ロンドン発 〓 ランキング2018、オペラの一番人気は《椿姫》

2019/01/09
【最終更新日】2019/12/10

英国を拠点にした音楽サイト「Bachtrack」が恒例の年度ランキングを発表した。それによると、2018年の「最も忙しい指揮者」の第1位には、“世界で最も多忙な指揮者”と自他共に認めるワレリー・ゲルギエフを抑え、アンドリス・ネルソンスが輝いた。121公演を指揮している。ネルソンスはラトビア出身の40歳。目下、ボストン交響楽団の音楽監督、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団の首席指揮者を兼任、来年のウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の「ニューイヤー・コンサート」の指揮者にも選ばれている。

第2位はゲルギエフで93公演。3位以下は、91公演のパーヴォ・ヤルヴィ、85公演のヤニック・ネゼ=セガン、83公演のグスターボ・ドゥダメル、79公演のアンドレス・オロスコ=エストラーダ、78公演のダニエル・ハーディングの順。それに続くのが、御年91歳のヘルベルト・ブロムシュテットで77公演。また、同じ77公演のヤクブ・フルシャ(77)が第9位に入り、第10位のサイモン・ラトル(69)を抑えている。ゲルギエフと並んで数多く公演を指揮しているイメージが強いダニエル・バレンボイムはベスト10に入っていない。

また、女性の指揮者の第1位は、54公演のジョアン・ファレッタで全体の19位。以下、42公演のマリン・オールソップが全体の39位、39公演のミルガ・グラジニーテ=ティーラが44位、27公演のカリーナ・カネラキスが80位、26公演のスザンナ・マルッキが86位という順位。

一方、「最も忙しいオーケストラ」の第1位は、英国のロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団で150公演。以下、北西ドイツ・フィルハーモニー管弦楽団(139)、シカゴ交響楽団(126)、フィラデルフィア管弦楽団(123)、ニューヨーク・フィルハーモニー管弦楽団(120)、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 (119)、ボストン交響楽団(116)、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団(110)、ロサンゼルス・フィルハーモニー管弦楽団(107)、ウィーン交響楽団(102)とメジャーなオーケストラの名前が並んでいる。

ピアニストに目を転じると、公演数でトップに立つのが、イェフィム・ブロンフマンで78公演。以下、ダニール・トリフォノフ(67)、ジャン=イヴ・ティボーデ(66)、ユジャ・ワン(58)、デーネシュ・ヴァーリョン(57)、アンドラーシュ・シフ(54)、キリル・ゲルシュタイン(53)、イゴール・レヴィット(52)、ピエール=ローラン・エマールとヤン・リシエツキが51公演。また、バイオリニストは、ジョシュア・ベル(66)、ジャニーヌ・ ヤンセン(63)、ルノー・カプソンとレオニダス・カヴァコス(61)、イザベル・ファウスト(60)がベスト5。

昨年1年で最も演奏された作曲家はベートーヴェン。2位はモーツァルトで、生誕100年のメモリアル・イヤーだったレナード・バーンスタインが第3位に入った。4位以下は、バッハ、ブラームス、シューベルト、チャイコフスキー、ドビュッシー、シューマン、ヘンデルの順。オペラの上演ランキングは、ヴェルディ《椿姫》、プッチーニ《トスカ》、ビゼー《カルメン》、プッチーニ《蝶々夫人》、ロッシーニ《セビリアの理髪師》、プッチーニ《ラ・ボエーム》、モーツァルト《魔笛》、モーツァルト《ドン・ジョヴァンニ》、モーツァルト《フィガロの結婚》がベスト10。11位はヴェルディ《リゴレット》という結果だった。

劇場ごとの公演数の第1位はウィーン国立歌劇場で211公演。以下、プラハ国立歌劇場(206)、メトロポリタン歌劇場(204)、オペラ・オーストラリア(193)、ライン・ドイツ・オペラ(191)、パリ国立オペラ(183)、チューリヒ歌劇場(177)、フランクフルト歌劇場(171)、バイエルン州立歌劇場(167)、コーミッシェ・オーパー(165)の順。演出家のベスト5は、バリー・コスキーとデイヴィッド・マクヴィカーが121公演で1位を分け合っている。3位は115公演のロバート・カーセン、続いて、ダミアーノ・ミケレット(92)、 フランチェスカ・ザンベロ(89) 。6位を80公演のアンドレアス・ホモキ、ロラン・ペリーで分け合った。

Opera National de Paris / Elisa Haberer


関連記事

  1. ロンドン発 〓 ウィグモアホールが公演再開、内田光子も登場

  2. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場がゲルブ総裁との契約を延長

  3. トゥールーズ発 〓 トゥガン・ソヒエフがキャピトル国立管との契約を延長

  4. バーミンガム発 〓 ラトルがバーミンガム市響の100周年コンサートを指揮

  5. パリ発 〓 フランス国立管の組合がフランス放送フィルのストライキに同調

  6. 訃報 〓 ラドミル・エリシュカ, チェコの指揮者

  7. ミュンヘン発 〓 ミュンヘン国際音楽コンクールのチェロ部門で佐藤晴真が優勝

  8. チェルトナム発 〓 今年のフェスティバルの開催中止を発表

  9. カーディフ発 〓 BBCウェールズ・ナショナル管の次期首席指揮者にライアン・バンクロフト

  10. ロンドン発 〓 「グラモフォン・アワード2019」の年間賞など発表

  11. カーディフ発 〓 指揮者のトーマス・ハヌスがウェールズ・ナショナル・オペラとの契約を延長

  12. ノールショピング発 〓 ノールショピング交響楽団の首席指揮者兼芸術顧問にカール・ハインツ・シュテフェンス

  13. ハダースフィールド現代音楽祭 〓 11月の音楽祭の中止を決定

  14. ウィーン発 〓 国立歌劇場の字幕サービスに中国語とスペイン語

  15. エディンバラ発 〓 エディンバラ国際フェスティバルも中止、8月開催で中止は初

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。