ロンドン発 〓 ヴァイオリンのコリーヌ・シャペユがクラウド・ファウンディングによる支援を呼びかけ、自身のがん治療で

2021/02/10

フランスの女性ヴァイオリニスト、コリーヌ・シャペユ(Corinne Chapelle)が自身のがん治療に向け、クラウド・ファウンディングを通じた支援を呼びかけている。本人によれば、スイスまたはドイツでしか受けることができない治療に30万ポンド(約4,325万円)が必要になるという。

シャペユは1976年、カリフォルニア生まれの44歳。2歳からヴァイオリンを始め、英国のユーディ・メニューイン音楽学校、米国のジュリアード音楽院でヴァイオリンを学び、ピンカス・ズーカーマンらに師事。その後、国際的な活動を続けてきた。

本人の説明では、腫瘍がある場所と大きさが原因で、手術や標準治療では効果が望めないという。腫瘍研究の専門家からドイツとスイスで行われている標的治療を受けるようにアドバイスを受けており、その治療を1年間で3ラウンド行う必要に迫れている。

写真:Kutná Hora International Music Festival


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ヘルシンキ発 〓 フィンランド放送響が首席指揮者ニコラス・コロンとの契約を延長

  2. ブリュッセル発 〓 モネ劇場が新制作の《ねじの回転》をストリーミング配信

  3. ロサンゼルス発 〓 レナード・バーンスタインの“鼻”が物議、映画「マエストロ」のメイクで

  4. ソウル発 〓 オスモ・ヴァンスカがソウル市立響の首席指揮者を退任

  5. 京都発 〓 指揮者の広上淳一が京都コンサートホールの館長に

  6. ウィーン発 〓 ウィーン・フィルによる恒例のクリスマス・コンサート中止へ

  7. ベルリン発 〓 コーミッシェ・オーパーが2019/2020シーズンの公演ラインナップを発表

  8. ロサンゼルス発 〓 第66回「グラミー賞」発表

  9. デトロイト発 〓 デトロイト響が音楽監督のヤデル・ビニャミーニとの契約を延長

  10. ウィーン発 〓 アン・デア・ウィーン劇場が大規模改修工事で閉館、2024年秋にリーニューアル・オープン

  11. パレルモ発 〓 マッシモ劇場が新制作の《エルナーニ》をライブ・ストリーミング

  12. アントワープ発 〓 香港出身のエリム・チャンがアントワープ響の音楽監督に

  13. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場の新しい《指環》に暗雲、共同制作のイングリッシュ・ナショナル・オペラへの助成削減で

  14. ウィーン発 〓 オーストリアもロックダウン

  15. ワルシャワ発 〓 オペラ賞「オペラ・アワード2023」の年間賞が決定

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。