パリ発 〓 パリ国立オペラのトップ交代は9月に前倒し

2020/08/27

総裁交代を前倒しで−。フランス文化省が26日、ステファン・リスナー(Stephane Lissner)総裁が月末に辞任することを発表した。後任に決定しているアレクサンドル・ニーフ(Alexander Neef)が予定より早く、2020年9月1日から就任することも明らかにした。

リスナーは現在、67歳。総裁に就任したのは2014年で、任期は2021年の夏まである。しかし、2021年1月1日からナポリのサンカルロ劇場の芸術監督に就任することが決まっていること、昨年末からのゼネストやコロナ禍でパリ国立オペラが活動休止状態にあることもあり、6月の時点で前倒しのバトンタッチを政府に申し出ていた。

カナディアン・オペラ・カンパニーの総監督を2008年から務めるニーフはドイツ生まれの46歳。エバーハルト・カール大学テュービンゲン卒業後、ザルツブルク音楽祭の“中興の祖”と知られるジェラール・モルティエに見出されて制作チームに加わってオペラ界で活動をスタートさせた。

その後、ザルツブルク音楽祭、パリ国立オペラ、ルール・トリエンナーレ、ニューヨーク・シティ・オペラでプロダクション・マネージャーなどを歴任。カナディアン・オペラ・カンパニーの総監督は2020/2021シーズンを最後に離任することが決まっている。

パリ国立オペラのストとコロナ禍による損失は、4,500万ユーロ(約56億5,000万円)に上っており、ニーフは就任早々、活動の正常化、巨額赤字の解消という難問に取り組みことになる。

写真:Teatro di San Carlo


関連記事

  1. ミュンヘン発 〓 ヤンソンス追悼演奏会はメータが指揮

  2. ベルゲン発 〓 ベルゲン・フィルがオンライン音楽祭「ウィンターメッツォ」をスタート

  3. ロサンゼルス発 〓 夏の風物詩「ハリウッドボウル」も開催中止

  4. ロサンゼルス発 〓 ドゥダメルがロサンゼルス・フィルとの契約を延長

  5. ピアチェンツァ発 〓 市立劇場が5月16日の再開場を発表、ドミンゴ、ムーティの出演続く

  6. 訃報 〓 ジェームズ・レヴァイン, 米国の指揮者

  7. リエージュ発 〓 ワロン王立歌劇場が「Opera at Home」というストリーミング配信をスタート

  8. ウィーン発 〓 ウィーン国立歌劇場が4月後半のストリーミング配信のラインナップを発表

  9. バンプトン・クラシカル・オペラ 〓 2021年はグルックの《ラ・コロナ》と《パリスとヘレネー》を上演

  10. ウィーン発 〓 国立歌劇場の字幕サービスに中国語とスペイン語

  11. 訃報 〓 リン・ハレル, 米国のチェロ奏者

  12. クリーブランド発 〓 フランツ・ウェルザー=メストがクリーブランド管との契約を延長

  13. フィレンツェ発 〓 フィレンツェ歌劇場が新制作の《リゴレット》をライブ・ストリーミング、ヌッチ、カマレナ出演

  14. 訃報 〓 ジョン・ジョージアディス, 英国の指揮者・ヴァイオリニスト

  15. コブレンツ発 〓 指揮者ギャリー・ウォーカーが今シーズン限りでライン州立フィルハーモニー管の首席指揮者を退任

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。