イスタンブール発 〓 パトリック・ハーンがトルコのボルサン・イスタンブール・フィルハーモニー管弦楽団の次期芸術顧問兼首席客演指揮者に

2021/04/21

トルコのボルサン・イスタンブール・フィルハーモニー管弦楽団(BIPO)が次期芸術顧問兼首席客演指揮者にオーストリアの指揮者パトリック・ハーン(Patrick Hahn)を迎えると発表した。2008年から2020年までその任にあったサッシャ・ゲッツェルの後任で、任期は2021/22シーズンから2シーズン。

ハーンはオーストリア・グラーツ生まれの25歳。若くして各地のオーケストラ、歌劇場に客演を重ねており、2021/2022シーズンからはブッパータール市の音楽総監督に務めており、ドイツで最も若い音楽総監督として今後の活躍が期待されている。

ボルサン・イスタンブール・フィルは1993年、トルコ有数の企業グループ「ボルサン・グループ」によって室内管弦楽団として発足、1999年にフル・オーケストラに再編されてトルコを代表するオーケストラに成長、注目を集めるようになっている。

写真:Wiener Symphoniker


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ハンブルク発 〓 ハンブルク・バレエ団がマカオ公演をキャンセル

  2. 北九州 〓 ウィーン・フィルの日本ツアーがスタート

  3. 訃報 〓 ビリー・ゴールデンバーグ, 米国の作曲家

  4. ウィーン発 〓 国立歌劇場、2月第2週のストリーミング配信のラインナップを発表、あの《フィガロの結婚》も

  5. ローマ発 〓 ローマ歌劇場は14日に再開場、続いて野外公演

  6. ブレゲンツ発 〓 ブレゲンツ音楽祭は開催断念、グラフェネック音楽祭は開催を表明

  7. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場がゲルブ総裁との契約を延長

  8. サヴォンリンナ発 〓 フィンランド政府が500人を超えるイベントを禁止、サヴォンリンナ・オペラ・フェスティバルは中止に

  9. 訃報 〓 ヘルムート・シュテルン, ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の元第1ヴァイオリン首席奏者

  10. ベルリン発 〓 州立歌劇場が新制作の《イェヌーファ》をライブ・ストリーミング

  11. ワルシャワ発 〓 第18回「ショパン国際ピアノ・コンクール」予備予選の開催延期

  12. サンディエゴ発 〓 指揮者ラファエル・パヤーレがサンディエゴ響との契約を更新

  13. ブレゲンツ発 〓 オーストリアのブレゲンツ音楽祭が「開催めざす」

  14. 大阪発 〓 久石譲が日本センチュリー交響楽団の首席客演指揮者に

  15. ヴェッセルビューレン発 〓 五嶋みどりに「ブラームス賞」

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。