訃報 〓 エライジャ・モシンスキー(75)オーストラリアの演出家

2021/01/17
【最終更新日】2023/02/06

オーストラリア生まれで英国を拠点に活躍した演出家のエライジャ・モシンスキー(Elijah Moshinsky)が新型コロナウイルスに感染、14日に亡くなった。モシンスキーはルース夫人、2人の息子とロンドン南部ブラックヒースに住んでいた。8日に75歳の誕生日を迎えたところだった。

モシンスキーは混乱するロシア・ウラジオストクから上海のフランス租界に逃れたロシア系ユダヤ人が両親。5歳の時に家族でメルボルンに移住、長じてメルボルン大学で学んだ。卒業後、オックスフォード大学のセント・アントニーズ・カレッジに進み、そこでロシアの作家アレクサンドル・ゲルツェンの研究を手掛けた。

その一方、演劇の世界に没頭。オックスフォード大学とケンブリッジ大学のシェイクスピア・カンパニーの舞台「お気に召すまま」の演出を手掛け、その舞台をみた当時のロイヤル・オペラの総監督ジョン・トゥーリーの目に留まり、劇場の演出チームの一員に迎えられた。

演出家デビューは1975年。ロイヤル・オペラでブリテンの《ピーター・グライムズ》を手掛け、簡素化された演出で大成功を収め、その後、ロイヤル・オペラを中心にさまざまな演出を手掛けて名声を確立。1982年にはイングリッシュ・ナショナル・オペラで、リゲティ《ル・グラン・マカーブル》の英国初演を手掛けている。

その後、ミラノ・スカラ座やウィーン国立歌劇場、米国のメトロポリタン歌劇場からオーストラリアまで世界中の著名な歌劇場で演出を手掛け、その多くが現在も上演されている。ロイヤル・ナショナル・シアターの舞台の演出も多く、テレビ映画も手掛けている。

写真:BBC


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. レスター発 〓 英国の夏の音楽祭、ネヴィル・ホルト・オペラとバクストン・フェスティバルも開催を断念

  2. タンペレ発 〓 サントゥ=マティアス・ロウヴァリが2022/2023でタンペレ・フィルの芸術監督兼首席指揮者を退任

  3. 訃報 〓 ガブリエル・バキエ(95)フランスのバリトン歌手

  4. チューリッヒ発 〓 世界的な「ロシア・ボイコット」の広がりで、ロシア・ナショナル響のスイス・ツアーは中止に

  5. ローマ発 〓 ローマ歌劇場が「カラカラ浴場」での公演を再開、2022年の夏から

  6. ヴェネツィア発 〓 フェニーチェ劇場が2024/2025シーズンの公演ラインナップを発表

  7. デトロイト発 〓 デトロイト響の首席客演指揮者にノルウェーのタビタ・ベルグルンド

  8. 訃報 〓 セルゲイ・ドレンスキー(88)ロシアのピアニスト

  9. ロッテルダム発 〓 ロッテルダム・フィルがラハフ・シャニとの契約を延長

  10. ザルツブルク発 〓 モーツァルテウム管の次期首席指揮者にスペインのロベルト・ゴンザレス=モンハス

  11. ハンブルク発 〓 ハンブルク・バレエ団がマカオ公演をキャンセル

  12. アムステルダム発 〓 首席指揮者不在のロイヤル・コンセルトヘボウ管で楽団員が投票

  13. パリ発 〓 米国のソプラノ歌手リセッテ・オロペサにフランス政府の「芸術文化勲章シュヴァリエ」

  14. ニューヨーク発 〓 メトロポリタン歌劇場がオーケストラとの労働協定で合意、開幕公演までに合意を記念する特別コンサートも

  15. ストックホルム発 〓 ロイヤル・ストックホルム・フィルの次期首席指揮者にライアン・バンクロフト

  1. この記事へのコメントはありません。