022シーズンからで契約は5年。

1985年、ラハティに生まれの33歳。父はクラリネット奏者、母はヴァイオリン奏者という家庭に育ち、ラハティ音楽院、シベリウス音楽院で打楽器を学んだ。その後、指揮者に転身。ハンヌ・リントゥ、ヨルマ・パヌラ、レイフ・セーゲルスタムの下で研鑽を積み、2009年にフィンランド放送交響楽団を指揮してプロ・デビューを果たした。

その後、2013年からタンペレ・フィルハーモニー管弦楽団の芸術監督兼首席指揮者、コペンハーゲン・フィルハーモニー管弦楽団の首席客演指揮者。2017年からはエーテボリ交響楽団の首席指揮者を務めている。

写真:The Philharmonia Orchestra


    もっと詳しく ▷



関連記事

  1. ビーゴ発 〓 2019年の第3回コンクールは“アルゲリッチ・エディション”

  2. マドリード発 〓 テアトロ・レアルが2018/2019シーズンのラインナップ発表

  3. バルセロナ発 〓 バルセロナ交響楽団、2018/2019シーズンのコンサート・スケジュールを発表

  4. リーズ発 〓 国際ピアノ・コンクールが閉幕

  5. リッチモンド発 〓 次回のメニューイン・コンクールの審査委員長はパメラ・フランク

  6. ベルリン発 〓 ベルリン・ドイツ響の新しいコンサート・マスターにマリーナ・グローマン

  7. サンディエゴ発 〓 エド・デ・ワールトがサンディエゴ響の首席客演指揮者に

  8. カルガリー発 〓 第9回「ホーネンス国際ピアノコンクール」が終了

  9. シカゴ発 〓 リリック・オペラのストライキが収束へ

  10. パリ発 〓 シャンゼリゼ劇場が2019/2020シーズンの公演ラインナップを発表

  11. キール発 〓 キール歌劇場の音楽総監督にベンジャミン・ライナー

  12. ストックホルム発 〓 2018年の「ビルギット・ニルソン賞」はシュテンメに

  13. BBCプロムス 〓 公演DVD発売:ゲルギエフ & ミュンヘン・フィル

  14. 訃報 〓 イタリアのテノール歌手、ウンベルト・ボルソ

  15. ベルリン発 〓 ベルリンの7つのオーケストラが史上初の合同演奏会

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。