シカゴ発 〓 ショルティ指揮者アワード2018にロデリック・コックスに

2018/05/24

米国のショルティ財団が23日、2018年の「ゲオルグ・ショルティ指揮者アワード」をロデリック・コックス(Roderick Cox)に贈ると発表した。コックスは現在、ミネソタ管弦楽団のアシスタント指揮者。財団は世界的な指揮者サー・ゲオルク・ショルティ(1912 – 1997)の顕彰を目的に2000年に設立された団体。2004年から才能のある若手アメリカ人指導者を支援するためのプログラムをスタートさせ、2007年からは「アワード」を創設した。ショルティはハンガリー出身で後に英国籍に亡命、アメリカでは長くシカゴ交響楽団の音楽監督を務めた。「アワード」は隔年でスタートしたが、13年から毎年受賞者を選んでいる。受賞者には賞金30,000ドルの他、シカゴ交響楽団とシカゴ・リリック・オペラなどで指揮する機会が与えられる。過去の受賞者は以下の通り。アンソニー・バレス(2007)、エリック・ニールセン(2009)、ケース・スカリオーネ(2011)、ジェイムズ・フェデック(2013)、クリスティアン・マチェラル(2014)、ウラディーミル・クレノヴィチ(2015)、カリーナ・カネラキス(2016)、クリストファー・アレン(2017)。

関連記事

  1. ミュンヘン発 〓 永田音響設計が「ガスタイク」の音響設計を担当

  2. ベルリン発 〓 ドイツ・オペラが2018/2019シーズンのラインナップを発表

  3. ヘルシンキ発 〓 フィンランド放送響の次期首席指揮者に英国のニコラス・コロン

  4. ウィーン発 〓 ウィーン・フィルがティーレマンの指揮でブルックナーの交響曲全曲演奏

  5. ニューヨーク発 〓 ダニール・トリフォノフが怪我で休養

  6. ナンシー発 〓 ロレーヌ国立オペラが2018/2019シーズンのラインナップを発表

  7. ナポリ発 〓 サンカルロ劇場が2018/2019シーズンのラインナップを発表

  8. ローマ発 〓 ゼフィレッリ、96歳になる2020年に《リゴレット》を演出へ

  9. ミラノ発 〓 スカラ座総裁にウィーン国立歌劇場総裁のドミニク・マイヤー

  10. ラ・フォル・ジュルネTOKYO 〓 今年のテーマは「ボヤージュ – 旅から生まれた音楽」

  11. ライプチヒ発 〓 ドイツ・グラモフォンがバッハの全作品を収めた大全集

  12. 武生国際音楽祭 〓 音楽監督の細川俊夫が「国際交流基金賞」を受賞

  13. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立歌劇場が2019/2020シーズンの公演ラインナップを発表

  14. ロンドン発 〓 18歳のチェリスト、カネー=メイソンのデビュー・アルバムが快走

  15. モスクワ発 〓 チャイコフスキー・コンクールの本選出場者決まる

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。