ミュンヘン発 〓 ミュンヘン国際音楽コンクールのヴァイオリン部門で、岡本誠司が優勝

2021/09/13

ドイツ・ミュンヘンで行われている第70回ミュンヘン国際音楽コンクール(Internationaler Musikwettbewerb der ARD)のヴァイオリン部門で、日本の岡本誠司(Seiji Okamoto)が優勝した。2位はロシアのドミトリ・スミルノフ、3位はルーマニアのアレクサンドラ・ティルス。

岡本は千葉県市川市生まれの27歳。東京芸術大学卒業後、ベルリンのハンス・アイスラー音楽大学の大学院を修了。2014年のバッハ国際コンクール(ドイツ)で優勝。2016年のヴィエニャフスキ国際コンクール(ポーランド)で第2位を獲得、2019年のエリザベート王妃国際音楽コンクール(ベルギー)のファイナリスト。

コンクールはドイツ公共放送連盟(ARD)主催で、1952年の創設。若手音楽家の登竜門として知られ、国際コンクールの中でも最も権威のあるコンクールとされる。年によって審査部門が変わるのが特徴で、第70回の今回は、ヴァイオリン、声楽、ホルン、ピアノ・デュオの4部門が対象。

声楽部門はロシアのアナスタシア・タラトルキナ、ホルン部門はスイスのパスカル・デュバー、ピアノ・デュオ部門はフランスのガイスター・デュオが優勝。ピアノ・デュオ部門では、福岡市出身でドイツ・ロストク在住の坂本彩(28)、リサ(26)姉妹が3位に入賞、聴衆賞を獲得している。

写真:Internationaler Musikwettbewerb der ARD


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ノボシビルスク発 〓 ネトレプコのロシアでの公演中止へ、戦争批判声明への“報復”か?

  2. チューリッヒ発 〓 世界的な「ロシア・ボイコット」の広がりで、ロシア・ナショナル響のスイス・ツアーは中止に

  3. バイロイト発 〓 バイロイト音楽祭が中止を発表、開幕延期はかなわず

  4. ベルリン発 〓 バレンボイムがベルリン州立オペラの音楽監督を退任

  5. リンツ発 〓 リンツ・ブルックナー管弦楽団の首席客演指揮者にリトアニア出身の若手女流指揮者ギールデ・シュレカイテ

  6. ベルリン発 〓 バレンボイム入院長引き、5月のウェスト=イースタン・ディヴァン管のツアーの指揮をキャンセル

  7. ライプツィヒ発 〓 ライプツィヒ歌劇場が《チェネレントラ》をストリーミング配信

  8. 東京発 〓 第19回「東京国際音楽コンクール」はブラジルのジョゼ・ソアーレスが優勝

  9. エアフルト発 〓 ドイツのエアフルト・フィルハーモニー管弦楽団が次期音楽監督にアレクサンダー・プライアー

  10. 東京発 〓 新国立劇場が2022/2023シーズンの新制作、ムソルグスキー《ボリス・ゴドノフ》を無料ストリーミング配信

  11. バレンシア発 〓 ビオンディがソフィア王妃芸術宮殿の音楽監督を辞任

  12. ローマ発 〓 フィレンツェ歌劇場の総裁に就任したばかりのカルロ・フォルテスに対し、労働安全規則違反で16カ月の実刑判決

  13. ブダペスト発 〓 イシュトヴァーン・ヴァルダイがフランツ・リスト室内管の芸術監督に

  14. リエージュ発 〓 指揮者のスペランツァ・スカップッチがワロン王立オペラの音楽監督を退任

  15. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルが5月1日に恒例の「ヨーロッパ・コンサート」

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。