ニューヨーク発 〓 浮かび上がってきたメトロポリタン歌劇場の次期シーズン

2021/02/05

ニューヨーク・メトロポリタン歌劇場(Metropolitan Opera)の有料配信番組「Live concert series」に出演しているアーティストたちと総支配人ピーター・ゲルブのやり取りの中で、今後の上演プランの全体像が浮かび上がってきた。歌劇場は2021/2022シーズン開幕をもって活動の再開をめざしている。

やり取りはゲルブが昨年から、オンライン・チャットサービス「ズーム」を使い、アンナ・ネトレプコ、ソンドラ・ラドヴァノフスキーとピョートル・ベチャワ、ソーニャ・ヨンチェヴァ、リセ・ダビドセンら複数の歌手と行っているもの。それらを通して浮かび上がってきたのは以下の通り。

・新シーズンにワーグナー《ローエングリン》、ヴェルディ《運命の力》の新制作が行われること、そこにネトレプコの出演を予定していること

・チャイコフスキー《スペードの女王》、ヴェルディ《ナブッコ》のリバイバル上演が行われること、そこにもネトレプコの出演を予定していること

・ポンキエッリ《ラ・ジョコンダ》の新制作が行われること、そこにラドヴァノフスキーとベチャワの出演を予定していること

・ケルビーニ《メデア》の新制作を行うこと、そこにラドヴァノフスキーの出演を予定していること

・ジョルダーノ《フェドーラ》の新制作を考えていること、そこにヨンチェヴァの出演を予定していること

・プッチーニ《蝶々夫人》、ジョン コリリアーノ《ヴェルサイユの幽霊》、ベッリーニ《ノルマ》の再演を考えており、そこにもヨンチェヴァへの出演を予定していること

・ブリン・ターフェルがプッチーニ《外套》と《ジャンニ・スキッキ》に出演すること

・《外套》にリセ・ダビドセンが出演すること

・エンジェル・ブルーがヴェルディ《イル・トロヴァトーレ》レオノーラを歌うこと

写真:Metropolitan Opera


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ベルリン発 〓 ロビン・ティチアーティがベルリン・ドイツ響との契約を延長

  2. ウィーン発 〓 オーストリアもロックダウン

  3. ロンドン発 〓 ユロフスキがロンドン・フィルと《リング》チクルス

  4. 東京発 〓 来日したエーテボリ響の公演中止、そのまま帰国へ

  5. フランクフルト発 〓 hr響の次期首席指揮者にアラン・アルティノグリュ

  6. ワシントン発 〓 ヴァイオリニストの五嶋みどりにケネディ・センター名誉賞

  7. トゥールーズ発 〓 トゥガン・ソヒエフがキャピトル国立管との契約を延長

  8. ローマ発 〓 イタリア政府、非常事態宣言を4月末まで延長

  9. 訃報 〓 フリーデマン・レイヤー, オーストリアの指揮者

  10. 東京発 〓 東京交響楽団が先陣切って公演再開へ

  11. ニューヨーク発 〓 音楽マネージメント大手コロンビア・アーティスツが経営破綻

  12. デュッセルドルフ発 〓 アダム・フィッシャーがデュッセルドルフ響との契約延長

  13. 静岡発 〓 プロ・オーケストラ「富士山静岡交響楽団」が発足、静岡交響楽団と浜松フィルの合併で

  14. 札幌 〓 PMF札幌2020が開催を断念

  15. ロンドン発 〓 「オペラ・アワード2020」、ノミネート作品を発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。