ウェリントン発 〓 ニュージーランド響の次期首席指揮者にジェンマ・ニュー

2022/02/28

ウェリントンを本拠地とするニュージーランド交響楽団(New Zealand Symphony Orchestra)がジェマ・ニュー(Gemma New)を次期首席指揮者に迎えると発表した。ハーミシュ・マッキーチの後任で、任期は2022/2023シーズンから3年。女性の指揮者を首席指揮者に迎えるのはオーケストラ初。

ニューはニュージーランドの首都ウェリントン生まれの35歳。母国のカンタベリー大学卒業後、米国のボルティモアのピーボディ音楽院で指揮法を学んだ。2015/2016シーズンからカナダのハミルトン・フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督、2019/2020シーズンからダラス交響楽団の首席客演指揮者を務めている。

写真:Dallas Symphony Orchestra


    もっと詳しく ▷


関連記事

  1. ロンドン発 〓 ユロフスキ指揮の《ニーベルングの指環》通し上演を断念、ロンドン・フィル

  2. パリ発 〓 ゼネスト、パリ国立オペラを直撃

  3. ベルリン発 〓 ベルリン放送響の首席客演指揮者にカリーナ・カネラキス

  4. 訃報 〓 ウィリー・バーマン, 米国のダンス教師

  5. ニコシア発 〓 ギュンター・ノイホルトがキプロス響の芸術監督に

  6. モントリオール発 〓 モントリオール響の次期音楽監督にラファエル・パヤーレ

  7. マイアミ発 〓 マイアミ響が音楽監督のエドゥアルド・マルトゥレとの契約を延長

  8. ミラノ発 〓 スペランツァ・スカップッチのスカラ座デビューが代役起用で前倒しに

  9. マプト発 〓 女性オーボエ奏者がモザンビークの文化観光大臣に

  10. 香港発 〓 ホンコン・アート・フェスティバルが中止を発表

  11. 香港発 〓 香港フィルの常任指揮者にマカオ出身の指揮者リオ・クオクマン

  12. セビリア発 〓 セビリア王立交響楽団の次期芸術監督にマルク・スーストロ

  13. デモイン発 〓 大ベテラン、サイモン・エステスがオペラからの引退を発表

  14. ロンドン発 〓 ロイヤル・オペラが5月17日に《皇帝ティートの慈悲》の公演で再開場、公演のストリーミング配信も

  15. 東京発 〓 新日本フィルが2020/2021シーズンのラインナップを発表

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。