ニューヨーク発 〓 浮かび上がってきたメトロポリタン歌劇場の次期シーズン

2021/02/05

ニューヨーク・メトロポリタン歌劇場(Metropolitan Opera)の有料配信番組「Live concert series」に出演しているアーティストたちと総支配人ピーター・ゲルブのやり取りの中で、今後の上演プランの全体像が浮かび上がってきた。歌劇場は2021/2022シーズン開幕をもって活動の再開をめざしている。

やり取りはゲルブが昨年から、オンライン・チャットサービス「ズーム」を使い、アンナ・ネトレプコ、ソンドラ・ラドヴァノフスキーとピョートル・ベチャワ、ソーニャ・ヨンチェヴァ、リセ・ダビドセンら複数の歌手と行っているもの。それらを通して浮かび上がってきたのは以下の通り。

・新シーズンにワーグナー《ローエングリン》、ヴェルディ《運命の力》の新制作が行われること、そこにネトレプコの出演を予定していること

・チャイコフスキー《スペードの女王》、ヴェルディ《ナブッコ》のリバイバル上演が行われること、そこにもネトレプコの出演を予定していること

・ポンキエッリ《ラ・ジョコンダ》の新制作が行われること、そこにラドヴァノフスキーとベチャワの出演を予定していること

・ケルビーニ《メデア》の新制作を行うこと、そこにラドヴァノフスキーの出演を予定していること

・ジョルダーノ《フェドーラ》の新制作を考えていること、そこにヨンチェヴァの出演を予定していること

・プッチーニ《蝶々夫人》、ジョン コリリアーノ《ヴェルサイユの幽霊》、ベッリーニ《ノルマ》の再演を考えており、そこにもヨンチェヴァへの出演を予定していること

・ブリン・ターフェルがプッチーニ《外套》と《ジャンニ・スキッキ》に出演すること

・《外套》にリセ・ダビドセンが出演すること

・エンジェル・ブルーがヴェルディ《イル・トロヴァトーレ》レオノーラを歌うこと

写真:Metropolitan Opera


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. マチェラータ発 〓 スフェリステリオ音楽祭が開催決定

  2. ブレーメン発 〓 市立劇場の次期音楽総監督にシュテファン・クリンゲレ

  3. ケムニッツ発 〓 ギレルモ・ガルシア・カルヴォが市立劇場との契約を延長

  4. ニュルンベルク発 〓 演出家が歌手の代役 !?

  5. ロンドン発 〓 オペラ・ホーランド・パークが2022年の公演ラインナップを発表

  6. 訃報 〓 バリー・タックウェル(88)オーストラリアのホルン奏者

  7. トロント発 〓 トロント響が歴代の音楽監督5人が共演する特別コンサート

  8. ウィーン発 〓 国立歌劇場、2月第2週のストリーミング配信のラインナップを発表、あの《フィガロの結婚》も

  9. サンタンデール発 〓 第20回「パロマ・オシェイ・サンタンデール国際ピアノ・コンクール」でカナダ出身のイェーデン・イジク=ドズルコが優勝

  10. マグデブルク発 〓 マグデブルク劇場の次期音楽総監督にアンナ・スクリレーワ

  11. シアトル発 〓 トマス・ダウスゴーがシアトル響の音楽監督を突然辞任

  12. ジュネーヴ発 〓 ジュネーヴ大劇場が2024/2025シーズンの公演ラインナップを発表

  13. トロント発 〓 グスターボ・ヒメノが音楽監督を務めるトロント響との契約を延長

  14. ジャクソン発 〓 グランドティトン音楽祭が音楽監督のドナルド・ラニクルズとの契約を延長

  15. トロント発 〓 カナディアン・オペラ・カンパニーの総監督にペリン・リーチ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。