札幌発 〓 札響の次期首席指揮者にエリアス・グランディ

2023/10/02
【最終更新日】2024/05/10

札幌交響楽団(Sapporo Symphony Orchestra)が次期首席指揮者にドイツのエリアス・グランディ(Elias Grandy)を迎えると発表した。2024年3月で6年間の契約満了を迎えるスイス人指揮者マティアス・バーメルトの後任で、任期は2025年4月から3年間。

グランディはミュンヘン生まれの43歳。ドイツ人の父親、日本人の母親という家庭で育ち、バーゼル、ミュンヘン、ベルリンでチェロを学び、ミュンヘンのバイエルン放送交響楽団とベルリンのコーミッシェ・オーパーでチェリストを務めた。

その後、2012年からダルムシュタット市立劇場で指揮者としての活動を開始。2015年にハイデルベルク市立劇場の音楽監督に就任している。またこの年、第7回「ゲオルグ・ショルティ国際指揮者コンクール」で1位なしの2位という最高位を獲得している。

ミュンヘンは札幌の姉妹都市で、グランディは札幌で毎夏開催されている国際教育音楽祭「PMF=パシフィック・ミュージック・フェスティバル」で学生時代のチェロを、その後、指揮を学んだ経歴を持つなど、札幌との縁は深いという。

札響は北海道唯一のプロ・オーケストラで、1961年の創設。現在74人の音楽家を擁し、キタラ・コンサートホールを本拠地に年間約120回の公演を行っている。グランディの首席指揮者就任と同じ2024年4月から、下野竜也を首席客演指揮者に迎えることも発表された。

写真:Columbia Artists


  もっと詳しく ▷


関連記事

  1. パリ発 〓 グスターボ・ドゥダメルがパリ国立オペラの音楽監督に

  2. ボゴタ発 〓 ボゴタ・フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督にスウェーデンのヨアキム・グスタフソン

  3. ブリスベン発 〓 クイーンズランド交響楽団の次期首席指揮者にヨハネス・フリッチュ

  4. ウィーン発 〓 国立歌劇場が管弦楽団の首席チェロ奏者を解任

  5. 東京発 〓 2020年東京五輪・パラリンピックの公式文化プログラム、ドミンゴの代役決まる

  6. ロンドン発 〓 ロイヤル・オペラ・ハウスがロシアの指揮者パベル・ソロキンとの契約を破棄

  7. ウィーン発 〓 ニューイヤー・コンサートの「ラデツキー行進曲」のアレンジを一新

  8. 訃報 〓 セルゲイ・スロニムスキー(88)ロシアの作曲家

  9. ハノーファー発 〓 州立オペラが新制作の《フィガロの結婚》を1月20日からストリーミング配信

  10. タリン発 〓 エストニア国立響の次期音楽監督にオラリー・エルツ

  11. バイロイト発 〓 リヒャルト・ワーグナー記念館が《さまよえるオランダ人》の直筆楽譜を初公開

  12. ワシントン発 〓 ジャナンドレア・ノセダがナショナル交響楽団との契約を延長

  13. 東京発 〓 東京都交響楽団が首席客演指揮者のアラン・ギルバートとの契約を延長

  14. ハンブルク発 〓 ドイツ・グラモフォンがアバドの生誕90年を記念して、残された録音をすべて収録した限定ボックス・セットをリリース

  15. モントリオール発 〓 モントリオール響がロシアの若手ピアニストの出演をキャンセル、ウクライナ・コミュニティーと楽団員の反発で

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。