訃報 〓 エライジャ・モシンスキー(75)オーストラリアの演出家

2021/01/17
【最終更新日】2023/02/06

オーストラリア生まれで英国を拠点に活躍した演出家のエライジャ・モシンスキー(Elijah Moshinsky)が新型コロナウイルスに感染、14日に亡くなった。モシンスキーはルース夫人、2人の息子とロンドン南部ブラックヒースに住んでいた。8日に75歳の誕生日を迎えたところだった。

モシンスキーは混乱するロシア・ウラジオストクから上海のフランス租界に逃れたロシア系ユダヤ人が両親。5歳の時に家族でメルボルンに移住、長じてメルボルン大学で学んだ。卒業後、オックスフォード大学のセント・アントニーズ・カレッジに進み、そこでロシアの作家アレクサンドル・ゲルツェンの研究を手掛けた。

その一方、演劇の世界に没頭。オックスフォード大学とケンブリッジ大学のシェイクスピア・カンパニーの舞台「お気に召すまま」の演出を手掛け、その舞台をみた当時のロイヤル・オペラの総監督ジョン・トゥーリーの目に留まり、劇場の演出チームの一員に迎えられた。

演出家デビューは1975年。ロイヤル・オペラでブリテンの《ピーター・グライムズ》を手掛け、簡素化された演出で大成功を収め、その後、ロイヤル・オペラを中心にさまざまな演出を手掛けて名声を確立。1982年にはイングリッシュ・ナショナル・オペラで、リゲティ《ル・グラン・マカーブル》の英国初演を手掛けている。

その後、ミラノ・スカラ座やウィーン国立歌劇場、米国のメトロポリタン歌劇場からオーストラリアまで世界中の著名な歌劇場で演出を手掛け、その多くが現在も上演されている。ロイヤル・ナショナル・シアターの舞台の演出も多く、テレビ映画も手掛けている。

写真:BBC


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ウィーン発 〓 ウィーン国立歌劇場管のコンサートマスターにフョードル・ルディン

  2. ミラノ発 〓 マニュエル・ルグリがスカラ座バレエ団の芸術監督に

  3. サンクト・ペテルブルク発 〓 ネトレプコ、「白夜の星音楽祭」に出演

  4. ヴェローナ発 〓 ガスディア総裁が音楽祭の開催を諦めていないと、新聞のインタビューで

  5. テルアビブ発 〓 2020年の「オペラリア」はテルアビブで開催

  6. エーテボリ発 〓 ソプラノのバーバラ・ハンニガンがエーテボリ響の首席客演指揮者を続投

  7. グラインドボーン音楽祭 〓 総監督のセバスチャン・シュワルツが辞任

  8. パリ発 〓 フランス国立管弦楽団のソロ・フルート奏者にシルビア・カレッドゥ

  9. ウィーン発 〓 国立歌劇場が新制作の《椿姫》をストリーミング配信

  10. ベルリン発 〓 ベルリン州立オペラが2022/2023シーズンの公演ラインナップ発表、バレンボイム音楽監督30周年で新しい「リング」が登場

  11. 訃報 〓 オシアン・グウィン・エリス(92)英国のハーピスト

  12. モスクワ発 〓 ロシアが第17回「チャイコフスキー国際コンクール」の開催を宣言

  13. ベルリン発 〓 コーミッシェ・オーパーの再開場は少なくともイースター明け

  14. シドニー発 〓 オペラハウスが5日に《メリー・ウィドウ》で再開場

  15. ベルリン発 〓 第2回「オーパス・クラシック賞」決まる

  1. この記事へのコメントはありません。