ウィーン発 〓 国立歌劇場が2月第4週のストリーミング配信のラインナップを発表

2021/02/23

ウィーン国立歌劇場(Wiener Staatsoper)が2月第4週のストリーミング配信のラインナップを発表した。配信は原則的に現地時間の19時(日本時間の翌日午前3時)から。ラインナップは以下の通り。

23日
ヤナーチェク《カーチャ・カバノヴァー》
出演:アンゲラ・デノケ / ミーシャ・ディディク / ジェーン・ヘンシェル / ダン・ポール・ドゥミトレスク
指揮:トマーシュ・ネトピル
演出:アンドレ・エンゲル
(収録:2017)


24日
ヤナーチェク《マクロプーロス事件》
出演:ローラ・エイキン / ルドヴィット・ルーダ / トーマス・エベンシュタイン / マルガリータ・グリツコヴァ
指揮:ヤクブ・フルシャ
演出:ペーター・シュタイン
(収録:2015)


25日
ヤナーチェク《利口な女狐の物語》
出演:ヘン・ライス / ローマン・トレーケル / コ・ヒョナ / ジョセフ・デニス / パオロ・ルメッツ / マーカス・ペルツ
指揮:トマーシュ・ネトピル
演出:オットー・シェンク
(収録:2016)


26日
ビゼー《カルメン》
出演:アニタ・ラチヴェリシュヴィリ / ピョートル・ベチャワ / アーウィン・シュロット / ヴェラ=ロッテ・ベッカー
指揮:アンドレス・オロスコ=エストラーダ
演出:カリスト・ビエイト
(収録:2021)


27日
バレエ:ジゼル
出演:ニーナ・ポラコワ / 木本全優
指揮:ワレリー・オブシャニコフ
振付:エレーナ・チェルニショワ
(収録:2017)


28日
モーツァルト《フィガロの結婚》
出演:アンドレ・シュエン / フェデリカ・ロンバルディ / フィリップ・スライ / ルイーズ・オルダー / ヴィルジニー・ヴェレーズ
指揮:フィリップ・ジョルダン
演出:ジャン=ピエール・ポネル
(収録:2021)


写真:Wiener Staatsoper


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ミュンヘン発 〓 ネトレプコ、トゥーランドット姫に挑戦

  2. ラハティ発 〓 ダリア・スタセヴスカがラハティ響の首席指揮者に

  3. 東京発 〓 ドミンゴが東京五輪イベントへの出演を辞退

  4. ミュンヘン発 〓 クリスティアン・ティーレマンがバイエルン放送交響楽団にデビュー

  5. ボストン発 〓 タングルウッド音楽祭も開催中止を発表

  6. マリアーンスケー・ラーズニェ発 〓 “指揮者”ラデク・バボラークが西ボヘミア交響楽団の首席指揮者に

  7. 訃報 〓 ビセルカ・ツヴェイチ, セルビアのメゾ・ソプラノ歌手

  8. アムステルダム発 〓 ロイヤル・コンセルトヘボウ管がハイティンクの追悼コンサート

  9. ザルツブルク音楽祭 〓 バルトリ、聖霊降臨祭音楽祭との契約を延長

  10. プラハ発 〓 プラハ国立歌劇場がリニューアル・オープン

  11. モスクワ発 〓 ユロフスキがスヴェトラーノフ記念ロシア国立交響楽団との契約を延長

  12. ザルツブルク音楽祭 〓 ハンガリーのガボール・カリ、第9回「ネスレ&ザルツブルク音楽祭青年指揮者コンクール」で優勝

  13. ポズナン発 〓 スタニスワフ・モニューシュコ大劇場の音楽監督にイタリアのマルコ・グィダリーニ

  14. ライプツィヒ発 〓 ゲヴァントハウス管弦楽団の「マーラー・フェスティバル」は2023年に仕切り直し

  15. サンタンデール発 〓 第20回「パロマ・オシェイ・サンタンデール国際ピアノ・コンクール」でカナダ出身のイェーデン・イジク=ドズルコが優勝

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。