ウィーン発 〓 国立歌劇場が3月第1週のストリーミングのラインナップを発表、新制作の《椿姫》もライブで

2021/03/01

ウィーン国立歌劇場(Wiener Staatsoper)が3月第1週のストリーミング配信のラインナップを発表した。7日には新制作の《椿姫》がライブ・ストリーミングされる。また、先月21日にライブ・ストリーミングされた新制作の《カルメン》も改めてラインナップに組み込まれた。ストリーミングはライブを除き、現地時間の19時(日本時間の翌日午前3時)から。ラインナップは以下の通り。

1日
ビゼー《カルメン》
出演:アニタ・ラチヴェリシュヴィリ / ピョートル・ベチャワ / アーウィン・シュロット / ヴェラ=ロッテ・ブレッカー
指揮:アンドレス・オロスコ=エストラーダ
演出:カリスト・ビエイト
(収録:2021)


2日
ヴェルディ《オテロ》
出演:ロベルト・アラーニャ / アレクサンドラ・クルザック / ダリボール・イェニス / アントニオ・ポーリ
指揮:グレアム・ジェンキンス
演出:クリスティーネ・ミーリッツ
(収録:2018)


3日
リヒャルト・シュトラウス《ナクソス島のアリアドネ》
出演:ヨハン・ボタ / ソイレ・イソコスキ / ソフィー・コッホ / ダニエラ・ファリー / ヨッヘン・シュメッケンベッヒャー
指揮:クリスティアン・ティーレマン
演出:スヴェン=エリック・ ベヒトルフ
(収録:2014)


4日
マスネ《マノン》
出演:ニーノ・マチャイゼ / ファン・ディエゴ・フローレス / アドリアン・エレート
指揮:フレデリック・シャスラン
演出:アンドレイ・セルバン
(収録:2019)


5日
ヤナーチェク《カーチャ・カバノヴァー》
出演:アンゲラ・デノケ / ミッシャ・ディディク / ジェーン・ヘンシェル / ダン・パウル・ドゥミトレスク
指揮:トマーシュ・ネトピル
演出:アンドレ・エンゲル
(収録:2017)


6日
ヴェルディ《アイーダ》
出演:エレーナ・グーセワ / グレゴリー・クンデ / エカテリーナ・グバノヴァ / シモーネ・ピアッツォーラ
指揮:マルコ・アルミリアート
演出:ニコラ・ジョエル
(収録:2019)


7日 = 新制作ライブ・ストリーミング(午後6時〜)
ヴェルディ《椿姫》
出演:プリティ・イェンデ / ファン・ディエゴ・フローレス / イゴール・ゴロヴァテンコ / マーガレット・プランマー
指揮:ジャコモ・サグリパンティ
演出:サイモン・ストーン


写真:Wiener Staatsoper


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. リガ発 〓 2022年の「オペラリア」はラトビア国立歌劇場で

  2. クラスノヤルスク発 〓 トレチャコフ国際ヴァイオリン・コンクール、1位はドガーディン、2位に北川

  3. ベルリン発 〓 首席フルートのマチュー・デュフォーがベルリン・フィルを退団

  4. バーミンガム発 〓 バーミンガム市響の次期首席指揮者に山田和樹、アーティスティック・アドバイザーも兼任

  5. フィレンツェ発 〓 フィレンツェ歌劇場の《リゴレット》でレオ・ヌッチが降板、代役にルカ・サルシ

  6. ザールブリュッケン発 〓 ザールブリュッケン・カイザースラウテルン・ドイツ放送フィルの首席指揮者にジュゼップ・ポンス

  7. ペララーダ発 〓 スペインのペララーダ城音楽祭が中止を発表

  8. コペンハーゲン発 〓 デンマークも劇場閉鎖

  9. ボン発 〓 ピアニストのマリア・ジョアン・ピレシュに2021年のベートーヴェン賞

  10. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場が14日に特別コンサート、ウクライナへの連帯を全世界に発信

  11. ミュンヘン発 〓 ミュンヘン放送管が首席指揮者イヴァン・レプシッチとの契約を延長

  12. バニング発 〓 アナログ・レコード人気に打撃、ラッカー盤製造メーカーの工場が全焼

  13. ナポリ発 〓 サン・カルロ劇場に新総裁、ムーティ招聘への布石?

  14. ザルツブルク発 〓 ザルツブルク音楽祭が2024年夏の公演ラインナップを発表

  15. 北京発 〓 フィラデルフィア管が中国国際音楽コンクールのレジデント・オーケストラに

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。