サンディエゴ発 〓 指揮者ラファエル・パヤーレがサンディエゴ響との契約を更新

2020/10/31
【最終更新日】2021/08/10

ベネズエラの指揮者ラファエル・パヤーレ(Rafael Payare)が米国のサンディエゴ交響楽団(San Diego Symphony Orchestra)との契約を延長した。パヤーレは2019/2020シーズンから音楽監督を務めており、契約の延長で任期は2025/2026シーズンまで延びる。

パヤーレはプエルト・ラ・クルス生まれの40歳。ベネズエラの音楽教育システム「エル・システマ」でフレンチ・ホルンを学び、シモン・ボリバル交響楽団のメンバーとなった。その後、2004年からホセ・アントニオ・アブレウ博士の元で正式に指揮者としての勉強を始めた。

指揮者に転身してからは、クラウディオ・アバド、グスターボ・ドゥダメルのアシスタント指揮者を経て、ルツェルンでベルナルド・ハイティンクの指揮マスタークラスに参加。コペンハーゲンで行われている2012年のマルコ国際指揮者コンクールで優勝した。

その後、2014年に北アイルランドのアルスター管弦楽団の首席指揮者・音楽監督に就任(-2019)。2015年には、前年に亡くなったロリン・マゼールの代役としてウィーン・フィルハーモニー管弦楽団を指揮して注目を集め、マゼールが行っていたキャッスルトン音楽祭の首席指揮者に就任した。

写真:Nordic Artists Management


関連記事

  1. ベルリン発 〓 第2回「オーパス・クラシック賞」決まる

  2. クラクフ発 〓 ジョルディ・サヴァール一行がポーランドで新型コロナウイルスに感染

  3. ウィーン発 〓 シェーンブルン宮殿のサマー・ナイト・コンサートを9月に延期、ウィーン・フィル

  4. 東京発 〓 第19回「東京国際音楽コンクール」はブラジルのジョゼ・ソアーレスが優勝

  5. デモイン発 〓 大ベテラン、サイモン・エステスがオペラからの引退を発表

  6. プラハ発 〓 国立歌劇場の音楽監督にカール・ハインツ・シュテフェンス

  7. ウィーン発 〓 来年の「ニューイヤー・コンサート」、無観客も検討

  8. 訃報 〓 ヴィアチェスラフ・オフチニコフ(82)ロシアの作曲家、指揮者

  9. アムステルダム発 〓 指揮者のエド・デ・ワールトが引退を発表

  10. ワルシャワ発 〓 第18回ショパン国際ピアノ・コンクールは来年開催へ

  11. シンシナティ発 〓 吉田文がツェムリンスキー賞を受賞

  12. ニューヨーク発 〓 カーネギーホールもワクチン接種証明の提示が必要

  13. ローザンヌ発 〓 ローザンヌ歌劇場が2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  14. ベルリン発 〓 ベルリン放送響の首席客演指揮者にカリーナ・カネラキス

  15. チューリッヒ発 〓 チューリッヒ歌劇場が2023/2024シーズンの公演ラインナップを発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。