ローマ発 〓 Rai5、2月第2週のストリーミング配信のラインナップを発表

2021/02/09

イタリア放送協会(Radiotelevisione Italiana)のカルチャーチャンネル「Rai5」が2月第2週のストリーミング配信のラインナップを発表した。ラインナップは以下の通り。

7日(ヨーロッパ中央時間午前10時〜)
チレア《アドリアーナ・ルクヴルール》
演出:ランベルト・プッジェッリ
指揮:ジャナンドレア・ガヴァッツェーニ
出演:ミレッラ・フレーニ / フィオレンツァ・コッソット / ペテル・ドヴォルスキー / アレッサンドロ・カッシス
(収録:1989, ミラノ・スカラ座)


8日(ヨーロッパ中央時間午前10時〜)
ロッシーニ《エジプトのモーゼ》
演出:ウーゴ・デ・アナ
指揮:サルヴァトーレ・アッカルド
出演:ロベルト・スカンディウッツィ / マリエッラ・デヴィーア / ロックウェル・ブレイク / グローリア・スカルキ / ミケーレ・ペルトゥージ
(収録:1993, ナポリ歌劇場)


9日(ヨーロッパ中央時間午前10時〜)
ロッシーニ《オリー伯爵》
演出:ルイス・パスクワル
指揮:パオロ・カリニャーニ
出演:石倚潔 / ロレンツォ・レガッツォ / ラウラ・ポルヴェレッリ / ロベルト・デ・カンティア / マリア・ホセ・モレノ / ナタリア・ガヴリラン
(収録:2009, ロッシーニ・オペラ・フェスティバル)


10日(ヨーロッパ中央時間午前10時〜)
ロッシーニ《湖上の美人》
演出:ヴェルナー・ヘルツォーク
指揮:リッカルド・ムーティ
出演:ジューン・アンダーソン / ロックウェル・ブレイク / クリス・メリット / マルティーヌ・デュピュイ / ジョルジョ・スーリアン
(収録:1992, ミラノ・スカラ座)


10日(ヨーロッパ中央時間午後10時15分〜)
ロッシーニ《セビリアの理髪師》
演出:カルメロ・リフィディ
指揮:ディエゴ・ファソリス
出演:エドガルド・ロチャ / リッカルド・ノヴァロ / ルチア・チリッロ / ジョルジョ・カオドゥーロ
(収録:2018, ルガーノ芸術センター)


11日(ヨーロッパ中央時間午前10時〜)
ロッシーニ《ブルゴーニュのアデライーデ》
演出:ピエラッリ
指揮:ウラディーミル・ユロフスキ
出演:ダニエラ・バルチェローナ / ジェシカ・プラット / ボグダン・ミハイ / ニコラ・ウリヴィエーリ
(収録:2011, ロッシーニ・オペラ・フェスティバル)


11日(ヨーロッパ中央時間午後4時42分〜)
小荘厳ミサ曲
出演:バルバラ・フリットリ / サラ・ミンガルド / Alfonso Zambuto / Davide Giangragorio.
(収録:2019, オリンピア劇場)


11日(ヨーロッパ中央時間午後9時15分〜)
フェニーチェ劇場ニューイヤーコンサート 2021
出演:ローザ・フェオーラ / ハビエル・アンドゥアーガ
指揮:ダニエル・ハーディング
(収録:2020,フェニーチェ劇場)


12日(ヨーロッパ中央時間午前10時〜)
ロッシーニ:歌劇《ゼルミーラ》
演出:ジョルジオ・バルベリオ・コルセッティ
指揮:ロベルト・アバド
出演:フアン・ディエゴ・フローレス / グレゴリー・クンデ / ケイト・オールドリッチ / マリアーナ・ピッツォラート / アレックス・エスポジト
(収録:2009, ロッシーニ・オペラ・フェスティバル)


13日(ヨーロッパ中央時間午前7時55分〜・午後6時30分〜)
ヴィヴァルディ《オリンピアーデ》
演出:ベッピ・モラッシ
指揮:フランチェスコ・エルレ
出演:パトリーツィオ・ラ・プラーカ / ダニエラ・サルヴォ / サンドロ・ロッシ
(収録:2020, ヴィチェンツァ・オペラ・フェスティバル)


写真:Rossini Opera Festival /  Studio Amati Bacciardi


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ミュンヘン発 〓 バイエルン州立歌劇場がシーズン閉幕を宣言、夏のミュンヘン・オペラ・フェスティバルも中止

  2. クリーブランド発 〓 空席のコンサートマスターのポジションめぐり、クリーブランド管弦楽団がオーディション

  3. バンクーバー発 〓 オットー・タウスクがバンクーバー響との契約を延長

  4. 訃報 〓 ハンス・ツェンダー, ドイツの指揮者・作曲家

  5. ローマ発 〓 ローマ歌劇場がストリーミング配信のラインナップを発表

  6. デトロイト発 〓 演出家のユヴァル・シャロンがミシガン・オペラ・シアターの芸術監督に

  7. 高雄発 〓 台湾の衛武営国立芸術文化センターが《椿姫》を上演

  8. パリ発 〓 長引くスト、国立オペラの《セビリアの理髪師》も上演中止

  9. ロンドン発 〓 演出家のグレアム・ヴィック、指揮者のジェーン・グラヴァーに「サー」と「デイム」の称号

  10. ブリュッセル発 〓 モネ劇場が新制作の《ねじの回転》をストリーミング配信

  11. 東京発 〓 新国立劇場が「巣ごもりシアター」第4弾のラインナップ発表

  12. ウィーン発 〓 国立歌劇場が3月第1週のストリーミングのラインナップを発表、新制作の《椿姫》もライブで

  13. ローマ発 〓 カウフマンが新たに《オテロ》を録音

  14. 東京発 〓 NHK交響楽団がパーヴォ・ヤルヴィとの契約を延長

  15. ワシントン発 〓 ヴァイオリニストの五嶋みどりにケネディ・センター名誉賞

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。