ソウル発 〓 空席だったKBS交響楽団の首席指揮者にピエタリ・インキネン

2021/05/12
【最終更新日】2021/05/13

韓国のKBS交響楽団がフィンランドの指揮者ピエタリ・インキネン(Pietari Inkinen)を首席指揮者兼音楽監督に迎えると発表した。任期は2022年1月1日から3年。首席指揮者のポストはヨエル・レヴィ(Yoel Levi)が退任後、空席になっていた。

インキネンはフィンランド・コウヴォラ生まれの41歳。4歳からヴァイオリンを始め、シベリウス音楽院でヴァイオリンの他に指揮法を、ヨルマ・パヌラ、レイフ・セーゲルスタム、アッツォ・アルミラらから学んだ。また、ザハール・ブロンにも師事。第8回「国際シベリウス・ヴァイオリン・コンクール」では第4位を獲得している。

その後、指揮者に転身。ニュージーランド交響楽団の音楽監督(2008 – 2016)を務めた後、2015年にプラハ交響楽団の首席指揮者に就任。2016年からは日本フィルハーモニー交響楽団の首席指揮者、2017年からはドイツのザールブリュッケン・カイザースラウテルン・ドイツ放送フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者も務めている。

また、2019年には、2020年のバイロイト音楽祭で新制作されるワーグナー《ニーベルングの指環》4部作の指揮者に抜擢されて話題を集めた。2020年は新型コロナウイルスの感染拡大での音楽祭が中止され、仕切り直しとなる2022年に新しい4部作の指揮を担う。

KBS交響には2006年、2008年、2020年に客演。今年12月24日にはベートーヴェンの交響曲第9番を指揮する予定。

写真:IMG Artists / Mechthild Schneider


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. 東京発 〓 ウィーン国立歌劇場の日本公演の延期決まる

  2. ロンドン発 〓 置き忘れたヴァイオリン、スティーブン・モリスに戻る

  3. 大阪発 〓 久石譲が日本センチュリー交響楽団の首席客演指揮者に

  4. パレルモ発 〓 ムーティが50年ぶりにマッシモ劇場管弦楽団の指揮台に

  5. トゥールーズ発 〓 キャピトル国立管が音楽監督を辞任したトゥガン・ソヒエフに「名誉指揮者」の称号

  6. ロサンゼルス発 〓 Netflixがバーンスタインを描いた映画『Bernstein』の製作に参加

  7. アスペン発 〓 アスペン音楽祭、グリマーグラス・フェスティバルも中止

  8. オスロ発 〓 クラウス・マケラが3月、オスロ・フィルとのシベリウス全集でレコード・デビュー

  9. クリーブランド発 〓 空席のコンサートマスターのポジションめぐり、クリーブランド管弦楽団がオーディション

  10. ロンドン発 〓 イングリッシュ・ナショナル・オペラが5年かけ、新しい《ニーベルングの指環》

  11. 東京発 〓 第32回「高松宮殿下記念世界文化賞」、音楽部門はチェロのヨーヨー・マ

  12. クリーブランド発 〓 クリーブランド管弦楽団がヨーロッパ・ツアーを中止

  13. ユトレヒト発 〓 第12回「フランツ・リスト国際ピアノ・コンクール」で日本の黒木雪音が優勝

  14. クラクフ発 〓 ジョルディ・サヴァール一行がポーランドで新型コロナウイルスに感染

  15. サンクト・ペテルブルク発 〓 ゲルギエフが本拠地マリインスキー劇場に復帰、続いてモスクワで《ニーベルングの指環》

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。