ウィーン発 〓 国立歌劇場が8日に再開場

2020/06/03

ウィーン国立歌劇場(Wiener Staatsoper)が3日、8日に再開場することを発表した。

オーストリア政府の規制に沿って、当面は聴衆が100人だけの声楽のリサイタル・シリーズを行う。しかし、出演陣は少人数で楽しむのがもったい顔ぶれで、そこはウィーン国立歌劇場の貫禄。

スケジュール、出演者は以下の通り。

 8日:ギュンター・グロイスベック

 11日:トマス・コニエチュニー

 15日:カミッラ・ニールンド

 18日:ミハエル・シャーデ

 20日;ファン・ディエゴ・フローレス

 25日:クラッシミラ・ストヤノヴァ

写真:Wiener Staatsoper


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. パリ発 〓 終わらない国立オペラのストライキ、新制作の《マノン》の上演も断念

  2. グラフェネック発 〓 乗馬学校を「ルドルフ・ブッフビンダー・ホール」に改修、グラフェネック音楽祭に第3のホール

  3. ブレゲンツ音楽祭 〓 2022年の公演ラインナップを発表、湖上ステージの《蝶々夫人》以外に《アルジェのイタリア女》、《アルミーダ》、《シベリア》を上演

  4. ルクセンブルク発 〓 ルクセンブルク市立大劇場が2021/2022シーズンの公演ラインナップを発表

  5. フィレンツェ発 〓 フィレンツェ5月音楽祭の新しい音楽監督にダニエレ・ガッティ

  6. ハンブルク発 〓 新しい「アルゲリッチ音楽祭」でデュトワはドイツに復帰

  7. ロンドン発 〓 英国はイングランドでロックダウン、劇場も閉鎖

  8. ミラノ発 〓 スカラ座が新制作の《サロメ》をストリーミング配信

  9. パリ発 〓 パリ国立オペラのトップ交代は9月に前倒し

  10. 台北発 〓 準・メルクルが台湾の国家交響楽団の芸術顧問に

  11. ウィーン発 〓 楽友協会がウィーン・フィルのコンサート・スケジュールを発表

  12. ダラス発 〓 ダラス交響楽団が首席客演指揮者にジェンマ・ニュー

  13. ペーネミュンデ発 〓 ニューヨーク・フィルが新型コロナの世界的流行以来初の海外公演、ドイツ・ウーゼドム音楽祭に客演

  14. グラーツ発 〓 ローランド・クルティヒがグラーツ歌劇場の音楽総監督退任へ

  15. パンプローナ発 〓 ナヴァラ響の次期首席指揮者に香港出身のペリー・ソー

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。