ザルツブルク発 〓 州立劇場の首席指揮者にスリランカ生まれのレスリー・スガナンダラージャ

2018/11/05

スリランカ生まれでドイツ育ちの指揮者レスリー・スガナンダラージャ(Leslie Suganandarajah)がザルツブルク州立劇場の首席指揮者に就任することになった。ミルガ・グラジニーテ=ティーラの後任。スガナンダラージャは1983年生まれで、2歳の時に両親とドイツに移住。ハノーバー国立音楽・演劇大学、リューベック音楽大学で学び、その後、ワイマールのフランツ・リスト音楽大学で研鑽を積んだ。2012/13シーズンにコブレンツ劇場の第二指揮者となり、2015/2016シーズンからは首席指揮者。2017/2018シーズンからリンツ州立劇場に移り、首席指揮者を務めていた。

写真:DMR / Stephan Walzl


関連記事

  1. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立歌劇場、音楽総監督にユロフスキ

  2. シカゴ発 〓 ムーティ、ストライキの現場へ

  3. パリ発 〓 イル・ド・フランス国立管弦楽団が楽譜代わりにiPad

  4. モスクワ発 〓 チャイコフスキー国際コンクールの「金管楽器部門」の審査員発表

  5. ミュンヘン発 〓 ミュンヘンに新ホール、バイエルン放送交響楽団の本拠地に

  6. サクラメント発 〓 ホログラムで再現されたマリア・カラスがオーケストラと共演

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。