ソウル発 〓 空席だったKBS交響楽団の首席指揮者にピエタリ・インキネン

2021/05/12
【最終更新日】2021/05/13

韓国のKBS交響楽団がフィンランドの指揮者ピエタリ・インキネン(Pietari Inkinen)を首席指揮者兼音楽監督に迎えると発表した。任期は2022年1月1日から3年。首席指揮者のポストはヨエル・レヴィ(Yoel Levi)が退任後、空席になっていた。

インキネンはフィンランド・コウヴォラ生まれの41歳。4歳からヴァイオリンを始め、シベリウス音楽院でヴァイオリンの他に指揮法を、ヨルマ・パヌラ、レイフ・セーゲルスタム、アッツォ・アルミラらから学んだ。また、ザハール・ブロンにも師事。第8回「国際シベリウス・ヴァイオリン・コンクール」では第4位を獲得している。

その後、指揮者に転身。ニュージーランド交響楽団の音楽監督(2008 – 2016)を務めた後、2015年にプラハ交響楽団の首席指揮者に就任。2016年からは日本フィルハーモニー交響楽団の首席指揮者、2017年からはドイツのザールブリュッケン・カイザースラウテルン・ドイツ放送フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者も務めている。

また、2019年には、2020年のバイロイト音楽祭で新制作されるワーグナー《ニーベルングの指環》4部作の指揮者に抜擢されて話題を集めた。2020年は新型コロナウイルスの感染拡大での音楽祭が中止され、仕切り直しとなる2022年に新しい4部作の指揮を担う。

KBS交響には2006年、2008年、2020年に客演。今年12月24日にはベートーヴェンの交響曲第9番を指揮する予定。

写真:IMG Artists / Mechthild Schneider


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. 北京発 〓 フィラデルフィア管が中国国際音楽コンクールのレジデント・オーケストラに

  2. 東京発 〓 NHK交響楽団がパーヴォ・ヤルヴィとの契約を延長

  3. ピアチェンツァ発 〓 市立劇場が5月16日の再開場を発表、ドミンゴ、ムーティの出演続く

  4. マルセイユ発 〓 マルセイユ・オペラの次期音楽監督にイタリアの指揮者ミケーレ・スポッティ

  5. ライプツィヒ発 〓 市立歌劇場の次期音楽総監督にクロアチアのイヴァン・レプシッチ

  6. フランクフルト発 〓 ジョナサン・ノットがユンゲ・ドイチェ・フィルとの契約を延長

  7. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルが11月の米国ツアー中止を発表

  8. サヴォンリンナ発 〓 フィンランド政府が500人を超えるイベントを禁止、サヴォンリンナ・オペラ・フェスティバルは中止に

  9. マイニンゲン発 〓 州立劇場の次期音楽総監督は初のアルランド人、キリアン・ファレル

  10. ロサンゼルス発 〓 ロサンゼルス・オペラが届かない舞台装置を急きょ自作、2021/2022シーズンは予定通りの開幕

  11. 東京発 〓 ドミンゴが東京五輪イベントへの出演を辞退

  12. ミュンヘン発 〓 ミュンヘンに新ホール、バイエルン放送交響楽団の本拠地に

  13. シカゴ発 〓 音楽監督の報酬、全米一位はシカゴ交響楽団のムーティ

  14. 訃報 〓 ヴィアチェスラフ・オフチニコフ(82)ロシアの作曲家、指揮者

  15. ブリュッセル発 〓 エリザベート国際コンクールのヴァイオリン部門で、ウクライナのドミトロ・ウドヴィチェンコが優勝

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。