シカゴ発 〓 「ショルティ指揮者アワード2018」にロデリック・コックスに

2018/05/24
【最終更新日】2024/04/25

米国のショルティ財団が5月23日、2018年の「ゲオルグ・ショルティ指揮者アワード」をロデリック・コックス(Roderick Cox)に贈ると発表した。コックスは現在、ミネソタ管弦楽団のアシスタント指揮者。

財団は世界的な指揮者サー・ゲオルク・ショルティ(1912 – 1997)の顕彰を目的に2000年に設立された団体。2004年から才能のある若手アメリカ人指導者を支援するためのプログラムをスタートさせ、2007年からは「アワード」を創設した。

ショルティはハンガリー出身で後に英国籍に亡命、アメリカでは長くシカゴ交響楽団の音楽監督を務めた。「アワード」は隔年でスタートしたが、13年から毎年受賞者を選んでいる。受賞者には賞金30,000ドルの他、シカゴ交響楽団とシカゴ・リリック・オペラなどで指揮する機会が与えられる。

過去の受賞者は以下の通り。アンソニー・バレス(2007)、エリック・ニールセン(2009)、ケース・スカリオーネ(2011)、ジェイムズ・フェデック(2013)、クリスティアン・マチェラル(2014)、ウラディーミル・クレノヴィチ(2015)、カリーナ・カネラキス(2016)、クリストファー・アレン(2017)。

写真:


関連記事

  1. 西村朗(69)日本の作曲家

  2. ケムニッツ発 〓 ギレルモ・ガルシア・カルヴォが市立劇場との契約を延長

  3. ロンドン発 〓 指揮者のウラディーミル・ユロフスキが大英帝国勲章ナイト・コマンダー章を受章

  4. モスクワ発 〓 音楽大手「ユニバーサル・ミュージック」がロシアから撤退

  5. チューリッヒ発 〓 トーンハレ管が音楽監督のパーヴォ・ヤルヴィとの契約を延長

  6. ベルリン発 〓 第2ヴァイオリンの首席にマレーネ・イトウ、ベルリン・フィル

  7. ハノーファー発 〓 第11回「ヨーゼフ・ヨアヒム国際ヴァイオリン・コンクール」は米国のマリア・ユデニッチが優勝

  8. トゥールーズ発 〓 キャピトル劇場が新シーズン、2023/2024シーズンの公演ラインナップを発表

  9. ロンドン発 〓 クラシック音楽雑誌「グラモフォン」が年度賞「グラモフォン・アワード」を発表

  10. グラーツ発 〓 グラーツ歌劇場が2018/2019シーズンのラインナップを発表

  11. シオン発 〓 ティボール・ヴァルガ国際ヴァイオリン・コンクールが閉幕

  12. 訃報 〓 ビセルカ・ツヴェイチ(97)セルビアのメゾ・ソプラノ歌手

  13. ハノーファー発 〓 北ドイツ放送フィルの次期首席指揮者にスタニスラフ・コチャノフスキー

  14. ダラス発 〓 ダラス響が音楽監督のファビオ・ルイージとの契約を延長

  15. ベルリン発 〓 ベルリンの7つのオーケストラが史上初の合同演奏会

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。