ローマ発 〓 イタリア政府、非常事態宣言を4月末まで延長

2021/01/15

イタリア政府が13日、非常事態宣言の延長を発表した。当初の予定では、非常事態宣言は1月末までの予定だったが、新型コロナウイルスの感染が猛威を振るい続けているため4月末まで延長される。イタリア保健省によると、13日の1日あたりの新規感染者は約1万5800人。

これを受けた新しい規則が16日から発効した。新しい規制では全土を4つのゾーンに分け、感染者の多いレッドゾーン・エリアにはハード・ロックダウンを導入。通勤以外の外出が原則的に禁止される上、飲食店や映画館、劇場はすべて閉鎖される。このエリアに指定された都市の劇場は4月末まで閉鎖が続くことになる。

ただ、イタリアでは連立政権内で、経済の立て直しに向けた予算案をめぐって対立が勃発。13日になってレンツィ元首相率いる「イタリア・ビバ」の所属議員2人が閣僚を辞任、連立政権からの事実上の離脱を表明した。コンテ政権は議会上院での過半数を失うため、政局の先行きの不透明感が増している。

写真:Giuseppe Conte


関連記事

  1. 訃報 〓 ラドミル・エリシュカ, チェコの指揮者

  2. アテネ発 〓 ギリシャ国立オペラもストリーミング配信を開始

  3. 京都発 〓 指揮者の広上淳一が京都コンサートホールの館長に

  4. フィレンツェ発 〓 新型コロナウイルスの感染拡大めぐり、チョン・ミョンフンも降板

  5. ボルティモア発 〓 ボルティモア響の芸術顧問に指揮者のジェームズ・コンロン

  6. ドレスデン発 〓 フラウエン教会の「アドヴェント・コンサート」は無観客で

  7. ロンドン発 〓 演出家のグレアム・ヴィック、指揮者のジェーン・グラヴァーに「サー」と「デイム」の称号

  8. ロンドン発 〓 名門「デッカ」がクラウス・マケラと契約、指揮者との契約は約40年ぶり

  9. バレンシア発 〓 ビオンディがソフィア王妃芸術宮殿の音楽監督を辞任

  10. バーミンガム発 〓 ラトルがバーミンガム市響の100周年コンサートを指揮

  11. ウィーン発 〓 国立歌劇場のマイヤー総裁が「ドミンゴとの契約を履行」

  12. チューリッヒ発 〓 チューリッヒ歌劇場が“週末ストリーミング”を開始

  13. テルアビブ発 〓 若手歌手のための「オペラリア 2020」が中止を発表

  14. モントルー発 〓 ローザンヌ国際バレエ・コンクールの第1位にイタリアのマルコ・マシャーリ

  15. ザールブリュッケン発 〓 指揮者のインキネンがザールブリュッケン・カイザースラウテルン・ドイツ放送フィルとの契約を延長

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。