高雄発 〓 台湾最大の総合芸術センターがオープン

2018/10/17

人口270万を有する台湾第2の都市・高雄にこのほど、台湾最大の複合芸術センター「衛武営国家芸術文化中心=National Kaohsiung Center for the Arts」がこのほどオープンした。13日には蔡英文(Tsai Ingwen)総統が臨席するオープニング・コンサートが行われ、簡文彬(Chien WenPin)が国家交響楽団と高雄交響楽団などを指揮して、台湾の作曲家による作品を演奏した。簡はライン・ドイツ・オペラの指揮者などを長く務め、2006年に台湾で初めてワーグナー《ニーベルングの指環》全曲演奏を行っている台湾楽壇のリーダーの一人で、新しいセンターの初代芸術監督に就任した。11月にはグスターボ・ドゥダメル率いるベルリン・フィルハーモニー管弦楽団が客演して、バーンスタイン、マーラーの作品を取り上げる予定。

新しいセンターは、陸軍基地「衛武営」跡地14万1千平方メートルに造成された巨大公園の中に建設されたもの。総工費は3億ユーロ。設計はオランダのフランシーン・ホーベン(Francine Houben)女史で、センター全体を「ガジュマルの樹」のイメージでまとめたという。また、高雄が造船業で栄えた街だったことに因み、建物の壁面には造船技術で2300枚の鉄板を貼り合わせる手法が採用された。建物内には、2248席の「歌劇院=オペラハウス」、2012席の「音楽庁=コンサートホール」、1212席の「戯劇院=プレイハウス」。434席の「表演院=リサイタルホール」の4つのホールが設けられた。「音楽庁」には9085本のパイプを持つアジア最大のパイプ・オルガンが設置された。100年を超える歴史を持つドイツの「ヨハネス・クライス=Johannes Klais Orgelbau」社に特注したという。




写真&映像:National Kaohsiung Center for the Arts


    もっと詳しく ▷

関連記事

  1. トリノ発 〓 テアトロ・レッジョが2018/2019シーズンのラインナップを発表

  2. ベルリン発 〓 ドイツのオペラ雑誌「オペルンヴェルト」が「オブ・ザ・イヤー」を発表

  3. リガ発 〓 「オペラ・ヴィジョン」がラトビア国立歌劇場の《さまよえるオランダ人》を配信

  4. ウィーン発 〓 ウィーン・フィルが2019年の「ニューイヤー・コンサート」のプログラムを発表

  5. ベルリン発 〓 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団がオリジナルのフルトヴェングラー全集を発売

  6. 訃報 〓 エル・システマの創設者、ホセ・アントニオ・アブレウが死去

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。